霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 弟橘媛

インフォメーション
題名:第1章 弟橘媛 著者:出口王仁三郎
ページ:589 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121802c210
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正7年8月1日号(第67号) > 弟橘媛命
 弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)は、穂積氏忍山宿禰(ほづみしおしやまのすくね)(ぢょ)にして、日本武尊(やまとたけるのみこと)()にましませり。『新撰姓氏録(しんせんせいしろく)に、穂積朝臣(ほずみあそん)石上(いしがみ)同祖(どうそ)、神饒速日命六世孫伊香色雄命之後也』とあり。
 景行(けいかう)天皇(てんわう)の四十年、東夷(あづまえびす)(そむ)きければ、天皇、日本武尊(やまとたけるのみこと)に征討を命じ給ひき。(みこと)(みことのり)を受けて道に伊勢(いせ)神宮(じんぐう)(まう)で、御姨倭姫命(おんをばやまとひめのみこと)より天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)火鑚(ひうち)とを授かり給ひ、尾張(をはり)を経て駿国(すんこく)(ただし)駿河国(するがのくに)(のち)に別れし名にて、(この)当時(たうじ)相武(さうぶ)の内なり、熱田(あつた)大神(だいじん)縁起(えんぎ)頭註(とうちゅう)に、或云、古昔相模駿河本為 一国。後陞 も河郡為 国、故古時焼津阿部等皆属 相模神名式云、駿河国(するがのくに)益津郡(えきつごほり)焼津神社(やきつじんじゃ)()へり』に()り給ひし時、(ぞく)(あざむ)かれて、野火(のび)の難に遇ひ給ひしかど、神剣の徳によりて助かり、(かへ)りて賊どもを(ちう)し給ひき。かくて相模国(さがみのくに)に到り、上総国(かずさのくに)に渡り給はむとす、走水海(はしりみづのうみ)を望みて()り給はく「()(ちいさ)き海なり立ち(はし)りても渡りつべし」と、海中に到りましけるに、暴風(ばうふう)(にはか)に起り御舟(おんふね)(ただよ)ひて(ほとん)(かへ)らむとす。()の時、弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)(みこと)に従ひ給ひけるが(みこと)(まを)し給はく
()海神(わたつかみ)の心なり、願はくは(やっこ)の身を(もっ)皇子(みこ)御命(みいのち)(あがな)ひまつらむ。皇子(みこ)(まけ)のまにまに(まつりごと)を行ひて復命(かへりごとまを)(たま)へ(日本書記)』とて波の上に菅畳八重(すがたたみやへ)皮畳八重(かはたたみやへ)を敷きて、其上(そのうへ)(くだ)りて沈み給ひき、()の沈みまさむとする時、橘媛(たちばなひめ)(うた)ひ給はく『さねさし(記伝(きでん)相模(さがみ)枕詞(まくらことば)とは(きこ)ゆれど、()(いま)(つまびら)かならすと()へり)相模(さがみ)小野(をぬ)に燃ゆる火の、火中(ほなか)に立ちて、問ひし君はも』一首の意は()相模(さがみ)後世(こうせい)駿河(するが))の焼津(やきつ)野火(のび)の時にさへ、()ひ従ひまつりて、相問(あひと)ひ語らひし、()(つま)の君はもにて最後のはもに無限の情こもれり、熱田(あつた)大神(だいじん)縁起(えんぎ)頭註(とうちう)に、『今按此歌恐非 此時所 作と()へり、(あるひ)(しか)かむ』かかるほどに、(かぜ)(おさま)り、(なみ)(やわら)ぎて御船(みふね)(すす)むことを得たり(古事記)やがて上総(かづき)木更津(きさらづ)につき給ふ。此処に着きまして橘媛(たちばなひめ)(かなし)み、久しく其海(そのうみ)を望みて去り給はざりしかば、(のち)(ひと)此処(ここ)を君去らず()しし所と言へるが、地名となれりと言へり(玉ダスキ)
