霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 愛児の為めに

インフォメーション
題名:第五章 愛児のために 著者:出口王仁三郎
ページ:627 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121802c214
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『昭和』昭和7年3月15日
問『胎教を世の中では(ようや)くやかましく口にし出しましたが、実際必要なものでせうか』
王仁『必要やとも、妊娠したらすぐ妊婦の室は綺麗にして、綺麗な絵を掛けて置くと綺麗な児が出来る。鬼とか、おかしな絵をその室に貼っておくと、そんな様な児が出来る。妊娠中に妊婦が火事を見ると本当にアザが出来る。だから、妊娠中には火事を見るなと云ふのや。酒を呑むと酒呑みの児が出来るし、果実ばかり食ベると果物好きな子が出来るし、また、猿みた様な細長い顔の子が出来るものや。そして米をやつと食べておくと、丸々とした肥た子が出来る』
問『私は聖師様の書かれた観音様をいつも見てゐました』
王仁『観音さまばかり見てゐると、観音さまみた様な顔になる。何しろ、妊娠の時位感じの強くなる時はない、胎教は一番肝心である。聖人の教等を聞かすのはよい。悲哀な事を聞くとそんな子が出来る』
問『では、妊婦は物語(出口聖師著霊界物語)等を沢山拝読するといいですネ』
王仁『それはいいとも。こんな話がある。或大銀行家に四五人の子があつた。どの子も皆おだやかだつたが、どうした事か二人目の子は出来が悪くて他人をだましたりする癖があつて仕様がなかつたが、ある時、その人が白状(はくじょう)したのに、ちようどその児が宿つてゐたとき、銀行の金を都合して相場をやつた。ところが、銀行がつぶれかかるほど敗けたので、つぶれたら自分の責任ゆえ……と、相場をやつてやつてやり通して、ようやく元に戻して事なきを得たが、その心持ちが妊婦に響いてそんな結果になつた──と云つてゐた位や』
問『人相学等で云ふと、その児の人相は一生を支配すると云ひますが』
王仁『それはさうや。生れた時の顔は一生を支配するものや』
問『妊娠中に兎を殺すと三口の児が出来ると云ひますが?』
王仁『それは感じ易い胎児やつたら……。よく他人に似てゐると云つて問題を起す人があるが、妙な関係がなくても、一生懸命に妊婦がその人(思つてゐる人)の事を思つてゐるとその人の顔に似るものや、だから心持ちは大切なのや』
問『妊娠中特に気を付けねばならぬ事がありますか』
王仁『それはある。乗物は一体によくない。出来るだけ乗らぬ方がいい。しかし妊娠中に働くと云ふ事は大変にいい。腹帯をしめて十分働くが良い。今の医者は働かせぬ様にするけれども、腹帯をグツとしめて働いておくと、産が楽で、子も丈夫なのが出来る。働けるだけ働かないかぬ』
問『妊婦が転ぶと流産したりすると云ひますが?』
王仁『それはある』
問『ああ云ふ時には霊魂がどうなるのですか、三ケ月以上やつたら祭るべきだとか聞いてゐましたが』
王仁『矢張り霊界へ魂は行くのや、霊界で養はれて大きくなるのや。十ケ月にならないでも身体が出来て居つたら良いが、十分出来て居らぬ時には、霊もまた完成してゐない。身体が完成すると一緒に霊身も完成するのやから』
問『(えな)仕末(しまつ)で特に心掛けねばならぬ事は?』
王仁『馬や牛などは食つて仕舞ふが、人間のは、やはり埋めねばいかぬね。その辺に、ほかしたりなどして汚い事をしてはいかぬ。土に深く埋めておくべきや。特にお日様のささぬ土地に埋めたらいい』
問『産後はヒが穢れるから神様等に御遠慮すべきだと聞きましたが?』
王仁『それは産婦が穢れると云ふ事を云ふなア。二、三日はヒがあらいと云ふから、心得なければならぬ。だから、宮詣りも三十日過ぎてからにするのだが、御礼とかお給仕等はその日からでもいい。しかし習慣では三十日間は詣らぬとしてあるが、神様から生れさして貰うたのだから、浄めてその日から御礼してもいいのや』
問『難産したら一週間は御礼はしてはならぬと耳にしましたが?』
王仁『本人は行こうと思つたつて、行かれぬやないか。他の者はいいのや』
問『犬張子や、でんでん太鼓を小児に贈るのは?』
王仁『昔からデンデン太鼓に笙の笛と云ふ歌があるやらう。昔、千葉辺りの大名の下に、石の権六と云ふ忠義な家来があつた。或る時殿様の子供を毒殺しようとした悪い家来があつたので、権六は若様を背中に負ぶつて他処(よそ)へお隠ししようとして、御殿を出たが若様が背中で泣くものだから
  ネンネンヨーヨーお子守ヨー
  坊やのお守は何処へ()
