霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

新聞と信者の立場

インフォメーション
題名:新聞と信者の立場 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:504 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c2353
 大本の講師によるはげしい講演内容と、一般読者をも予想してかかれる新聞の論評や主張との間には、おのずからひらきがあった。ところが前者の論調を支持するおおくの信者にとっては、新聞の論陣は手ぬるいものとうけとられた。立替え立直しが目前にせまっているのに、新聞の論評はなまぬるい、最初の発刊目的に反するものだという不満がおこってきた。立替えの神諭をなまのままで掲載せよ、国民がぐずぐずしていると天変地変でいまにも壊滅するぞと、直截に警告しなくては意義がないなどという要望が、新聞社に寄せられてきた。綾部で開かれた支部長会議でもそうした議論がおこなわれ、亀岡で発行されている「大本新聞」も、大本一色の編集にせよという意見が圧倒的となってきた。こうした立替えせまるといきりたった信者の要望を全面的にうけ入れることは、新聞社としては一般読者をうしなう結果となり、やがては新聞社の経営にも支障をきたすので、新聞社側の人々は信者の説得につとめたけれども、信者は、大正一〇、一一年で世は終末になるのだ、新聞はそれまでの使命だ、経済問題などは全然問題にならないと、かえって熱狂的になるという状態であった。
 新聞社はやむなく論調に大本的色彩を濃厚にくわえ、立替えのせまっていることをしばしば警告しだした。すると、はたせるかな一般の購読者がめだって減りはじめ、まず地方支局や通信部の機能が混乱しだした。「大正日日新聞」の地方支局は仙台・東京・金沢・京都・神戸・松江・福岡などにあり、通信部は各県の主要都市四〇数ヵ所に設置されていた。そのなかで地方版を発刊していたのは東京・京都・神戸であった。本紙の内容が大本的色彩を強めていったので、地方版とのつりあいがとれなくなり、したがって地方版発刊の意義がなくなってきたのである。ついで地方の販売網が混乱しだし、新聞販売にみきりをつけて脱落するものもふえてきた。この機会をねらっていた朝日・毎日その他の各新聞は、結束して「大正日日新聞」のきりくずしを企図し、大本が買収するまでの社員で、ひきつづいて新発足した大正日日新聞社にとどまった旧社員の引き抜きにかかり、本社・支局あわせて七〇人もいた旧社員も、やがてわずかに一〇数人を残すだけとなった。それとときを同じうして、官憲が雑誌や新聞の購読調査に名をかりで、暗々裡に「大正日日新聞」の読者にたいするいやがらせをおこなった。そのため四〇数万部を発行していたものが、三ヵ月目には二〇万部に減少し、さらに減少の度をはやめてきた。したがって経営も苦しくなり、浅野社長はついに退陣することとなった。そこで社主出口王仁三郎が社長に就任し全責任を負って、その収拾にあたることとなった。すなわち王仁三郎は、一九二一(大正一〇)年一月一二日から、本社の社長室に起居して、その陣頭指揮にあたった。しかしそのときはすでに新聞社は四面楚歌につつまれており、挽回の見込は容易にはたたなかった。しかもそれから一ヵ月目の二月一二日、出口社長は突然本社から拘引されてしまったのである。(第三編第一章参照)
〔写真〕
○大正日日新聞社東京支社 p505
○本社移転の緊急社告 p506
 
王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!
目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
6/15飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (21) 暗殺隊
6/12【霊界物語ネット】霊界物語ネットに新機能「話者名の追加表示」を付けました。詳しくはこちらをごらんください
6/4飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (20) 行動原理の転換
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→