霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

神諭に就て(一)

インフォメーション
題名:神諭に就て(一) 著者:天爵道人(王仁)
誌名:神霊界 掲載号:1918/07/01号 ページ:3 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例:未だ全てはテキスト化していない。 データ最終更新日:2021-06-02 14:43:54 OBC :M192919180701c01
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第五巻 言霊解・其他 > 【随筆・其他】 > 大本神諭に就て
[#これ以前は未だテキスト化していない。全集を参照せよ。]
[#ここから下は全集では省略されている。]
  ウシトラの言義

     ウ
真実金剛力也、中柱也、中心に鎮る也、親の働也、親の言也、結び合ふ也、固有の真也、生也、動也。
     シ
小にして強し。天の機也、仕遂げ也、火の精也、細長き也、台也、食知也、世の現在也、極結晶点也、堅く締る也、司也、育也、出水也、幸ひ也、始也、進也。
     ト
皆治る也、形の本元也、結び徹定(さだまる)也、能く産み出す也、(とう)也、迅速也、行届く也、世の位也、通り貫く也、男也、基也、轟也。
     ラ
霊系也、無量寿の基也、産霊の大道也、一平無角節也、本末打合ふ也、廻り合ひて丸く成る也、到着也、無休憩也、循環運行の神機也、歴学の根元也「歴」はママ。、天地往来の形也、大造花の象也、劫大約也。

 以上ウシトラの神国日本国の使命天職は、右四声の名義にて明かであります。(したが)つて丑寅大神の御経綸なり。御神諭は一層この天職使命に向つて詳細に(とか)れてあります。一々ウシトラの言義に(つい)て解釈をすれば猶々(なほなほ)明白になりますが、限りある紙面の到底許さぬ所でありますから、単に其大意に止めておきます。

  ヤマトの国の言義

(わが)日本国を総称してヤマトの国と古来称えますのは、皇国には三種の神器が伝はつて在るからであります。
と云ふ言霊は透明体なる天中固有の紋理であります。()た経綸の形であつて内を貫く。ヤアタ鏡であります。八咫鏡は天地経綸の大道を写したる皇典古事記、言霊の教義であつて、七十五声の運用妙機を自由に活用するの意義であります。
と云ふ言霊は廻り囲む也、()の位底本(『神霊界』大正7年7月1日号)では「一」にフリガナは付いていない。これは数字の一ではなく水茎文字のアである。に当るなり。アの精神也、全く備はる也、丸く穏か也、円満具足なぞの言霊でありまして所謂(いはゆる)、天津日嗣天皇の世界統治の大権なる八坂の曲玉(まがたま)の意義であります。
と云ふ言霊は、形の本元也、通り貫く也、能く産出也等の意義で所謂極東日本国の名称であつて、草薙神剣であります。人皇十代崇神天皇は右の日本国に天上より賦与されたる三種の神器を器物に移されて、外国の文物を自由自在に斯国に吸収し、和光同塵以て二千年後の今日に至つて(いよいよ)皇運発展すべき天機を洞察あらせられたる次第であります。右三種の神器の御真義に()り、我国君臣民の天職が判るのであります。

  ミロクの神の意義

大本開祖の神諭にミロクの神様と示されてあるのは、釈迦寂滅(じやくめつ)後五十六億七千万年の後に現はれると云はれて居る慈愛深き神力の在る仏と()く名に(おい)て似て居り、其他の凡ての点に於て酷似して居る救世主の出現を示されたので在りまして、皇国言霊学の上より解釈を致しますと
     ミ
形象具足成就也、真実也、玉に成る也、産霊の形を顕はす也、道の宿也、大陰也、体也、水也、
     ロ
凝結也、予する也、心の姿也、色也、諸也、対偶也、濶く渡る也
     ク
三大歴の起元也「歴」はママ。、恒天の底也、大々的劫々の極元也、明暗交替也、条々の辻也、現在也。

右言霊の大要を見ればミロクの神様は大陰を機関とし玉ふ月の大神にして、()た天照大御神の稜威発光し給ひ、万世不窮に国土を平けく安らけく統治し玉ふ大慈大悲の大神に坐します事が判るので在ります。世の中には大本は皇道を唱導し乍らミロクなぞと怪しい事を謂ふと思ふ方が在るかも知れませぬから、皇国言霊学、八咫鏡に照して其大要を(ここ)に述べて置きました。
[#ここから上は全集では省略されている。]
[#これ以降は未だテキスト化していない。全集を参照せよ。]
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→