霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第6巻第28章「身変定」内の「言霊学釈歌」

インフォメーション
題名:●第6巻第28章「身変定」内の「言霊学釈歌」 著者:飯塚弘明
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2019-03-06 11:05:44 OBC :B200001c004
第6巻第28章「身変定」に収録されている「言霊学(ことたまがく)釈歌(しゃくか)」には誤字と考えた方が合理的に解釈できる箇所が多数ある。
もともとは『神霊界』大正7年7月1日号(第65号)に掲載されたものであり、その後、大正9年5月21日号(第115号 龍門号)に再掲されている。
次の5つの本を対象に正しい文字は何なのかを考証してみた。

1.『神霊界』大正7年7月1日号、p7~10(神七と書す)
2.『神霊界』大正9年5月21日号、p27~30(神九と書す)
3.聖師御校正本、p182~198(校正本と書す)
4.天声社・校定版、p161~170(校定版と書す)
5.愛善世界社版、p160~173(愛世版と書す)

校正本が一番「正しい」のは言うまでもないが、その校正本ですら誤字と思われるのである。
それは主として次の2種類である。

1.ア行ウエイと、ヤ行エイ、ワ行ウエイが混乱している。
2.清音、濁音、半濁音が混乱している。

神七と神九を見ると、その冒頭でア行のエに「ゑ」が使われている。これがそもそもの混乱の原因ではないかと思われる。「ゑ」はワ行のエに使われる文字だが、当時はあまり厳密に使われていなかったみたいだ。また「こえ」(声)の「え」の字が「江」の崩し字が使われている。「こえ」は旧仮名遣いでは「こゑ」と書くべきだが、「江」の崩し字はア行のエに対して使われるのが本当だろう。

このように「え(江)」と「ゑ」の使い方が逆になっているのが混乱の第一の原因ではないかと思われる。ア行ウエイ、ヤ行エイ、ワ行ウエイは混乱しやすいので、王仁三郎は言霊の表記を片仮名にし、アオウエイに関しては画が離れた活字を特別に作らせたわけだが、それは天祥地瑞(昭和8~9年)のことであって、大正11年に刊行された第6巻ではまだそうなっていない。戦後刊行された校定版では、片仮名に直され、なおかつ画が離れた活字が使われているのだが、よく考証されていないようで、清音、濁音、半濁音が混乱したままである。愛世版は校正本通り平仮名が使われているが、やはり考証はされていない。

本稿では、言霊学釈歌の「正しい」と思われるテキストを示し、そこに注記する形で考証の内容を書いて行く。

★結論 霊界物語ネット/王仁DBは御校正本の通りとして、正しいと思われるテキストはここに書く。

[凡例]
○言霊が平仮名で書かれているが、校定版のようにすべて片仮名に直す。アオウエイは画の離れた特殊なフォントが必要になるため、㋐㋔㋒㋓㋑(丸囲みのアオウエイ)で代用する。
○言霊には圏点が付いているが、これは平仮名を目立たすために付けているようなので、片仮名にすれば必要ないので、外す。(校定版では外してある)
○漢字「声」の一部が平仮名「こゑ」になっているが、これは漢字に置き換える。


言霊学(ことたまがく)釈歌(しやくか)

   ○
久方(ひさかた)天之御中主(あめのみなかぬし)(かみ)五十鈴川(いそすずかは)の⦅ス⦆(ごゑ)なりけり

[#⦅ス⦆…この二重括弧は注記ではなく強調記号である。]

   ○
㋐の(こゑ)(わが)言霊(ことたま)(うへ)よりは宇比地邇神(うひぢにのかみ)須比智邇神(すひぢにのかみ)
   ○
㋔の(こゑ)(わが)言霊(ことたま)(うへ)よりは角杙神(つぬぐひのかみ)活杙神(いくぐひのかみ)
   ○
㋒の(こゑ)(わが)言霊(ことたま)()らし()大戸之道神(おほとのぢのかみ)大戸之辺神(おほとのべのかみ)
   ○
㋓の(こゑ)(その)言霊(ことたま)調(しら)ぶれば面足神(おもたるのかみ)惶根神(かしこねのかみ)

