霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大審院の判決

インフォメーション
題名:大審院の判決 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:815 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2022-02-27 20:54:15 OBC :B195401c4445
 一九二四(大正一三)年の七月二一日に、大阪控訴院で判決された第一次大本事件は、被告側が即日上告したので、審理は大審院にうつされた。
 大審院における公判は、一九二五(大正一四)年三月二七日よりはじまり、四月二四日、五月二三日、ついで六月一二日に開廷され、花井弁護人らの弁論があって、矢追検事が意見をのべた。こうして七月一日には、大審院でつぎのような決定をみた。
一件記録ヲ審案スルニ被告人王仁三郎ニ対スル原判決ニハ事実ノ誤認ヲ疑フニ足ルベキ顕著ナル事由存スルコトヲ認ムルヲ以テ同判決ハ之ヲ破毀スベキモノトス
 有罪の原判決が破毀されたので、この事件はあらためて事実の審理からはじめられることになった。そのため一二月一六日には、大審院で聖師のしたしらべがあり、その後弁護人側は検証や証人尋問を要求する一方、心霊学および精神病学的鑑定を申請し、これが受理されて、京都帝大今村新吉博士が精神鑑定人となった。一九二六(大正一五)年の三月六日、京大病院で第一回の鑑定がおこなわれ、のち前後七固にわたって鑑定がつづけられた。
 七月一二日には、公判準備があり、一〇月、一一月と証人の尋問があって、一二月七日には東京で、東京帝大の杉田直樹博士による精神鑑定がおこなわれた。その結果、博士は聖師にたいし誇大妄想などの精神病者にあらずと断定した。
 あけて一九二七(昭和二)年の二月七日には、大赦令が発せられたために、聖師は同年の五月一七日、大審院で横田裁判長から「原判決ヲ破毀シ免訴トス」との判決をうけた。これによって、七年のながきにわたる第一次大本事件は解決したのである。
 五月二五日聖師は、多数の信者たちのでむかえをうけて亀岡にかえり、翌日ただちに小幡神社および出雲神社(亀岡)に参拝した。ついで二七日には帰綾し、夕方から五六七殿でおこなわれた開窟奉賽祭に参列した。開窟とは岩戸が開けたということを意味していた。当局や社会からの重圧に数年ぶりで解放された、このときの信者のよろとびようは多言するまでもない。これまで邪教というよび名のもとに、それにひるまず役員・信者は神業にいそしんできたのであったが、正式に免訴の判決がくだったのである。免訴の判決があった翌々日、井上留五郎は東京愛信会(大正15・2・21確信会を改称)で信者にたいし、事件解決についてつぎのような注意をあたえている。その要点の第一は、宣伝にあたっては皇室に関することはいっさい触れないようにということであり、あわせて大本には片言隻句も不敬の要素はないことを強調した。そして第二に「宣伝の根本方針」は、「世の基礎をなす所の霊界の消息、殊に神界即ち天国の状況を宣伝しておる事が一番よいのです」とのべた。
 聖師と二代すみ子は、同年一月一五日に亀岡の中矢田農園をゆずりうけ、また二月五日には綾部でも農地を入手して、出口家による自給自足の道をひらいた。
 五月一三日には綾部神苑内に掬水荘が竣工し、ここが三代直日の住宅にあてられることになった。
〔写真〕
○昭和の時代はじまる p815
○判決の日 大審院での王仁三郎(右)と井上(左) p816
○掬水荘 p817
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
8/6王仁DB王仁DBの「書誌リスト」は廃止しました。オニペディアの「書籍」カテゴリをご利用下さい。
8/2霊界物語音読第28~32巻の朗読をユーチューブにアップしました。
7/20飯塚弘明.com二年前にメルマガに連載した「世界大家族制とベーシックインカム」を加筆訂正してブログに掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→