霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

出雲路の旅と鉢伏山

インフォメーション
題名:出雲路の旅と鉢伏山 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:750 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195402c7211
 愛善苑の組織化かすすみ、その態勢がしだいに整備されていくなかで、一九四六(昭和二一)年には、山陰と紀州へ出口聖師夫妻の巡教の旅がおこなわれた。夫妻は五月八日綾部を出発し、松江につき、もとの島根別院に入った。ここを松楽苑と命名し、聖師夫妻をむかえるために新築された居館が新静館と命名された。このとき聖師によって、〝別院は見るかげもなく壊たれて後に残るは諸木のみなる〟〝上段の十二本松伸びたちて十年昔をしのばれにけり〟、またすみ子夫人によって、〝かへりみれば十一年の夢ぞかし花咲く春にあひにけるかな〟〝かへりみれば昔が夢か今夢か夢のなかなる夢の世のなか〟との感懐の歌がよまれているが、第二次大本事件でとらわれの身となったゆかりの地を、一一年ぶりにおとずれられたのである。一二日には聖師夫妻臨席のもとに松静館で祭典がおこなわれ、一五日まで滞在したが、その間新聞記者がつめかけ、また連日信徒が面会をもとめた。その数は二〇〇〇人をこえ、その六〇%が二〇才台の青年子女であった。聖師はつぎつぎと色紙・短冊に染筆して面会者に手渡し、随行の出口伊佐男委員長は講話や座談をうけもって、毎日多忙をきわぬた。
 夫妻は一六日松江を出発し、もと別院のあった地恩郷の吾郷勝哉宅に二泊した。その間聖師は信徒の面会のほか、絵絹に綾部大観・富嶽の図などがえがかれ、扁額や衝立にも雄渾な筆がふるわれた。一八日には地恩郷を出発して、一行は出雲大社に参拝し、松江の松楽苑に帰着した。
 五月一九日一行は松江を出発し、自動車で米子の藤田武寿宅についたが、さっそく各新聞の記者がたずねてきた。二〇日夫妻は米子城址にのぼり、市の公会堂にたちよって信徒約六〇〇人に面会した。滞在中聖師によって襖四枚に出雲路の風景のほか色紙・短冊に多数染筆された。二一日夫妻は米子を出発し、城崎のはしもとや旅館(安田悦彦宅)で休養した。
 翌二二日、聖師夫妻は城崎をたち、自動車で八鹿から福岡までゆき、そこから山かごで大笹の西谷進宅につき、隣家の田淵省吾宅の庭にある巨岩・竜宮岩(八座岩)のうえに建てられた竜神の神祠にもうでた。五月二三日には、聖師夫妻と竹田からおもむいた出口直日夫人をはじめ、数十人の信徒が随行して鉢伏山にのぼり、奇岩・怪岩たちならぶ山頂で礼拝して下山した。これより鉢伏山は「陸の竜宮」の奥の院として、大本の霊場の一つにくわえられることになった。この日西谷家の襖四枚に鉢伏山全景、大幅二枚が染筆された。二四日、夫妻は大笹を出発、但馬竹田のもと別院で二泊し、二六日綾部にかえった。
〔写真〕
○廃墟のなかから新しい国づくりがはじまった 昭和21年10月制定の文部省教科書 p750
○新発足して2ヵ月後には聖師夫妻の巡教がはじめられた 松江 松楽苑 p751
○鉢伏山 標高1231メートル 山開きを記念して現地参拝がおこなわれている 兵庫県美方郡 p752
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
3/15オニペディア出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました!
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→