  あの山越えて里へ行た
  里のおみやに何もろた
  デンデン太鼓に笙の笛
と唄つて子供をあやして、ようやく虎口をのがれたと云ふ話や。そして、助かつてお殿様の後が継げて誠に仕合(しあは)せが良かつた。そんな事からゲンがよいと云うて贈るのやろ』
問『神代時代から産婆役はあつたのですか』
王仁『そんな事はない。一人でやつたものや。木花咲耶姫様でも一人で生んで居られる。火の中で、火の燃えかけと、最中と最後とに一人づつ、三人も生みなさつたのや』
問『塩釜さまはお産の神様ですか』
王仁『お産の神様やない。斎神(さいじん)、伊邪那美尊さまは難産しられた。自分が難産された。だが産と云ふものは難儀なものやから守つてやらう、自分が難儀したから救けてやらうと云ふのではなく、御願ひする方で「貴女もお産がつらかつたやらうさかい、私にもどうぞ同情して下さい」と同情心に頼むのや。同情してくれるやらうと思つて頼むのや。神様は産を守らうとも何んとも云うて居られない。こつちからお産の神様にして仕舞(しま)つたのや。天神さまでも、悪事災難を逃してやらうとは仰有(おつしや)つてはゐないのに、自分が無実の災難を受けたから同情してくださるやらうと思つてお願ひする……同病相憐れむというてな……』
問『七五三の宮詣などは?』
王仁『そんな事は大本ではせぬ。毎日神様を拝んでゐるからな』
問『妊娠前の避妊はいいのですか』
王仁『制限と云ふ事は悪い事や。何、妊娠前のか、出来ぬ様にする事か、いろいろの方法で避妊すると云ふのか。それは何とも云へぬな。明言する事は出来ぬな。立派な児はなんぼでも産んでくれたら社会のためになるから良いが──極道息子は困るなハ丶丶丶』
問『子供の教育は放任主義がいいのですか』
王仁『全くかまはぬ方が一番いい。好きな様にやらした方が良い。植木鉢の木よりも谷間の木の方が何程役に立つか判らぬからのう。ひねくれてしまつたら何にもならぬ。そんな事は教育ではない。子供の教育は学校と家庭ですべきで、学校の教育は厳しいから、家庭は本当に自由な天国にしておいてやらねばいけない。でないと親の前では行儀が良くても、人の居らぬ処で悪い事をやる。子供はひがませない様にせないかぬ。やんちやをようせぬ様な子供は、学校の成績は良くても人に使はれる様な者にしかならぬ。大金持などで学問のある人はない。昔から学者の取つた天下なしと云ふ事がある』
問『聖師さまの餓鬼大将振りは大変でしたでせうネ?』
王仁『いや、まだまだ偉い奴は居つたが、早く成熟過ぎて仕舞(しま)つたから……』問『早教育の可否は』
王仁『智慧は遅れてゐるのが本当で、早く出るのは表面の智慧で、小さい時に智慧が発達してゐると云つて喜ぶのはいかぬ。だから早教育はいけない。つめ込み主義はいけない。今は課目が多過ぎていかぬな。すべて天才教育でなければだめだ。一つか二つ好きなものをやらせる。書でも絵でも、歴史でも、文学でも何でも、その子の好きなものを、それだけやらせれば、一人前の者になるけれども、今の教育はそれをやらぬ。間口だけ広くして奥行が少しもない。今の学者は何も知らない。だから何にもならぬ。何も含まれてゐるのだから、一つか二つやつたらそれでよいのや。一つ道をズツと行きさへすれば、それに関連して他の事は覚えるものや。どんな学問でもすべて附随してゐるものや』
問『三月と五月の節句はすべきものですか』
王仁『それはしてやつた方がよい。三月三日は瑞と瑞で天照大神様の御子五男三女の三を取つて女の節句に、五月五日は五男にちなんで五の日にする。三は女に関係がある。女は水、男は厳で火や、それにこれは習慣になつてゐるし、しなければならぬと云ふ事はないが、子供の内は、華やかに育てる方がよいから、やつた方がよからう』
問『鯉幟(こいのぼ)り、つまり吹流し等は?』
王仁『鯉は勢がよく、瀧登りをするから、出世する様にと思つて立てるのや。また、菖蒲をかざるものやが、あれは尚武、つまり武を尚ぶ事で、五月五日には神宮皇后が朝鮮征伐をしなさつた時で、菖蒲を屋根に差すのは、菖蒲と云ふものは(つるぎ)の形になつてゐる、両刃の形になつてゐるので、刀を差した形で日本の武を示してゐるのや』
問『柏餅等には何か因縁(いわれ)があるのですか』
王仁『あれは別に何でもない。昔はお皿の代りに、何でも、柏の葉を使つたものやから出来たのやろ』
問『はしかの手当は』
王仁『ハシカは命定め、ほうそうは器量定めといつて大事にせぬといかぬ。別に療法もない。水位は少しづつ呑ませてもいいが、冷したりしてはいけない。ほつとくより仕方がない、ほうそうも一度するともうせんが、ハシカも一度したら再びかかるものではない』
問『百日咳のお薬はありませぬか』
