霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

吾が輩は雪隠虫の成り上がりだ

インフォメーション
題名:吾が輩は雪隠虫の成り上がりだ 著者:出口王仁三郎
ページ:280 目次メモ:
概要: 備考:全集5「吾蝿」と同じ。 タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-28 07:01:53 OBC :B195305c206
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『東北日記 二の巻』昭和3年8月10日
 吾が輩を「雪隠虫の成り上がりだ、糞の権化(ごんげ)だ、蠅虫だ、吹いたら飛ぶような弱虫だ」と、人間どもが大変に軽蔑しやがるのが癪に(さわ)る。一つ苦しめてやろうと思って、汗をだらだら休んで居やがる頭の上をくるくる舞いして見せてやると、流石(さすが)に丹波の王仁も往生いたしたと見え、宣伝使とか小便使とか()かす香鹿や堤・梅風の小西郷までが、白い布片で玉網を急造し、室内飛行機を墜落させるとか()かして、吾が蝿の航空隊に向かって襲撃と出かけ、汗みどろになって追っかける。其のスタイルったら見られた(ざま)じゃない。梅風の奴大団扇(うちわ)をかざして、八方睨みの慧眼の吾が輩を叩き落とそうとして、床板をメキメキ鳴らす斗りで、一匹だって吾が蠅に危害を加うる事を()うせない。堤という奴の如きは、白い玉網を中空に左右左と振り舞わし、巫子が大幣(おおぬさ)を振り立てる様な珍妙なスタイルして、全滅させんと迫り来る可笑(おか)しさ、臍茶(へそちゃ)の至りだ。手を合わしたりもみもみしたり、足摺りをして頭に止まって糞を()りかけなぶってやっても、気の付かない代物だ。(さい)の毛や馬の尻尾には吾が蠅一寸閉口頓死の至りだが、そんな気の()いた武器は、滅多に彼奴(あいつ)等は所持して居ないから先ず安心、どこまでも夏は吾が蠅の天下だ。
 人間の天窓(あたま)の禿げた奴を蠅辷りなぞと悪口を()かすが、吾が蠅の足には吸盤と云って(たこ)の足の(いぼ)(よう)な物があるから、禿頭はおろか硝子に止まっても、決して辷るような下手な事はやらない。また沢山な毛が()えているので、人間どもの恐がる黴菌(ばいきん)を輸送するには誠に以て好都合だ。是からウーンと馬力を懸け、手足に一杯黴菌を付けると、何百万とも数え切れない程である。そして人間共の油断を見すまして、折角(こしら)えよった海川山野の種々の御馳走を、お先へ失礼とも云わずに、散々に喰い荒した揚句、沢山の黴菌を御礼の印として振れ舞ってやる。知らぬが仏の人間共が、歓んで舌鼓を打ち鳴らし、うまそうに食って居やがる(さま)を見ると可笑(おか)しくて(たま)らない。中には蠅帳を御馳走に掛け、絶対に吾が蠅の近付けない用心の良いやつもあれど、()んな気の利いた事をやっていやがる人間の家は極めて(すく)ないから、吾が蠅は御馳走に不自由を感ずる事は毛頭無い。
 そして吾が蠅の嗅覚は、三十間先位までは嗅ぎ付ける事が出来るので、何処の家にどんな馳走があるか位は直ぐ分かる。そして羽根は一日に数里飛ぶ事が出来るし、汽車や汽船・電車・馬車・自動車もロハで、汽船なら大臣待遇で一等室におさまって洋行でも出来るのだ。力量は体量の二十五倍だから、人間なら正に二十五人力という所だ。万物の霊長だ・神の子だ・神の生宮だ・天地経綸の司宰者など()かして威張っていやがる人間なぞは、問題にならない。
 又吾が蠅の眼は復眼式で、多数のレンズを集めたのと同じだから、所謂(いわゆる)八方睨みで、何処から外敵が来襲しても良く判る。吾が蠅は先天的に以上の強味と武器とを携帯しておるから、人間共の左右左の大幣(おおぬさ)行事や、手緩(てぬる)い攻撃位では容易に征服されないが、近頃の人間共も種々と研究しているから、吾が蠅も余り油断は出来ない。今や盛夏の時機に際しているから、吾が蠅等の跋扈跳梁(ばっこちょうりょう)するには絶好の時機である。殊に各種伝染病の流行期に入るから随分忙しい。
 今年は不思議な奴が遠方の丹波方面からやって来やがって、吾が蠅の書き入れ時を妨害致そうとして居やがるが、吾が蝿仲間も一つ総動員を為し、王仁どもの堅塁に肉迫し、何処迄も追いかけて行って、眼に物見せてやらねば置かぬのだ。吾が蝿は五月の蠅だウルサイとか、払えば来る飯の蠅だとか言って()けものにしていやがるが、要するに吾が蠅に対して尻尾を捲いた蠅軍の将だ。
(無題、『東北日記』二の巻 昭和三年八月十日)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。