 其の後七日を経て橘媛命(たちばなひめのみこと)()し給ひし御櫛(おんくし)、海辺に流れ寄りしかば、拾ひ取りて其処(そこ)御墓(おはか)を作れりと云ふ(古事記)『記伝(きでん)にいはく、上総(かづさ)の浜か相模(さがみ)の浜か定め(がた)し、()直淵翁(なほぶちをう))の書入(かきいれ)に、今、相模国(さがみのくに)梅沢(うめさわ)のあたりに、吾妻森(あづまもり)と云ふある()れなりとあり、梅沢(うめさわ)は、余綾郡(よあやぐん)なり、大道(おほみち)にて小田原(おだはら)大磯駅(おほいそえき)との間なり、吾妻山(あづまざん)吾妻(あづま)明神(みゃうじん)(やしろ)あり、此社(このしゃ)に伝記ありや尋ねまほしと、熱田(あつた)大神(おほかみ)縁起註(えんぎのちゅう)にいはく、上総国長柄橘神社摂社有 水向社 熱田亦 有 水向社 祠 弟橘媛 と』かくて(みこと)上総国(かづさのくに)より転じて陸奥国(むつのくに)()り、日高見国(ひだかみのくに)原註(げんちう)()(ところ)異説(ゐせつ)ありと()へり、延喜式(えんぎしき)陸奥国(むつのくに)桃生郡(ももふぐん)日高見(ひたかみ)神社(じんじゃ)また、常陸(ひたち)風土記(ふうどき)に、信太郡(しんたごほり)此地(このち)(もと)日高見国(ひだかみのくに)(なり)とあり何処(どこ)(たしか)に知りがたし』にいたり(ことごと)東夷(あづまえびす)を平げ給ひき。かへりて常陸(ひたち)()甲斐(かひ)を越え、また武蔵(むさし)上野(かうづけ)を経て礁日阪(いしひざか)上野国(かうづけのくに)』に至り、弟橘媛(おとたちばなひめ)の事をしのび給ひ、東南の方を望み、あまたたび(なげ)きて『吾妻(わがつま)はや』とのたまひき。(これ)より阪東諸国(はんとうしょこく)吾妻国(あづまのくに)といふなり、さて信濃(しなの)を経て尾張(をはり)()で給ひ、更に近江(あうみ)伊吹山(いぶきやま)悪神(あくしん)を平げむとて()でまししかど、(かへ)りて(その)毒気(どくき)(あた)り、伊勢(いせ)にうつり給ひき。能褒野(のぼの)といふ所にて御病(おんやまひ)(はなはだ)しくなりければ、武彦命(たけひこのみこと)をして天皇に返言(かへりごと)(まを)さしめ御年(おんとし)三十にて遂に(かう)じ給ひぬ。天皇(てんわう)(きこ)しめしてかなしみ給ふこと(かぎり)なかりきとぞ(神皇(じんわう)正統記(せいとうき)(および)熱田(あつた)大神(だいじん)縁起(えんぎ)()る)(おも)ふに日本武尊(やまとたけるのみこと)は、天資天武(てんしてんぶ)にましまして、()父天皇(ちちてんわう)も今朕察汝為人、身体長大、容姿端正、力能枉鼎、猛如雷電、所 向無前、所攻必勝、即知之、形即我子実則神人と(のたま)ひし程なりしかど、当時到る処に荒ぶる(あや)しき神等(かみら)ありて、(みこと)に危害を加へたりしかば九死一生を得給ひし事も(また)屡々(しばしば)なりき。(こと)走水渡(はやすゐのと)(なん)の如きは、いみじき危難なるべし。もし()(とき)橘媛命(たちばなひめのみこと)(おは)さざりしならむには、かの建稲種公の如く悪神(あくしん)の害に遇ひて、相模(さがみ)の海の藻屑(もくず)となり給ひ、東征(とうせい)の業も半途にて終りけむも知るべからず。されば上総(かずさ)より東の征討の功は、(なかば)橘媛命(たちばなひめのみこと)(こう)なりと(いふ)もあながちの強言(きゃうげん)にはあらざるべし『日本武尊(やまとたけるのみこと)甲斐(かひ)より尾張国(をはりのくに)(かへ)りまさむとしける時、建稲種公と(はか)りて、(われ)は山道より()かむ、(こう)は海道より帰れ、尾張(をはり)宮酢姫(みやすひめ)の宅に会ふべしとて、建稲種公を海道に向はしめ給へり。熱田(あつた)大神(だいじん)縁起(えんぎ)にいはく、日本武尊還向尾張到篠城進食之間、稲種公家従久米八腹、策駿馬馳来、啓日、稲種公大 海亡没、日本武尊乍聞悲泣日、現哉現哉、亦問公入海之由、八腹啓日、渡駿河、海中有鳥、鳴声可怜、羽毛綺麗、問 之土俗称覚駕鳥、公謂日、捕此鳥献我君、飛帆追鳥、風波暴起、舟船傾没、公亦入海矣、日本武尊吐喰不甘、悲泣無已』大かた女は常に男の裏にあるものなれば、表立ちたる功は無けれども、疲れたる男の心を慰めて新しき勇気を起さしめ、荒ぶる(いきどほり)(なご)めて(あやまち)()からしめ、事にあたり時に(のぞ)みては、良人(をっと)の為に命を捨ててその功を成さしむ。これ女の特性にて男の及ばぬ所なり。古来すぐれたる人の裏には、かならず賢良(けんりゃう)なる女性の(ひそ)めるにても(あきらか)なるべし。おほよそ物はみな特性あり、(その)特性(とくせい)に従ひてこそいみじき功も立つべけれ、さるを今の世の傾向、女にて男の(わざ)(こころざ)す者多く、内にありて男の功を助くるもの(すくな)ければ、女には女らしき功無く、男には男らしき(せき)も無きなり、(なげ)かはしからずや。
(大正七、八、一号神霊界誌)

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
11/25霊界物語音読第33~38巻をアップしました。
8/31飯塚弘明.comブログ更新「三鏡解説268 犠牲
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「おに」を入力して下さい→