霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

魂を悔い改めよ

インフォメーション
題名:[6-2-18] 魂を悔い改めよ 著者:出口王仁三郎
ページ:377 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-25 02:06:05 OBC :B195303c634
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『人類愛善新聞』昭和10年9月3日(原題「肉は殺しても魂魄は滅ぼせぬ」)
 不安なる内外の世相に当面して、余はひろく人々に告げておきたいことがある。それは人の肉体は滅ぼすことはできるが、その魂をも殺すことはできないということである。もちろんこれはだれでも口にする、すこぶる平凡なことであるが、ほんとうにその意義を理解し、正しくその精神にもとづいて行動する人が、いまの世にはまことにすくないようである。
 たとえば、国家社会の実状を憂うる者が、世を荼毒(とどく)すると信ずる元凶を殺害するとしても、またその反対に、真に祖国のために奮闘する士が、氏衆の誤解のために、あるいは時の勢力によってことごとく斬伐されるとしても、その魂は間もなく新たなる人々に憑依して、前以上の力を発揮するものである、ということに気がつかねばならない。それは七生報国の忠臣の魂が生きとおしであると同様に、逆臣の魂といえども、人間の力でこれを殺滅することはできないものである。
 ゆえに皇道運動はあくまで思想の善導であり、魂を悔い改めしめる運動であらねばならない。かつて水戸公が、孝の道を知らない罪人に孝道を教うること三年、道を悟らしめて、しかるのちに刑を行なったというが、まことに立派なことである。ゆえに共産主義者を手あたりしだいに獄に投じ、また重刑に処したとしても、それによってその思想を永遠にほうむりさることは絶対にできないものである。刑罰をもって社会善導の第一義とするのは、まちがった考えである。
 現在の経済組織にもいくたの矛盾があるであろう。政治機構にもすくなからぬ誤謬があるであろう。だがそれらの指導的立場にある人物を殺害することによって、あやまれる経済組織、政治機構を変改することができると思うのは、たいへんなまちがいである。
 ながい間わが国は、日本固有の大精神を忘却した欧米流の教育がほどこされてきた。ゆえにかかる指導精神にはぐくまれて、その経済組織、政治機構の下に自已の名をあげ栄えをえようと焦慮している、いわゆる思想的予備軍が国内に充満しているのである。もし今日のわが国の各般にわたる組織機構の欠陥を是正しようとするのならば、そのよってたつ思想の本源を糺弾して、正道に向かわしめなくてはだめであって、一部の革命思想家の考えているような一人一殺主義は、かえって新進気鋭の後備軍を前線にぞくぞくと誘導して、味方を不利におちいらしむるにすぎないものであることに気づかねばならないのである。
 それから今一つ注意すべきことは、たとえ巷間の流説を妄信して凶暴をあえてした者にたいしても、当局は水戸公の精神をもってこれにあたるべきものであって、本人の魂を言向け和すことをなさず、いささかでも政略を混じてこれを処断することがあつてはならないものである。祖国の非常時局に際して、いわゆる急進派といわるる人たちも、また穏健派と唱うる人々も、共に国を思う赤誠にかわりがないのならば、よくよくこの点に留息して、霊主体従の大精神に基脚して皇道維新に邁進すべきものであることを、余は強調するのである。
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→