霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

改称の理由

インフォメーション
題名:改称の理由 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:339 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c2131
 直霊軍の軍規が公表されて、いよいよ本格的宣教体制をととのえた大本は、翌一九一六(大正五)年になると、皇道大本と改称した。綾部在住の大本役員・信者は、当時出口家関係の一一人をはじめとして総計八九人にのぼっていたが、これらの人々は大本所有の家屋一三ヵ所に分宿し、食事は三食とも大本の食堂に集まって食事をすることになった。いわゆる「大本家族制度」の実施がそれである。それは一九一六(大正五)年の二月六日のことである。ただし、これ以外の人々、たとえば自宅や借家に住んでいた七世帯の人々などは、起居をともにはしなかった。
 しかし、それよりも注目をひくのは、直霊軍の活発な勤きである。
 二月九日には、直霊軍の別動隊として白虎隊(少年)・娘子軍(少女)・幼年軍(幼年)を組織することとなり、同月の二〇日には、直霊軍京都分営で白虎隊の旗上式がおこなわれ、指揮三代直日(一三才)・棟梁吉田一が任命された。直日は前年の四月二五日から約一ヵ月、剣道(柳生流)修業のために名古屋の朝倉尚綗(あさくらひさかげ)宅に滞在し、さらに同年の一一月からは、京都の梅田信之宅から熱心に武徳殿にかよって、剣道にいそしんでいた。直霊軍では、年少の直日みずからが街頭宣伝にも立ち、白虎隊指揮者としても活発にはたらいて、その雄々しい姿が役員・信者をはげました。
 一九一六(大正五)年四月五日、王仁三郎は二〇余人をともない、橿原神宮および大和三山の畝傍の社に参拝した。四月一一日には、根本学社から「このみち」が創刊されたが、その後「敷島新報」と「このみち」が合併し、「敷島新報・このみち」となった。
 四月二二日には、これまでの「大本教」という名称を「皇道大本」と改称した。「皇道大本」と改称された理由とするところは、つぎの点にある。皇道と神道との間には大きな相違がある。「本教は全然皇道宣布を目的として生れ」たものであり、「皇道の中には政治も教育も実業も宗教も一切包含して」いる。その普及の機関が直霊軍であり、研究の道場が根本学社である。「今後は一意専心に皇国言霊学と皇道の大本を宣布する」(「このみち」2号)とするところにある。このころから、のちに具体化してくる「大正維新」論の前提となる教説が発表されるようになる。そのなかには、いわゆる宗教的な範疇をこえて、政治・教育・実業などに言及する論稿がおおく、おかげ信心的なものは、機関誌のうえから一時影をひそめてゆく。
〔写真〕
○皇道大本の印 p339
○白虎隊・娘子軍 p340
○三代直日 左は谷前貞義 p341

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
8/31飯塚弘明.comブログ更新「三鏡解説268 犠牲
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「おに」を入力して下さい→