霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

道統の継承

インフォメーション
題名:道統の継承 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:951 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195402c8111
 一九五二(昭和二七)年の二月、節分大祭をむかえるにあたって、教団の規則が改正された。そして苑主補には、ふたたび出口直日の就任をみた。二代苑主出口すみ子は静養中であったために、節分大祭をはじめとして、神務・諸祭事の先達など、苑主としてのつとめはすべて苑主補によって代行された。したがって、道統の継承についても、おのずからなる準備ができあかっていたということができる。
 他方、宗教法人法の実施にともなって、教団の諸規則を根本的に刷新し、純粋に大本本来のありかたを確立するための準備がつづけられていた。その結果四月一日をもって、「大本」と名称をあらため、あたらしい教団規則を実施することになった。そのぎりぎりの三月三一日に二代苑主の昇天があり、大本の代がわりをみたことは、たんなる偶然といいきれないものをひめている。
 大本における道統継承は、はやくから神諭によって定められていたところである(上巻三八九頁)。全信徒に、一点のまよいの生じる余地はない。ここで明治四三年旧四月一八日の神諭をつぎにかかけておこう。
変性男子の後のお世継は、明治二十五年に初発に、出口直の筆先に一度かかしたことは違いはいたさん、何事も出口直の後の二代のご用を勤めさすのは末子のおすみが定めて有るなり、三代の御用いたすのが、出口すみの総領の直霊に渡る経綸に定まりてあるぞよ。この三代の直霊が世の元の水晶の胤であるぞよ。綾部の大本の御世継は、末代肉体が婦女であるぞよ。
 三代教主の就任をみた間もないころのことである。総長出口伊佐男は新教主の方針について指示をあおいだ。そのとき三代教主はただちに、「教えは開祖さま、聖師さまにより至れり尽せりに示されており、教についてわたしから言わねばならぬことは少しもありません。わたしは、ただ示された教えを実践し、二代さまのご遺志を行わせていただくばかりと思っています」と総長に心境がかたられた。一九五二(昭和二七)年四月九日、二代教主の十日祭にさいして、新教主の就任にあたっての詠歌が、総長から発表された。この歌は「神の国」五月号に掲載されて、ひろく信徒に知らされた。
 〝この道を継ぐべく生れ来し吾に神の守りのなかるべしやは〟
 〝吾がいのち(かみ)知り給ふ残されし道一筋にふみゆかむのみ〟
 三代教主の道統継承の決意は「木の花」(昭和28・2)の「むめの花ひらく」のなかにも
私か小さいときから、祖母に聞かされていたこと、父や母から話してもらったことそのままに、世の中が、私の周囲がなってきています。世界の大きな動き、日本のこと、社会の潮流が、お筆先のままに変ってきています。これを神秘といわないで、この世のどこに神秘といえるものが存在しましょう。大本は理屈は下手でも、大きなみ力によって生れてきたもので、そのみ力によって仕組まれ、守られて来たのであります。このみ力によって約束され、定められています故に、わたし自身はつたなくとも、私は偉大なる神の経綸とご守護を信じて、このお道を継がしていただいたのであります(『私の手帖』)。
とのべられている。これらの短歌や文章のなかに、三代教主のたかき信仰とつよい自覚をくみとることができる。
 一九五三(昭和二八)年の四月一七日、みろく大祭のおりに、新築成ったみろく殿で、三代教主就任の祝賀会がもよおされ、大本審議会議長嵯峨保二は全信徒を代表して、「素朴、清楚、優雅な御環境の中の一断面におかれまして、時に世の迫害の嵐を受けられ、苦難な道に立たれたこともありまして、み心を鍛えられましたことを、私達は忘れることができません。かかる御生活の結晶として、いまや先生は一女性として、一人間として、きわめて深く、きわめて高い御教養と強い御信念をお持ちになられたのであります。天性の気高く、美しさに加えて、このような人間的御精励をお積みになられました直日先生を、いま三代教主に仰ぎ得ましたことは、私達大本信徒の大きな誇りであり、深い喜びであります」と祝賀の言葉をのべているが、これは全信徒の気持を素直にあらわしたものであったといってよい。
〔写真〕
○みろく殿が完成し三代教主の時代をむかえた教団は世界の大本へと脱皮してゆく p951
○三代教主出口直日 昭和29年 亀岡天恩郷 葉がくれ居 p953
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
8/6王仁DB王仁DBの「書誌リスト」は廃止しました。オニペディアの「書籍」カテゴリをご利用下さい。
8/2霊界物語音読第28~32巻の朗読をユーチューブにアップしました。
7/20飯塚弘明.com二年前にメルマガに連載した「世界大家族制とベーシックインカム」を加筆訂正してブログに掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→