霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

仏教の女性観

インフォメーション
題名:[1-3-5] 仏教の女性観 著者:出口王仁三郎
ページ:41 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-28 01:47:45 OBC :B195303c129
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『神の国』昭和3年12月号
 仏教の玉耶経(ぎょくやきょう)には、女人の不利なる地位が詳細に並べたててあって、これを女の十悪といっている。
 女子は出生してもその両親に喜ばれない。()ンだの(かす)だとか、尼っちょだとか、種々の侮蔑的言葉をもって遇せられ、女子を三人もてば家の(むね)をおとすとか、女子と小人養いがたしだとかいって、ばかにされる。その二には、養育しても少しまにあうようになれば、身代のやせるほど荷物をこしらえて他家へやってしまい、やっかいもの扱いされる。そして女は三界無宅なぞと軽侮される。その三には、気が小さくて人を畏れる。人なかに出てどんなに立派なことを説いても、ただちに女の言として相手にされない。その四には、父母は教育と嫁入りについて始終心配がたえず、たくさんな荷物までもたせてやりながら、不調法者をよろしくといって嫁入り先の人々に頭をさげる。その村の犬にさえ遠慮するような気持ちになっておらねば、娘が憎まれるという心配から、父母は女子よりも男子の出生を喜ぶ。
 その五は、恋しき父母にわかれ、なつかしい郷里を去って門火に追いだされ、いったん嫁したうえは死んでも両親の家に帰ることはならぬといいわたされ、一人も親友のないところへ追いやられる。その六は、嫁した家の(しゅうと)(しゅうとめ)や、小姑をはじめ、近所や、嫁した家の親族にまできげんをとって心配し、人の顔色ばかりみていなくては一日もつとまらぬ。その七は、妊娠の苦、出産の心配があり、一度子を産めば、容色とみにおとろえ、夫の愛にどうかすると変異を生ぜしむるうれいがある。その八は、少し娘らしくなると厳重なる父母の監視をうけ、外出さえ自由にできぬ。その九は、嫁して夫に制せられ、無理解な夫になると(しもべ)のごとくに遇する。それでも小言一ついうことはできぬ。その十は、老いては子や孫に呵責(かしゃく)せられ、生涯自由をえないものと説いてある。
 しかし今日のめざめた女は、かかる十悪の仏説に耳をかたむけるような正直な女はないから、男子たるもの骨の折れることである。
(「神の国」昭和3年12月)
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→