[#㋓…神七と神九は「ゑ」。校正本では底本の「ゑ」を「え」と訂正しているようだが王仁三郎が訂正したのではなく、編集者が訂正したように見える。校定版では「㋓」、愛世版は「え」。前後の流れから考えて(㋐㋔㋒ ㋑と順に書かれているのえ)ここはワ行のエ(ゑ)ではなくア行のエ(㋓)と考えるのが合理的である。]

   ○
㋑の(こゑ)言霊学(ことたまがく)(たす)けより伊邪那岐神(いざなぎのかみ)伊邪那美神(いざなみのかみ)
   ○
㋐の(こゑ)活動(はたらき)なすは須比智邇(すひぢに)(かみ)(たも)てる本能(ちから)なりけり
   ○
㋔の(こゑ)活動(はたらき)するは活杙(いくぐひ)(かみ)(あら)はす本能(ちから)なりけり
   ○
㋒の(こゑ)活動(はたらき)(たも)つは大戸之辺(おほとのべ)(かみ)(あら)はす本能(ちから)なりけり
   ○
㋓の(こゑ)(よろづ)(もの)(ひら)くるは阿夜訶志古泥(あやかしこね)(かみ)御本能(みちから)
[#㋓…前の㋓と同じ。]
   ○
㋑の(こゑ)活動(はたらき)なすは伊邪那美(いざなみ)(かみ)御言(みこと)本能(ちから)なりけり
   ○
喉頭(のど)気管(きくわん)肺臓(はいざう)なぞの活用(はたらき)国常立(くにとこたち)神言(みこと)(まも)れる
   ○
口腔口唇(くちのなか)口蓋(くちびる)(など)発音(ことたま)根本機関(もとのしぐみ)豊雲野神(とよくもぬのかみ)
   ○
()(もと)(くに)(ことば)(みなもと)(ただ)五声(いつこゑ)竪端(たちばな)父音(おど)
   ○
多陀用幣流(ただよへる)(くに)といふ意義(いぎ)は㋐㋔㋒㋓㋑五声父音(いつつのこゑ)発作(おこり)なりけり

[#㋐㋔㋒㋓㋑…神七と神九は「あおう江い」(江は崩し字)。校正本と愛世版は「あおうえい」。校定版は「㋐㋔㋒㋓㋑」。ここは五大父音について言っているので、言うまでもなく「㋐㋔㋒㋓㋑」。神七と神九はア行エを表記するのに「ゑ」と「江」が混用されている。]

   ○
久方(ひさかた)(あま)沼矛(ぬほこ)()意義(いぎ)言語(ことば)(ふし)調(ととの)(した)なり
   ○
立花(たちばな)小戸(をど)あはぎが(はら)()る㋔(こゑ)(あま)浮橋(うきはし)といふ
   ○
塩許袁呂(しほこをろ)許袁呂邇画鳴(こをろにかきな)(その)意義(いぎ)は㋔とヲの(こゑ)活用(はたらき)()
   ○
数音(かずのね)総称(すべとな)ふるを(しま)といふ淤能碁呂島(おのころじま)はヲ(こゑ)なりけり
   ○
㋐㋔㋒㋓㋑(もと)(いつ)つの父声(おやごゑ)天之御柱神(あまのみはしらがみ)総称(そうしよう)

[#㋐㋔㋒㋓㋑…前と同じ。]

   ○
宇宙(おほかた)気体(きたい)(そろ)()意義(いぎ)(わが)言霊(ことたま)八尋殿(やひろどの)といふ
   ○
鳴々而(なりなりて)鳴合(なりあ)はざるは㋐の(こゑ)鳴余(なりあま)れるは㋒(こゑ)なりけり
   ○
㋒㋐の(こゑ)(ただ)しく(そろ)ひて(むす)()変転(はたらき)するは美斗能麻具波比(みとのまぐはひ)
   ○
㋒㋐の(こゑ)(むす)びてワ(ごゑ)変化(はたら)くは阿那邇夜志愛上袁登古袁(あなにやしえーをとこを)といふ
   ○
㋓㋐の(こゑ)(むす)びてヤ(ごゑ)変化(はたら)くは阿那邇夜志愛上袁登売袁(あなにやしえーをとめを)といふ

