霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

結婚の費用

インフォメーション
題名:[1-4-6] 結婚の費用 著者:出口王仁三郎
ページ:65 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-28 01:52:20 OBC :B195303c144
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年12月1日号(第132号) > 無題録(二)
 五六七の家政のやり方については、大本神諭にしばしば教示されてあるから、いまさら喋々(ちょうちょう)するの必要もあるまいと思うが、第一にわが国民の結婚に要する冗費ぐらいばからしいものはない。諺にも娘五人もてば家がたおれるというぐらいで、全世界における第二のぜいたくなやり方は日本である。まずその時に要する結婚費は、全国平均して年収入の二十割ないし二十五割を冗費しているのである。一九一五年イギリスの「ハウスキーピング」誌に載せられたる、世界各国の結婚費の比較表を、調べてみると明瞭である。しかし今日の日本は、その時の表よりももっともっと結婚費が(かさ)まっておって、年収入の五十割も費やしている。一世一代の嫁入りだから片肌ぬがねばならぬなどと、ますます体主霊従ぶりを発揮しているのは、まことに慨歎にたえないしだいであります。
 左表はすなわち一九一五年の調査であるから、そのつもりで見てください。

国別       年収一万円の家庭 年収二千円の家庭
英国(イギリス) 八分       一割
仏国(フランス) 一割      一割
独国(ドイツ)  一割      一割
米国(アメリカ) 二割      二割
伊国(イタリア) 四割      四割
西国(スペイン) 五割      七割
露国(ロシア)  八割      八割
日本       二十割     二十五割
支那(中国)   三十割     三十割

 これによってこれを見れば、わが日本は支那のつぎになっているが、現今では日本が世界で第一位になっているのである。なにゆえに結婚費がかくのごとく膨脹したかといえば、畢覚(ひっきょう)、必要以上のよけいな衣類をこしらえたり、身分不相応に盛大なる披露会をもよおしたりするから、年収の四、五十割という、世界各国にずぬけた率を示しているのである。外観外聞に要する費用を節約さえすれば、各国の結婚式は各階級とも年収の一、二割でもよいことになる。いわんや五六七の家庭のやり方においては、なおいっそうの簡単で、費用などは五分ぐらいより要らぬことになるのである。
 また結婚費のなかには、嫁入りまたは婿とりのために、とくに必要を生じた新夫新婦の礼服・寝具・諸道具・装身具等の新調や、儀式や披露その他のことに要する経費の全体のことで、在来持ち合わせの衣類、その他の日用の調製に要する費用や、父母の財産の一部を分与する持参金等は、もちろん含まれておらぬのである。その結婚費は中流以下の家庭では、一時にこれを支出することが、はなはだ困難であるから、どうしてもその半額ぐらいは、本人の幼少の頃から、結婚費として積み立てている人もあるそうである。
 日本の中流以上の家庭では、結婚の際にはみだりにたくさんの衣類や荷物をこしらえて、持参させる悪い習慣がある。これは一種の虚栄心からきたもので、実際あまりに必要のないたくさんの衣類を新調し、むなしく箪笥(たんす)の底にねかしておくということは、はなはだ無意味で、経済上からも、これくらいつまらないことはない。上、中、下流といわず結婚の際は、さしあたり必要な衣類ひととおりだけ持たせてやり、その余りの金は、新夫新婦の社会に立って活動する時の資本金とすれば、じつに一挙両得というべきものである。
(無題録、「神霊界」大正9年12月1日)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
3/15オニペディア出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました!
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→