霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 列聖祭祀の御詔勅

インフォメーション
題名:第五章 列聖祭祀の御詔勅 著者:出口王仁三郎
ページ:40 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121801c08
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年8月1日号(第122号) > 皇道大意
   神武天皇郊祀詔
日本紀三 (四年二月)
(みことのり)(わが)皇祖(くわうそ)ノ霊ヤ天ヨリ降鑑(かうかん)底本では鑒(鑑の異体字)シテ(ちん)()光助(かうじょ)(たま)フ。(いま)諸虜(しょりょ)(すで)(たひら)ギテ海内(かいだい)無事ナリ。(もっ)天神(てんしん)郊祀(くわうし)(もちひ)大孝(たいかう)()()キモノナリ。
   推古天皇神祗祭祀詔
日本紀二十二 (十五年二月)
曩者(むかし)ハ、(わが)皇祖天皇(たち)ノ世ヲ(おさ)メ玉ヘルヤ、天ニ(せぐくま)リ地ニ(ぬきあし)シテ、(あつ)神祇(しんぎ)(うやま)ヒ、(あまね)ク山川ヲ(まつ)リ、(はるか)乾坤(けんこん)ニ通ズ。(これ)(もっ)陰陽(いんやう)開キ(やわら)ギテ、造化(ぞうか)(とも)調(ととの)ヒタリ。今 (ちん)ガ世ニ(あた)リテ、神祇(しんぎ)(いは)(まつ)ルコト、()(おこた)ルコト()ラムヤ。()群臣(ぐんしん)(ため)ニ心ヲ(つく)シテ(よろ)シク神祇(しんぎ)(はい)()シ。
   神霊鎮祭詔  明治三年正月
(ちん)(うやうやし)(おもんみ)ルニ、大祖業(たいそげふ)(はじ)ムルヤ、神明(しんめい)崇敬(すうけい)シ、蒼生(そうせい)愛撫(あいぶ)(たま)フ。祭政(さいせい)()由来(ゆらい)スル(ところ)(とほ)(ちん)寡弱(くわじゃく)(もっ)テ、(つと)聖緒(せいちょ)()ケ日夜怵惕(じゅってき)怵は底本では「忄+求」シ、天職ノ(あるひ)()クルアラムヲ(おそ)ル。(すなは)(つつし)ミテ、天神(てんしん)地祇(ちぎ)八神(はっしん)(およ)列皇神霊(れっくわうしんれい)ヲ、神祇官(しんぎくわん)ニ鎮祭セシメ、(もっ)孝敬(かうけい)()ブ。庶幾(こひねがは)クハ億兆ヲシテ、矜式(ひひんしき)スル所アラシメム。
   宇多天皇御行事  寛平元年十月
我国ハ神国ナリ。()リテ毎朝、四方(よも)、大中小、天神(てんしん)地祇(ちぎ)ヲ敬拝ス。敬拝ノ事、今ヨリ始メテ(のち)、一日モ怠ルコト無シ。
   順徳天皇禁中故実
(およ)ソ禁中ノ作法、神事(しんじ)ヲ先トシ、他事ヲ(のち)トス。旦暮(たんぼ)敬神(けいしん)叡慮(えいりょ)懈怠(けたい)ナク白地(あからさま)ニモ、神宮(じんぐう)(ならび)内侍所(ないししょ)御方(おんかた)(もっ)テ、御跡(おんあと)()サザレ。
   万民保全の大詔
我国未曾有(みざう)ノ変革ヲ()サムトシテ (ちん)()(もん)(しゅう)(さき)ンジ、天地神明(しんめい)ニ誓ヒ、(おほい)国是(こくぜ)ヲ定メ、万民保全ノ道ヲ立テムトス。(しゅう)()旨趣(ししゅ)(もとづ)キ協心努力セヨ。
   光格(くわうかく)天皇御製(ぎょせい)
神様の国に生れて神様の道がいやなら外国(とつくに)()
 アア(かしこ)くも歴代の聖皇(せいくわう)は、敬神(けいしん)尊祖(そんそ)の大義を実践躬行(きうかう)し、(もっ)て政治の大本と()(たま)うた。我等天朝(てんてう)臣民(しんみん)たるもの、列皇(れっくわう)の大御心を奉体(ほうたい)し、(もっ)(かみ)天神(てんしん)天祖(てんそ)列皇(れっくわう)を敬拝し、(しも)は祖先の祭祀(さいし)を厚くせずして済みませう()。宗教の如何(いかん)(かかは)らず、(わが)神国(しんこく)神民(しんみん)たるもの、敬神(けいしん)尊皇(そんくわう)の大義を忘れて、(みだ)りに外邦(ぐわいほう)の教のみに心酔する事は、出来ますまいと思ひます。皇道(くわうだう)大本は人為的宗教で無く、皇祖(くわうそ)皇宗(くわうそう)御遺訓(ごゐくん)遵守(じゅんしゅ)し、神皇(しんくわう)の大御心に答へ奉る国教宣布の団体であります。出口開祖の開拓であるから、皇道大本も矢張り人為的宗教と考へられる人士が在ったならば、(それ)は大なる誤解であります。開祖は、国常立尊(くにとこたちのみこと)の直接の神意(しんい)を人間に御伝(おんつた)へになったもので、(わが)国教(こくけう)皇道(くわうだう)の大精神と亳末(がうまつ)矛盾(むじゅん)の点がないからであります。
   明治天皇御製(ぎょせい)
さしのぼる朝日のかげを鏡にて世をくまもなく照らしてし(かな)
すなほにて雄々しきものは敷島の大和ことばのすがたなりけり
くもりなき世を守るらむ大空につらなる星の影さやかにて
(大正九年八月一日号神霊界)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。