[#㋓…神七、神九、校正本は「ゑ」。校定版は「㋓」。愛世版は「え」。一行前が「㋒㋐」の結びなので、ここは「㋓㋐」の結びと考える方が合理的だろう。]

   ○
女人先言不良(をみなまづことさきだちてふさはず)()へる神文(みこと)調(しら)ぶれば以前(いぜん)方法(はうはふ)形式(けいしき)
言霊(げんれい)発達(はつたつ)せざるてふ意義(いぎ)大要(たいえう)(ふく)むなり
   ○
久美度邇(くみどに)興而(おこして)子蛭子(みこひるこ)()むはワ(ごゑ)母音(ぼおん)とし

[#母音…5つの本すべてが「ぼいん」とルビが振ってあるが、霊界物語の他の箇所では「ぼおん」である。ここは他に合わせて「ぼおん」にした。]

(しま)㋒㋓㋑を父音(ふおん)としワ㋒の二声(にせい)(むす)()

[#㋒㋓㋑…神七、神九「烏ゑい」。ア行ウに「烏」の字が使われている。校正本、愛世版「烏えい」。校定版「㋒㋓㋑」。ここはア行なので「㋒㋓㋑」が正しい。]

(しま)のウ(ごゑ)変化(へんくわ)()しワ㋓の二声(にせい)(むす)()
(しま)のヱ(ごゑ)変化(へんくわ)()しワ㋑の二声(にせい)(むす)()
(しま)のヰ(ごゑ)変化(へんくわ)()(つぎ)にヤ(ごゑ)母音(ぼおん)とし

[#ワ㋒~ワ行のウ声~ワ㋓~ワ行のヱ声~ワ㋑~ワ行のヰ声…神七、神九「わ烏~わ行のう声~わゑ~わ行の江声~わい~わ行のい声」。校正本、愛世版「わ烏~わ行のう声~わゑ~わ行のゑ声~わい~わ行のゐ声」。校定版「ワ㋒~ワ行のウ声~ワ㋓~ワ行のヱ声~ワ㋑~ワ行のヰ声」。校正本と愛世版の「わゑの二声を結び付け」て「わ行のゑ声に変化」するというのは明らかにおかしい。校定版の解釈が合理的である。]

(しま)㋔㋒㋓㋑父音(ふおん)とし結声(けつせい)変化(へんくわ)意義(いぎ)ぞかし

[#㋔㋒㋓㋑…神七、神九「お烏ゑい」。校正本、愛世版「お烏えい」。校定版「㋔㋒㋓㋑」。ここはア行なので「㋔㋒㋓㋑」が正しい。]

ヤ㋔の二声(にせい)(むす)()けヤ(しま)のヨ(ごゑ)変化(へんくわ)()
ヤ㋒の二声(にせい)(むす)()けヤ(しま)のユ(ごゑ)変化(へんくわ)なし
ヤ㋓の二声(にせい)(むす)()けヤ(しま)のエ(ごゑ)変化(へんくわ)()
ヤ㋑の二声(にせい)(むす)()けヤ(しま)のイ(ごゑ)変化(へんくわ)()

[#ヤ㋔~ヤ行のヨ声~ヤ㋒~ヤ行のユ声~ヤ㋓~ヤ行のエ声~ヤ㋑~ヤ行のイ声…神七、神九「やお~や行のよ声~や烏~や行のゆ声~やゑ~や行の延声~やい~や行のゐ声」。ヤ行のエに「延」が、ヤ行のイに「ゐ」が使われている。「ゐ」は本来ワ行のイに使われる文字である。校正本、愛世版「やお~や行のよ声~や烏~や行のゆ声~やえ~や行の延声~やい~や行のい声」。校定版「ヤ㋔~ヤ行のヨ声~ヤ㋒~ヤ行のユ声~ヤ㋓~ヤ行のエ声~ヤ㋑~ヤ行のイ声」。校定版の解釈が合理的。]

この言霊(ことたま)活用(はたらき)久美度邇興而(くみどにおこす)(とな)ふなり
   ○
子蛭子(みこひるこ)()むとふ神文(こと)鳴出(なりいづ)声音(こゑ)(ひと)しき意義(いぎ)にして
(しま)(ごゑ)とワ(しま)のヲ(ごゑ)㋐ワの(しま)なる㋒(ごゑ)とウの神声(みこゑ)

