霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

いろは歌(一)

インフォメーション
題名:いろは歌(一) 著者:出口王仁三郎
ページ:608 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121807c14
い 厳めしきよそほひばかり魂はけもののうつはとなれる人類
ろ 露西亜魂の人のみ多き世の中に日本心をてらすわが道
は 果敢なきは人の命としりながらいのちの神を世人知らずも
に 賑はしく家とみさかえ行く人は皇大神のみちを歩める
ほ 細くとも神のみつなにすがりなば浮世の橋もわたり安けむ
へ 隔意なき神のめぐみは天地のよろづのものに照り渡るなり
と 永遠に朽ちぬたからは皇神の道につくせしまことなりけり
ち 千代八千代動かぬ御代のいしずゑは天照神の御稜威なりけり
り 理窟のみ今のものしりさへづりてまことの道を知るものはなし
ぬ 鵺鳥のなきてさびしき暗の夜も神は身に添ひまもらせたまふ
る 留守とのみ思ひてこころまぐるなかれ人の家には守り神坐す
を 治まりて波風たたぬ足御世はすめらみことの恵みなりけり
わ わが魂は神のさづけし宝なり夢おろそかにあつかふべしやは
か 身体も霊魂も神のものなれば仰ぎうやまへわれとわが身を
よ 世の中は善事曲事まじらひてすべてのものは生り出づるなり
た 誰をかもかしこき神の御恵みにもれたるは無し尊きろかも
れ 霊学はこころを清め身をねりて世人をすくふ神のまさわざ
そ そよと吹く風にも声のあるものを神の御声の聞えざらめや
つ 劒刃の下をくぐりて天地の神のめぐみをはじめてぞ知る
ね ねもごろに説き明したる御教は病めるこころの薬なりけり
な 何事も神のこころのそのままになりて進める世の中のみち
ら 蝋燭のわが身こがして暗がりをてらすは神のこころなるかも
む 睦まじき教の友のよりあひて語らふ夜半は楽しかりけり
う 生るるもまかるも神のみこころぞゆめ外国の道にまよふな
ゐ 井戸水の清く甘くてたえまなく出づるは深き神のみめぐみ
の 飲み食ひの外に望みのなき人は人の皮きるけものなるべし
お 音たかく世に聞えたる大本のをしへも聞かぬ耳なしの里
く 国のため君のみ為めにまごころをつくすは人の務なりけり
や 病神うかがふ家の門口はちりやあくたにけがされてをり
ま 松の葉のこころになりて世をわたれ細くかたくて風に破れず
け 毛筋ほどもはづれぬ神の御教は烏羽玉の世を明かす燈火
ふ 麓より中ほどまでは雨ふれど頂上は晴るる富士の神山
こ 志ひろく大きく持ちながらこころこまかにくばりて生きよ
え 選まれて神の柱となりながら家ひとつさへ支へかねつつ
て 掌のうちに世界を丸めにぎるとも神のめぐみを夢なわすれそ
あ 天照神のひかりをかしこみて仰ぎうやまへ人のことごと
さ 悟りてもさとり尽せぬ幽世の神の御業の奇しくもあるかな
き 聴く人のこころによりて善くも見え悪くも見ゆる大本の教
ゆ 揺ぎなき天津日継の高御座いやさかえませ千代に八千代に
め 目に見えず耳にも聞けぬ幽世ををがむも聞くも霊学の美智
み 水きよく野山は青くにほひつつ実りゆたけき日の本の国
し 白梅のよろづの花に魁けてかをるは日本ごころなるらむ
ゑ 歓ぎつつ勇みてくらせ世の中は善につけても悪につけても
ひ 日のもとの本つ教をよそにして卑しき道をたどるしれびと
も もろもろの曲事けがれ罪とがをはらひ清むる直霊の大神
せ 攻めきたる天つ醜女をにくまずに和めすかして救ふこの道
す 皇神は恵みの鞭を加へつつ心のねむりさましたまへる
(大正二年一月)
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→