霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

入蒙の決意

インフォメーション
題名:入蒙の決意 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:716 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c4311
 一九二四(大正一三)年二月一三日、責付出獄中であった出口王仁三郎は、極秘裡に日本を脱出し、数人の部下とともに蒙古にむかった。
 この「入蒙」は張作霜のもとにいた軍閥盧占魁将軍をひきい、洮南を起点として王爺府・公爺府・索倫(ソーロン)・札魯特旗・白音太拉(パインタラ)などの各地をめぐった約四ヵ月間にわたる、当時としては破天荒の冒険であった。そして「パインタラ遭難」で入蒙の終止符がうたれる。
 それは第一次大本事件の勃発からかぞえてちょうど三年目にあたっていた。事件は控訴中であり、『霊界物語』の口述はその大半をおわっており、教団はふたたびたちなおりつつある時期であった。
 一九二三(大正一二)年一一月ころからすでに蒙古入りの準備が秘密裡にすすめられていた。
 かつて王仁三郎は、一九二一(大正一〇)年の二月一二日、大正日日新聞社社長として社務を総理していたとき、上空に異様の光をはなつ上弦の月と太白星をみた。その日に奇しくも大本事件が勃発したのである。ついで一九二三(大正一二)年一二月、加賀巡教中、日月星が天空に輝く奇瑞そみた。さっそくこの奇瑞をとりいれて日地月星の宇宙紋とし、ただちに紋服に仕立てて着用し、さらに綾部に帰来した後、「宇宙紋章」として五個の徽章を作製させた。
 そして一九二四(大正一三)年甲子の節分(二月四日)に、王仁三郎は更始会を創立した。はじめはこの会の会則はつくらずに、ただ神業のために奉仕活躍するもののみをもって会員としたが、さきに作製した宇宙紋章を更始会の会章とさだめ、節分祭に参拝してきたおもな信者にたいして、この徽章を手わたした。
 宇宙紋章というのは、円のなかに日・地・月・星をかたどって宇宙をあらわしたものである。また日・地・月は霊・力・体の三元を象徴し、星は火水(ほし)であり、人をも意味し、また大本をも意味するものであった。この屋が中央に位置せずかたよっているのは、活動の余地をのこしているものだという。更始会の創立や徽章の作製が入蒙のための用意にほかならなかったことは、まもなく信者間にもわかるようになってくる。さらに王仁三郎によって「み手代」数十体が用意され、和紙五九枚に朱肉で両手型をおし、それぞれの氏名を指定してわたすことになる。なおこの節分には、出口宇知丸と三女八重野とをいそいで結婚させ、後事を託するため「錦の土産」(和紙八八枚)を手記して、宇知丸に手わたされている。これらはみな入蒙後の教団のいとなみにたいする配慮であった。その「錦の土産」のなかには
東亜の天地を精神的に統一し、次に世界を統一する心算なり、事の成否は天の時なり、煩慮を要せず、王仁十年の夢今や正に醒めんとす。
と記されている。王仁三郎によってのべられた三年来の夢とはいったいなんであったろうか。それは、東亜および世界の精神的統一にあった。その一端はつぎの漢詩のなかにもうかがわれる。
全身の智勇を推倒して 万里の荒野を開拓す 神竜淵に潜むと難もいずくんぞ池中の物ならんや 天運ここに循環し来り天地に代り鴻業を樹立す ああ北蒙の仙境 山河草木盛装をこらし 歓呼して我神軍の至るを待望す 英雄の心事亦々壮快に非ずや(原文漢詩)
 そこには、はるか北蒙の天地をあおいで漢詩に託された王仁三郎の心境が、いきいきと描かれている。「日本一の吉備団子はないけれども、世界一の吉備団子が集って、東亜の天地を餅にしたり、団子にしたりする計画だから随分愉快だ」とも語っていたように、王仁三郎の巨大なひととなりが、なにびとも意図しなかった破天荒な壮挙とむすびついて、詩となったものであり、王仁三郎の面目躍如たるものがある。
〔写真〕
○宇宙紋章 p716
○蒙古平原をゆく王仁三郎 下木局子にて p717
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→