[#㋒~ウ…神七、神九、校正本、愛世版「烏~う」。校定版「㋒~ウ」。㋐ワの行なので「㋒~ウ」が正しい。]

㋐ワヤの(しま)の㋓ヱエと㋑ヰイの(こゑ)異性(いせい)にて

[#㋓ヱエ~㋑ヰイ…神七、神九、校正本、愛世版「ゑ衣延~いゐ以」。校定版「㋓ヱエ~㋑ヰイ」。㋐ワヤの各行のエとイということならば、校定版が正しい。言霊学釈歌は「真素美の鏡」がベースになっているので、それを見ながらでないと理解が難しい。「真素美の鏡」は下(地)の方からアワヤマバパザサハナラタダガカ行の順で並んでいる。ここに書いてある「異性にて 同声音」というのは、ア行オウエイ、ワ行ヲウヱヰ、ヤ行エイが、言霊は異なるが発音は同じだということを表している。]

同声音(どうせいおん)意義(いぎ)ぞかし(これ)蛭子(ひるこ)()むといふ
   ○
布斗麻邇爾(ふとまにに)卜相而詔(うらへてのる)といふ意義(いぎ)は㋐(しま)(ごゑ)活用(はたらき)ぞかし
   ○
淡道之穂之(あはみちのほの)狭別島(さわけじま)といふは㋒ウユ⦅ム(ごゑ)⦆と(むす)言霊(ことたま)

[#㋒ウユ…神七、神九、校正本、愛世版「烏うゆ」。校定版「㋒ウユ」。これはア行ワ行ヤ行のウ列ということになるので「㋒ウユ」が正しい。]

伊予之国二名島(いよのくにふたなのしま)といふ意義(いぎ)母音(ぼおん)(ごゑ)に㋑を(むす)
(ごゑ)変化(へんくわ)しム㋓(むす)びメ(ごゑ)変化(へんくわ)しム㋔を(むす)

[#ム㋓…神七、神九、校正本、愛世版「むゑ」。校定版「ム㋓」。前後の文脈から「ム㋓」が正しい。]

(ごゑ)変化(へんくわ)しム㋐を(むす)びマ(ごゑ)変化(へんくわ)(この)(ゆえ)
(ごゑ)父音(ふおん)ミメモマの四声(よごゑ)変化(かはる)身一而(みひとつ)
面四有(おもよつあり)(とな)ふなり
   ○
ミの(こゑ)(その)言霊(ことたま)活用(はたらき)伊予国愛比売(いよくにえひめ)(まを)すなり
   ○
メの(こゑ)(その)言霊(ことたま)(さちは)ひを讃岐飯依比古(さぬきいひよりひこ)()
   ○
モの(こゑ)(その)言霊(ことたま)(たす)けをば阿波国大宜津比売(あはくにおほげつひめ)()
   ○
マの(こゑ)(その)言霊(ことたま)()(とき)土佐国健依別(とさくにたけよりわけ)()
   ○
惟神(かむながら)(その)()(ごと)性能(せいのう)(ひと)しく(かは)るを(くに)()ふなり
   ○
ムの(こゑ)に㋒ユを(むす)びてブの(こゑ)変化(かはる)隠岐之三子嶋(をきのみつごしま)()

[#ブ…神七、校正本、愛世版「ふ」。校定版「フ」。神九「ぶ」。ここの考証は次以降を参照。]

   ○
ブの(こゑ)天之御柱(あめのみはしら)(むす)()けバボベビ四声(よこゑ)変化(かはる)をば
天之忍許呂別(あまのをしころわけ)()

[#ブ~バボベビ…神七、校正本、愛世版「ふ~はほふへ」。校定版「フ~ハホフヘ」神九「ぶ~はほふへ」。ここの考証は次以降を参照。]

   ○
筑紫島(つくしじま)()むと()意義(いぎ)はバの(しま)のブ(こゑ)(こゑ)結声(けつせい)

[#バ~ブ~㋒…神七、神九「は~ぶ~烏」。校正本、愛世版「は~ふ~烏」。校定版「ハ~フ~㋒」。ここの考証は次以降を参照。]