王仁『あれも仕方ないな。桐の花の陰干を煎じて呑ませればちよつとは止まるが、また、一週間程すると出て来るが、また飲まし、また飲ましすると、(しま)ひには治つてしまふ。しかし、一週間も続けて飲ましたら治るけれども』
問『ジフテリヤは』
王仁『あれも桐の花の陰干を飲ませるといい』
問『疫痢(えきり)などは?』
王仁『あれは何も食べささずに腹を干す事だ』
問『虫が起きたといつて壁とか炭とかを食べる子供がありますが、何か霊の関係なんですか』
王仁『あれは身体の具合だ。身体に何か欠陥があるのやね。壁に含んでゐるところの或る分子が足らぬと、壁を食ふし、甘味が足らぬと、甘いものを()りたがるし、塩味の折は辛い物を食べたがる。何か足らぬものがあると、それを摂りたがるのだ。だから食べたがる時は食はしたらいい。そんな時にはキツトそれが不足してゐるのだから、どんな物でも食ふだけ食べれば治つて仕舞(しま)ふものや。小供ばかりやない、五六十になつても木炭などを食べる人もある。何でも食ふだけ食つたら身体が整ふ。整つたら直るから、たとへおくどさまの焼壁を食つたからつて心配する事はない』
問『持て余す程泣く児がありますが、祖霊様でも?』
王仁『それは、一寸(ちよつと)霊が感じてゐるのやね。つまり間接外流やな』
問『胎毒等は?』
王仁『胎毒は親の毒で、親が不行迹(ぎようせき)したからで、出るだけ出して仕舞ふより仕方はない。親に梅毒の気があつたり、妊娠中に変な物を食ふといかぬ。余り油つこい物を食ふと、髪の薄い児が出来たりするものや』
問『子供の引きつけの時は?』
王仁『あれは神経系統を犯されてゐるのや。余りビツクリさせたりすると、そんなになるものだ、それから妊娠中に高い処から飛び降りたりしても、引つける様な児が出来る。また生れてから、高い処から落したりしてもそんなになる。恐怖の虫といふものが出て来るのや。よく医者は潅腸(かんちよう)すると直ると云ふが、原因は子供の時から、つまり初めからあるのや』
問『名前を付けるに特に忌む字などありますか』
王仁『別に忌む名などはないが、悪とか鬼とか邪とか云ふ者は付けぬ様に、それに熊とか虎とか獣の名もさけたがいい。人間やものなア。それから一郎二郎三郎等は、あれは、一男二男三男と云ふ事で名ではない。何一郎とか何三郎としたらよいが。花とか云ふ字は散るからいかぬと云ふが、それは自分の感じから来る事で、感じの良い名を選んだらいい』
問『妊婦が乗物に乗つていい時は何時頃がいいでせう?』
王仁『五月(いつつき)立つと腹の中で人の形になるから──。汽車などは十ケ月間は余り乗らぬがいい。仕事は何程やつてもよいが、乗物は余り乗ると安産してもどこか弱い子供が出来る』
問『生れた時小さかつたと云つて心配する人がありますが?』
王仁『五月帯(いはたおび)をシツカリ締て仕事をしてゐた妊婦から生れた子は皆小さい。俺は生れた時は掌に乗る位やつたさうだ。母がさうしてゐたからや。十五になつても小さかつたものや、穴太神社のあの小さな燈篭に乗って遊んだ位やからな。十六七になつてようやく身体が伸びて来たが、検査の時には未だ五尺○寸O分しかなかつた。二十五歳位の時、医者の検査や、監守の検査を受けに行つた時には五尺三寸になつてゐた』
問『人間は若く見られた方がいいのですか』
王仁『さうやとも、わしはすべて後れてゐた。十年は後れてゐた。今ちようど五十二歳(現在六十二歳)くらいのものや、いつも十年は若く見られて来たものや。男は年齢を取つて見られるといいと云ふが、それはウソでそれは昔の事や、元気なものは若く見られるものや。若く見られる方がいい』
問『最後に、子供に対する性教脊が非常にやかましく論議されてゐますが、どうした方法が一番よいでせうか』
王仁『俺は何でもあけはなしやつたな』
問『つまり「赤ちやんはどこから生れたの」と子供に問はれた場合、または、「どうして出来るの」と云はれた場合、多くの親は全くまよつてしまふ様ですが、そんな場合は?』
王仁『よくおへそがわれて生れると親は教ヘるらしいが、昔、こんな話があつた。ある娘が、やはりそんなに教へられてゐて嫁に行つた。すると子が出来て、お腹が大きくなつて来たので、さてはお腹がさけるとばかりに非常な恐怖心が起きて、池にはまつて死んだハ丶丶丶。今はまさかそんな人間はないがのう』
問『では、正直に教へた方がいいですなア』
王仁『しかし、習慣でそんな事は云はれもせず、すべて虚偽の世の中だからそんな事を書く事も云ふ事も出来はせぬがな。俺等(わしら)決してそんな事かくしたりせなかつたな。よく子供が、「お父さん阿呆やな。かなはぬ」云うて逃げてゆく位やハ丶丶丶』
(昭和七、三、一五、昭和誌)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら