霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(二)顕幽出入自在

インフォメーション
題名:(二)顕幽出入自在 著者:井上留五郎
ページ:121 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B116500c082
 前述の霊眼だけでも非常に便利でありますが、さらに随時霊界に()って直接見聞することが出来れば、ますますその能率が完全になるわけであります。聖師様の精霊に自動的にこの現象が起こったのは、大正十二年大本春季大祭の前でありました。(高熊山ご修業のときもそうでありましたが、この時は神様より否応(いやおう)なくさせられたのであって、いわゆる他動的であります)その時の状況をかいつまんで申し上げます。
 早朝でありましたが、聖師様危険状態との大本よりの急務に接し、周章(あわて)て駆け付けたところ、聖師様はお床の中で煙草を吹きながら十五、六人の人々とお話をしておらるるので何が何だかサッパリ判らなかったのでありましたが、聖師様より「今霊界へ行って来たところだ。様子が判らぬから皆が心配したとみえる。しかし参考のため一度診察をしておくがよかろう」と種々説明していただいて、始めて顕幽出入(しゅつにゅう)の始まったことが判ったのであります。その後ほとんど毎晩霊界行きがあって、多い晩には二、三度もあったのであります。その際における聖師様の自覚的状態としては、最初身体が非常に軽くなりちょっとした空気の動揺にも空中に浮揚する感じがするので、ご自分でもシッカリと布団をお掴みになり、そしていつも宇知丸様にだけお手を握りしめさせておらるる間に、精霊は霊界へ上らるるのであります。他覚的には先ず脈が次第に緩徐(かんじょ)となり、呼吸もこれと伴い、後には脈拍呼吸共に暫時休止してしまうのであるが、ここに矛盾せることは、お顔色は鮮花色となり何か面白い愉快なものを見ているというご容子(ようす)であって、霊学上の見地からでなくては全く信ぜられざる不思議な溶体であることは、私以外二、三の医師底本では医士。井上留五郎は医師だったも実験しているところであります。当時高熊山参拝後、亀岡において初めてこの現象を見た信者諸氏の如きは、泣くやら叫ぶやら大騒ぎをしたほどでありました。
 初めはかなり長時間で十五分も二十分もかかりましたが、だんだん圧縮され熟達され、その歳の末頃には人と面談中にでも或いは途中でも霊界行きが自由となり、この際よほど注意しておらねば他覚的には判らぬほどになったのであります。
 この顕幽出入について当面最もご便利であり、また私どもとしてお懐かしく感ずるのは、随時開祖様と直接ご面談が出来るようにおなりになったことであります。
 だいたいこの顕幽出入(交通)は、生死の真理、死後の状態を会得し、生命の執着心がなくなれば誰にでも出来得るのであって、この域に到達して初めて神様のため世界人類のためには身命を惜しまぬ(てい)の言行一致が出来るのであると、説示さるるのであります。現に信者ではないが東京後藤某氏の如きも顕幽出入が出来るそうであって、心霊研究家の好材料となっております。また場合によっては肉体も共に行くことが出来ますが、しかし精霊だけで充分でありまして、むしろ人としてはこれが本当であります。かく霊界行きの際その人自身には自分が精霊だけであることには無論気が付かないのであります。
 未だ霊界の存在に気付かぬ人々は、荒唐無稽の憶説として一笑に付し去るでありましょうが、しかし人が失神仮死に陥りた際、種々なところを見聞したという実例は、よくあることでありまして、これはその人の精霊が一時霊界行きをしていたためであって、その真相は霊界物語に詳述してあるところであります。霊界の消息が判れば顕幽出入は不可能でないことが、誰にでも気付かるるのであります。太古の黄金時代にはこれが極めて容易であり、普通事であったと承りております。

   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→