(ごゑ)変化(はたらく)言霊(みたま)(なり)(これ)のプ(ごゑ)に㋑㋓㋔㋐の

[#プ~プ~㋑㋓㋔㋐…神七、神九、校正本、愛世版「ぷ~ぷ~いゑおあ」。校定版「ピ~プ~㋑㋓㋔㋐」。ここの考証は次以降を参照。校定版の「ピ」は確実に誤字。]

四声(よごゑ)漸次(ぜんじ)結声(けつせい)しピペポパ()(ごゑ)変化(へんくわ)なす
   ○

[#ピペポパ…神七「ひぺほは」。神九「ひぺほぱ」。校正本「ぴぺほぱ」。愛世版「ぴぺぽぱ」。校定版「ピペポパ」。ここの考証は次以降を参照。校正本と愛世版は「ぺ」の圏点だけゴマ(﹅)で他の3文字の圏点は白丸(○)になっているが誤植であり特別な意味はないと思う。]

ピの(こゑ)意義(いぎ)言霊(ことたま)調(しら)ぶれば筑紫(つくし)(くに)白日別(しらひわけ)()
ペの(こゑ)意義(いぎ)言霊(ことたま)調(しら)ぶれば豊国豊日別(とよくにとよひわけ)()ふなり
   ○
建日向(たけひむか)日豊久士(ひとよくじ)比泥別(ひねわけ)()ふはポ(ごゑ)言霊(たま)意義(こころ)なりけり
   ○
パの(こゑ)意義(いぎ)言霊(ことたま)調(しら)ぶれば熊曽(くまそ)(くに)建日別(たけひわけ)なり

[#ピ~ペ~ポ~パ…神七、校正本、愛世版「ひ~ぺ~ほ~ぱ」。神九「ひ~ぺ~ぽ~ぱ」。校定版「ヒ~ペ~ホ~パ」。ここの考証は次以降を参照。]

   ○
伊岐嶋(いきのしま)比登都柱(ひとつはしら)()意義(いぎ)はプ(ごゑ)に㋒(ごゑ)(むす)()

[#プ~㋒…神七、神九、校正本、愛世版「ぷ~烏」。校定版「プ~㋒」。ここの考証は次以降を参照。]

(ごゑ)変化(へんくわ)しフの(こゑ)(あま)御柱(みはしら)㋐㋔㋒㋓㋑

[#フ~フ~㋐㋔㋒㋓㋑…神七、神九「ふ~ふ~あおうゑい」。校正本、愛世版「ふ~ふ~あおうえい」。校定版「フ~フ~㋐㋔㋒㋓㋑」。ここの考証は次以降を参照。]

(これ)素音(そいん)結声(けつせい)しハホヘヒ四声(よこゑ)言霊(ことたま)変化(へんくわ)せしむる意義(こころ)なり

[#ハホヘヒ…神七、神九、校正本、愛世版「はほへひ」。校定版「ハホヘヒ」。ここの考証は次以降を参照。]
[#ハ行バ行パ行に関しては5つの本すべてが混乱している。
結論を言うとバ行、パ行、ハ行の順に歌われていると考えるのが合理的であり、それに沿って言霊を修正した。最後のハ行(「伊岐嶋」以降)に関しては特に異論はないだろう。
真ん中のパ行(「筑紫島」以降)に関しては、ハ行とパ行の言霊が混用されているが、ハ行は最後に出てくるのだから、ここに出てくるハ行はパ行の誤字と考えられる。
同様に、一番最初のバ行は、やはりハ行と混用されているが、真ん中にパ行、最後にハ行が出てくるのだから、消去法で考えるとバ行ということになる。また「真素美の鏡」では、下(地)の方からマ行バ行パ行ザ行サ行ハ行と並んでいるので、その点からも、バ行パ行ハ行の順で歌われていると考えられる。
「バボベビ」はすべての本が「はほふへ」になっているが、ブの声に天之御柱(アオウエイ)を結びつけると「変化(かわる)」と書いてあるのに、ウ列の「ブ」とか「ふ」が入っているのは不自然である。これは誤字と考えた方がいいと思う。]


