霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

本葬

インフォメーション
題名:本葬 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:933 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195402c7524
 八日から降りつづいていた春雨もカラリと晴れわたった四月一〇日は、埋葬の日である。到着の列車ごとにくり込んでくる全国の信徒や、遷枢の日から滞在して通夜をつとめていた信徒で、梅松苑は混雑した。新築中のみろく殿は苑内を圧してそそり立ち、この日を待っていたかのごとく桜は満開となった。
 彰徳殿には、京都市・綾部市・亀岡町・郡是製絲株式会社・代議士芦田均・同前尾繁三郎・メシヤ教をはじめ各界各種団体、知名人から贈られた供花がところ狭しとまでにかざられた。すでに殿内は各代表者ではいりきれず、信徒はほとんど殿外にあふれている。午後一時、伊佐男斎主、栄二・土井・伊藤の三副斎主をはじめ多数の祭員によって祭典はすすめられ、斎主が奏上する誅詞(しぬび)の「………げに金勝要の大神の御徳のままに地の上の人草の大御母と人みな仰ぎ慕い奉りてありけるほどに………」ともれくる声に、信徒は涙を新たにむせんでいた。ついで綾部市長・亀岡町長・世界連邦日本国会会長松岡駒吉・世界紅卍字会などの弔辞があげられ、元総理大臣芦田均、参議院議員林屋亀次郎・常岡一郎、衆議院議員前尾繁三郎・大石ヨシエ、国際キリスト教大学総長湯浅八郎、同志社大学総長大塚節治、文芸家矢田挿雲・川端康成、連合軍総司令部民間教育情報部小谷淡雲、文部省宗教審議会会長下村寿一、京都・金沢各市長、石川県知事、裏手家家元千宗室、金剛流宗家金剛巌、東京弁護士会会長林逸郎、世界連邦建設同盟、国際宗教同志会、日本・近畿・京都府各宗教連盟、京都府宗教婦人連盟、東本願寺、金光教教主、黒住教教主、天理教教務総長、PL教団教主、清水寺貫主、醍醐寺貫主、鞍馬弘教管長ほか、政界・学界・宗教界などの弔文三三六通・弔電八六一通か披露され、在世中、人類の母としたわれた二代教主の多彩な徳がしのばれた。おわって喪主三代教主・斎主・遺族・親族・各界代表の玉串捧呈があり、喪主の先達で神言の斉唱と二代教主のお歌が合唱された。最後に発送祝詞が奏上された。
 祭典がおわると天王平の奥都城へと葬列がならぶ。前駆・炬火・箒・大真栄木・神旗二旒・紅白旗二〇旒・松と梅の真栄木二〇・真栄木一二〇・ひげこ一〇・生花八〇・銘石・神饌唐櫃・「大本二代教主出口すみ子刀自之柩」と大書した銘旗・烏帽子直垂の雅人・白衣緋袴の伶人・祭員・祭主・神火とつづいた。黒紋付羽織・袴・白足袋に盛装した七五人の人々によって霊柩のつながひかれ、白衣に松の杖をつかれた喪主・遺族・親族・側近奉仕者・葬祭委員がこれにつづき、各団体・信徒・一般参列者が九〇〇メートル(八町余)のながきにつづいた。
 霊柩は、二代教主がその完成をまたれていた建設中のみろく殿前を通り、本町から田町・上野をへて天王平にすすむ。沿道は市民の人垣で敬虔な見送りがつづき、おもわず目がしらをおさえて、在りし日の二代教主の面影をしのぶがごとく、いつまでも合掌していた。
〔写真〕
○本葬 4月10日 梅松苑 彰徳殿 p933
○二代教主の念願とされた建設中のみろく殿前をすすか霊柩 p934
○霊柩は彰徳殿から天王平へ…遺徳をしたいかなしみの列はいつまでもつづく……………〝道のべに桜うつくしく散りしけり吾が母上は死にたまひけり〟 p934-935
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
3/15オニペディア出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました!
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→