霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

世継ぎ

インフォメーション
題名:世継ぎ 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:389 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c2231
 一九一〇(明治四三)年の旧四月一五日・同月一八日・旧八月七日・旧九月一〇日・同月二八日の各日にかかれた筆先は、一つの箱のなかに秘められていた。これは側近に不仕していた四方与平にわたされていたが、開祖は昇天の日まで、その拝読を許さなかった。四方はそのあいだ鍵をかけて大切に保管していだが、開祖の昇天によって、開祖の「つぎの教主にわたせよ」との遺言にしたがって、それを教主王仁三郎に手わたした。教主は、これを「神霊界」大正七年一二月一号および一二月一五日号に発表したが、そのなかには、大本の世継ぎについて、つぎのように示されていた。「変性男子の後の御世継は、明治二五年に初発に、山口直の筆先に一度かかしたことは違いはいたさん、何事も出口直の後の二代の御用を勤めさすのは末子のおすみが定めて有るなり、三代の御用いたすのが、出口すみの総領の直霊に渡る経綸に定まりであるぞよ。この三代の直霊が世の元の水晶の胤であるぞよ。綾部の大本の御世継は末代肉体が婦女であるぞよ」(明治43・旧4・18)とあるのがそれである。そしてそれには、この経綸はいつになってもかえることのできない神定であると念がおされている。
 王仁三郎は、坤の金神のご用をつとめて開祖をたすけ、裏の神諭を発表し、実質的には教主として一切を統理していたが、しかし、開祖と教主とは神業に経緯の別があって、開祖在世中は、開祖が表で、教主は裏であり、開祖が主であって教主は副の地位にあった。教主が七五日間の神界の修業をおえた直後に、開祖の昇天をむかえたが、火継の神事によって、教主夫妻の時代となった。教主はこうして、変性女子の教祖として、二代すみ・三代直日の後見をすることとなったが、しかしなおしばらくは、教主の位置にそのままとどまっていた。
 一九一八(大正七)年の一二月二日(旧一〇月二九日)には、教主に国祖の神懸りがあり、「旧十月の三日、新の一一月六日の五ツ時、神界の経綸が成就いたして、今度の世界の大戦争を一寸止めさしておいて、其の晩の四ツ時(十時三十分)に天からの御迎で出口直は若姫岐美命の御魂と引添うて天へ上りたぞよ。是からは天の様子も明白(ありやか)に判り出すぞよ。一旦出口直は天へ上りたなれど、直の御魂は三代の直霊にうつりて地の御用を致さすぞよ。直の御魂は、天にありては国常立命と引添うて大国常立尊大出口神となりて世界の守護を致すなり、地に降りては変性女子の身魂に国常立命がうつりて立直しの御筆先をかかすなり、出口直の御魂は木の花咲耶姫命の宿りた身魂の三代直霊にうつりて、直霊主命となりて、地の神界の御用を致さす経綸が成就いたしたから、是からの大本の中は是までとは大変りが致すぞよ」との神諭がだされた。なお、開祖は昇天後にあっても、あいかわらず現幽神三界にわたって守護するという神諭もだされている。一二月二二日(旧一一月二〇日)にはさらに「大本の経綸の一の土台は天王平の一の瀬の奥都城、これから段々開けてくるぞよ」と、経綸についての神諭も発表された。
〔写真〕
○世つぎのふでさき との 九にとこたちのみこと へんじよなんしのみたまのやどりてをるでぐちなをの ちすじで まつだいつずかすし九みがしてあるぞよ あやベのをもとわ まつざいに 九たいわをんなの五よつぎであるぞよ…… で九ちなを 七十五さい めじし十さねの九がつのに十はちにち しんの十いちがつのついたちのしるし p391
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト

霊界物語ネットに掲載するテキストの作成や校正を手伝っていただける方を募集しています!
まだまだ王仁三郎文献はたくさんありますので、手伝っていただけると嬉しいです。
メールでご連絡ください。oni_do@ybb.ne.jp
オニド関連サイト最新更新情報
3/10IME辞書データ王仁三郎IME辞書を更新しました。約70語追加されています。
12/17霊界物語音読第11~13巻をユーチューブにアップしました。再生リストはまとめサイトにまとめてあります。
9/8飯塚弘明.comブログ更新。「三鏡解説」を011まで載せました。目次はこちら
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→