   ○
津嶋天之狭手依比売(つしまあまのさでよりひめ)()ふはフ(ごゑ)に㋒(ごゑ)(むす)()
(ごゑ)変化(へんくわ)し㋐㋔㋒㋓㋑(これ)素音(そいん)結声(けつせい)
サソスセ四声(よごゑ)変化(かは)意義(いぎ)
   ○
佐渡島(さどしま)()むてふ意義(いぎ)調(しら)ぶればス(ごゑ)に㋒(ごゑ)結声(けつせい)
(ごゑ)変化(へんくわ)なさしめて(これ)素音(そいん)結声(けつせい)

[#ズ…神七、神九、校正本、愛世版「す」。校定版「ス」。ス声に㋒声が結び付いて「ス」に変わるというのは明らかにおかしい。次の行でサ行をザ行に変えると書いてあるのだから、ここは「ズ」声の誤字と考えられる。]

(しま)をザ(しま)変化(へんくわ)する言霊上(ことたまのへ)意義(こころ)なり
   ○
大倭秋津嶋生(おほやまとあきつしまう)むといふはニリチの母音(ぼおん)言霊(ことたま)

[#母音…神七、神九、校正本、校定版、愛世版「父音」。ニリチが父音であるはずがない。父音は五大父音㋐㋔㋒㋓㋑だけである。母音は九大母音カサタナハマヤラワであるが、かなり前の方で「母音ム声」という表現が出てきたので(つまりア列以外の言霊に対して「母音」という表現が使われているので)ここも母音と呼んでいいと思う。]

()(いだ)したる意義(いぎ)にしてナ(しま)(ごゑ)はジ㋑二声(にせい)
結声(けつせい)変化(へんくわ)しリの(こゑ)はシ㋑が結声(けつせい)変化(へんくわ)()
(しま)(ごゑ)はヒ㋑二声(にせい)結声(けつせい)変化(へんくわ)()意義(いぎ)
   ○
天御虚空豊秋津根別(あめみそらとよあきつねわけ)といふ意義(いぎ)はチリニの母音(ぼおん)久方(ひさかた)

[#母音…神七、神九、校正本、校定版、愛世版「父音」。考証は前と同じ。]

天之御柱(あまのみはしら)㋐㋔㋒㋓㋑素音(そいん)結声(けつせい)変化(へんくわ)して
タラナ三行(さんぎやう)結声(けつせい)変化(へんくわ)せしむる意義(いぎ)ぞかし
   ○

[#タラナ…以前に出て来た「ぺ」同様に、校正本と愛世版では「ら」の圏点だけゴマ(﹅)で他の2文字の圏点は白丸(○)になっているが、誤植であり特別な意味はないと思う。]

意義(いぎ)(ふか)きワ(ぎやう)(ぎやう)言霊(ことたま)先所生大八島国(さきにうみますおほやしまぐに)
   ○
吉備児島建日方別(きびこじまたけひかたわけ)()意義(いぎ)はチジの二声(にせい)結声(けつせい)

[#チジ…神七、神九「ちし」。校正本、愛世版「ちじ」。校定版「チジ」。いずれもチとジ(神七と神九の「し」は誤字か?)の言霊の組み合わせになっているが、ここの前後は、ジ㋑→ニ、シ㋑→リ、ヒ㋑→チ、ヂ㋑→ギ、ギ㋑→キというように、㋑との組み合わせで変化が起きている。ここもひょっとしたら「チジ」ではなく「チ㋑」である可能性があるが、今ひとつ確証が得られないので「チジ」のままにしておく。]

(ごゑ)変化(へんくわ)久方(ひさかた)(あま)御柱(みはしら)㋐㋔㋒㋓㋑

[#ヂ…神七、神九、校正本、愛世版「ち」。校定版「チ」。ここは前後の文脈から考えて「ヂ」であろう。「チジ」が結び付いて「チ」になるというのはおかしい。]

