霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

人に審判の権利はない

インフォメーション
題名:[6-2-20] 人に審判の権利はない 著者:出口王仁三郎
ページ:381 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195303c636
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『瑞祥新聞』大正14年5月号
 智慧暗く、力弱き人間は、どうしても偉大なる神の救いを求めねば、とうてい自力もつて、わが身の犯せる身魂の罪をつぐなうことは不可能である。ゆえに人はただ神を信じ、神にしたがい、なるべく善を行ない悪をしりぞけ、もって天地経綸の司宰者たるべき本分をつくさねばならぬのである。西哲の言にいう、「神はみずから助くるものを助く」と。しかり、されどそは絶対のものにあらず。人間たるもの、とうてい永遠に身魂の幸福を生みだすことは不可能である。人は一つの善事をなさんとすれば、かならずやそれに倍するの悪事を、しらずしらずなしつつあるものである。ゆえに人生には、絶対的の善もなければ、また絶対的の悪もない。善中悪あり、悪中善あり、水中火あり、火中水あり、陰中陽あり、陽中陰あり、陰陽善悪相混じ美醜明暗相交じって、宇宙のいつさいは完成するものである。ゆえにある一派の宗教の唱うるごとき、善悪の真の区別は、人間はおろか、神といえども、これを正確に判別したまうことはできないのである。
 いかんとなれば、神は万物を造りたまうに際し、霊力体の三大元をもってこれを創造したまう。霊とは善にして体とは悪なり。しかして霊体より発生する力はこれ善悪混交なり。これを宇宙の力といい、または神力と称し、神の威徳という。ゆえに善悪不二にして、美醜一如たるは宇宙の真相である。重くにごれるものは地となり、軽く清きものは天となる。しかるに大空のみにては、いっさいの万物発育するの場所なく、また大地のみにては、清新の空気を吸収することあたわず、天地合体、陰陽相和して、宇宙いっさいは永遠に保持さるるのである。また善悪は時、所、位によりて、善も悪となり、悪もまた善となることがある。じつに善悪の標準は、複雑にして、容易に人心小智の判別すべきかぎりではない。ゆえに善悪の審判は、宇宙の大元霊たる大神のみ、その権限を有したまい、吾人はすべての善悪を審判するの資格は絶対になきものである。
 みだりに人を審判(さば)くは、大神の職権を侵すものにして、僭越のかぎりといわねばならぬ。ただただ人はわが身の悪を改め、善に遷ることのみを考え、けっして他人の裁きをなすベき資格はなきものなることを考えねばならぬのである。われを愛するもの、かならずしも善人にあらず、われを苦しむるもの、かならずしも悪人ならずとせば、ただただ吾人は、善悪愛憎のほかに超然として、惟神の道を遵奉するよりほかはないのである。
(「瑞祥新聞」大正14年5月)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
3/15オニペディア出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました!
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→