霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

女房さまざま

インフォメーション
題名:[1-4-7] 女房さまざま 著者:月の家
ページ:67 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-28 14:50:21 OBC :B195303c145
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『東北日記 八の巻』昭和3年11月7日(原題は無題)
 女房には、妻とか、山の神とか、(かか)アとか媽村屋とかいろいろの称呼があるが、自分としてもっとも愛し好むものは、けっして容色の美醜ではない。妻の心がけやその行為の美にしてかつ善なるものである。朝は早く起きて、まず髪を(くしけず)り、身装(みなり)をととのえ、家事に忠実にして恭順を旨とし、夜は(おそ)く寝て戸障子の始末に注意し、美食は夫より先に食わず、また夫に呵責(かしゃく)されても(いか)り恨むことなく、一心にわが夫を守りて邪淫の心なく、かつ行なわず、一家内の平安を朝夕神に祈り、つねに夫の長命を願い、留守中によく家中を整頓し、夫の美点のみを取って欠点を意に介せず、悋気せず、隣人にたいしては親切を旨とし、夫の名を汚さない、そして子供の教育に十二分の注意を払い、賢妻良母の実を挙ぐる善良なる妻である。
 またこれに反し、姑や夫にたいし婦礼をもってせず、美食は自分まずこれを食い、盗み酒を呑み、夜は早く伏し、日の出後も容易に起床せず、夫が教呵せんとすれば眼をつりあげて睨み、器具に怒りを転じて食器を破り、襖や障子に荒くあたり、畳ざわり荒く、諾否ともにののしり、口やかましくつばめやもずのごとく、かつ一つ心に夫を守らず、他の男子に想いを懸け、臍繰りを貯えて芝居見物や間食をなし、不幸にして夫が早世した時は、墓土いまだ乾かざるうちより再嫁せんことを欲し、いわゆる赤い信女の返り咲きをなすごとき妻は、あまり好ましくないものである。
 また妻には母婦、妹婦、師婦、婦婦、婢婦、怨家婦、奪命婦の七種がある。
 さて母婦とは、夫を愛すること慈母の赤子におけるがごとく、無条件なる絶対服従と絶対愛をもってし、夫の名誉を、挙げんとする妻である。
 妹婦とは、夫にたいし敬誠柔順にして妹の兄におけるがごとく、異体同心兄弟の至情を有する善良なる妻である。
 師婦とは、愛念懇情にして棄てず、夫にたいして毫末の秘密もなく、何事もいっさい夫の前に打ち明け、夫に悪行あれば涙をもって諌暁(かんぎょう)し、善事があれば賞揚して健実なる敬神思想に導くこと、世の教育者、宗教家のごとき権識と純愛をもっている良い妻である。
 つぎに婦婦というのは、夫につかうるに至誠、恭敬、謙遜にして柔順、早起晩臥、言命を守り言葉正しく行為乱れず、善は夫に推し譲り、過失は自己の不徳に帰し、慈をほどこし勤勉道のためにし、邪悪の思想寸毫もなく、貞節を修め進退居措(きょそ)礼を失わず、ただただ家庭の平和を尊重する家思いの婦人らしき妻である。
 つぎに婢婦というのは、心つねに畏れ慎み、少しの自慢心もなく、戦々競々として事に従い、労苦を避けず、忠孝の節をつくし、言柔軟にして性質和穆(わぼく)、口に邪曲の言なく、日常の行為放縦ならず、貞良純一、質朴直信、平素厳正にみずから守り、坐作(ざさ)礼あり。幸運来るも慢心せず、冷遇さるるも怨むことなく、神の試練と感謝し、いかなる虐待も(いか)らずして甘受し、馬詈嘲笑も介意せず、二心を起こさず、好まざる仕事にも勤勉し、他人の栄誉を妬まず、己の薄命を訴えず、つとめて貞節を修め衣食をえらばず、もっぱら恭順にして、ただそのおよばざるを恐れて、夫につかうること、あたかも女牌のごとき妻である。
 つぎに怨家婦というのは、夫にたいしてつねに瞋恚(しんい)の念をいだき、昼夜離別せんことを思い、夫婦の愛情なきこと同居人のごとく、飯食い友達ぐらいに心得ており、少し気にいらぬ時は闘争をなしておそれず、乱髪坐臥して家務をつとめず、家政を思わず、子女の教育に留意せず、神を敬せず、祖先を崇めず、婬蕩(いんとう)にして恥を知らず、そのさまあたかも犬猫のごとく、親里を毀辱すること仇敵怨家のごとき妻で、いわゆる現代の新しき婦人の典型である。
 つぎに奪命婦というのは、昼夜瞋恚の心をもって、夫にたいしつねに離縁の方法をひそかに工夫し、人知れず毒薬などを与えんと欲し、宝物を奪い、夫の生命を失わんとする悪妻である。
 ゆえに人は妻帯するに先だち十二分の注意をはらわなければ、後日(ほぞ)をかむともおよばざる悔いをのこすにいたり、一生涯不快なる地獄的生活を送らねばならなくなってくるのである。第一麻柱の教えの腹におさまっている女でなくばだめである。
[#全集5「女房」では末尾に次の一文が入っている。ここから]
現代の教育を受けた新らしき女とか、モガ(ぢよ)なぞを女房にしようものならそれこそ大騒動で、一生泣き暮しをせなくてはならぬ様になる。故に自分は何時も信者同志の結婚を奨励して已まないものである。
[#ここまで]
(無題、『東北日記』八の巻、昭和3年11月7日)
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→