素音(そいん)(むす)言霊(たま)ぞかし
   ○
小豆島(あづきしま)大野手上比売(おほぬでえひめ)()意義(いぎ)はヂ㋑の二声(にせい)結声(けつせい)
(こゑ)変化(へんくわ)久方(ひさかた)(あま)御柱(みはしら)㋐㋔㋒㋓㋑
素音(そいん)(むす)言霊(たま)ぞかし
   ○
大嶋(おほしま)大多上麻流別(おほたあまるわけ)()意義(いぎ)はギ㋑の二声(にせい)(むす)()
(ごゑ)変化(へんくわ)久方(ひさかた)(てん)御柱(みはしら)㋐㋔㋒㋓㋑
素音(そいん)(むす)言霊(たま)ぞかし
   ○
女嶋天一根(むすめじまあまひとつね)()意義(いぎ)はカ(しま)音韻(おんゐん)カコクケキ
天地(てんち)貫通(くわんつう)言霊(たま)ぞかし
   ○
知訶嶋天之忍男(ちかのしまあまのおしを)()意義(いぎ)はガ(しま)音韻(おんゐん)ガゴグゲギ
天機(てんき)活動(くわつどう)(おこ)言霊(ことたま)
   ○
両児嶋(ふたごしま)天両屋(あまのふたや)言霊(ことたま)はダ(しま)音韻(おんゐん)ダトヅデヂ

[#ダ…神七、神九、校正本、愛世版「た」。校定版「タ」。ダトヅデヂがタ行であるはずがない。「ダ」が正しい。]

造化(ざうくわ)発作(ほつさ)(おこ)意義(いぎ)なり
   ○
(しま)(ごゑ)言霊(ことたま)精神的(せいしんてき)活用(はたらき)大事忍男之神(おほことおしをのかみ)()
   ○
(しま)(ごゑ)言霊(ことたま)精神的(せいしんてき)活用(はたらき)石土毘古(いはつちひこ)(かみ)()
   ○
(しま)(ごゑ)言霊(ことたま)精神的(せいしんてき)活用(はたらき)石巣(いはす)比売(ひめ)(かみ)といふ
   ○
(しま)言霊(ことたま)ワヲウヱヰ精神的(せいしんてき)活用(はたらき)大戸日別之神(おほとひわけのかみ)といふ
   ○
(しま)(ごゑ)言霊(ことたま)精神的(せいしんてき)活用(はたらき)天之吹男神(あまのふくをのかみ)といふ
   ○
(しま)言霊(ことたま)ヤヨユエイ精神的(せいしんてき)活用(はたらき)大屋毘古之神(おほやねびこのかみ)といふ
   ○
(しま)(ごゑ)言霊(ことたま)精神的(せいしんてき)活用(はたらき)風木津別之忍男神(かぜげつわけのおしをかみ)なり
   ○
(しま)(ごゑ)言霊(ことたま)精神的(せいしんてき)活用(はたらき)大綿津見(おほわたつみ)(かみ)()
   ○
(しま)(ごゑ)言霊(ことたま)精神的(せいしんてき)活用(はたらき)速秋津彦(はやあきつひこ)(かみ)()ふなり
(しま)(ごゑ)言霊(ことたま)精神的(せいしんてき)活用(はたらき)速秋津姫(はやあきつひめ)(かみ)といふ

(以上六十五首)
 大事忍男神(おほことおしをのかみ)より以下(いか)速秋津姫神(はやあきつひめのかみ)まで、十神(とはしら)十声(とごゑ)精神的(せいしんてき)作用(さよう)所謂(いはゆる)大八嶋国(おほやしまぐに)活用(くわつよう)(すなは)世界的経綸(せかいてきけいりん)活機(くわつき)(あら)はす本能(ほんのう)享有(きやういう)する言霊(ことたま)なり。
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト

霊界物語ネットに掲載するテキストの作成や校正を手伝っていただける方を募集しています!
まだまだ王仁三郎文献はたくさんありますので、手伝っていただけると嬉しいです。
メールでご連絡ください。oni_do@ybb.ne.jp
オニド関連サイト最新更新情報
7/29【霊界物語ネット】『神霊界』掲載の「言霊の大要」を掲載しました。(ただし冒頭の説明文のみ。各言霊の説明は省略)
6/15飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (21) 暗殺隊
6/12【霊界物語ネット】霊界物語ネットに新機能「話者名の追加表示」を付けました。詳しくはこちらをごらんください
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→