霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

時代に生きてはたらけ

インフォメーション
題名:時代に生きてはたらけ 著者:出口王仁三郎
ページ:297 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195305c210
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『真如の光』昭和6年2月15日号
 此の地上一切の何れの宗教に於ても、布教師とか宣教師とか或は教師とか云うて居りますが、大本が初めて宣伝使と之を唱えたのであります。霊界に於ては総てエンゼルと称えられ、又宣伝使といわれて居る。それを地上に写して宣伝使と名を附けたのでありますが、此の頃は曰く防火宣伝、曰く交通宣伝、曰く何、曰く何等々盛んに用いられて居る。
大本が尖端を切った後を皆、総てが使うて居る。そういう工合で総て大本は、宣伝使という名からしの権威がなければ、神の道を説くことは出来ない。よく今まで政治家が順応ということを言って居たが、順応とは世の中に順じ応ずるというのであるから、之は矢張り後端を行くのであります。大本は順応指導するのであります。世の中の形勢を考えて、それに対して指導して行くのであります。
 この大本ということは一切の大本ということであって、「世の大本」と筆先に出て居ります。「世」ということは、世の中の一切のあらゆる事を約めて居る言葉であります。故に政治にしても、教育にしても、宗教にしても、芸術にしても、その他天文・地文一切の事、その他現代の学者が何程気張って鯱鋒立ちになっても解らん事を、大本は簡単な言葉で知らして居ります。それで宣伝使のお方は、政治家の考えも無ければならず、又宗教家の考えも必要である。教育家の考えも必要である。芸術家の考えも必要である。時に依っては、「日に日に変る大本、月の象の簾の中」ということが書いてある。
 私はよく新聞や何彼に「大化物」と書かれて居りますが、自然に化け物にならねば仕方がない。神様の命令に依り、時代に順応して指導する使命を受けて居るのであります。それで時に依れば、神教を伝達すること、宗教を宣布することが主になったり、或は又政治が主になったり、色々と変わって来るということはよく考えて貰わねばならない。故に宣伝使たる人は信者の手引きをする人達でありますが、矢張り政治方面の方へも注意を払って貰い度い。又芸術の方面・教育の方面、一切の方面へ注意を払って、何でも一切、浅くとも広く之を知って居らねば、段々むつかしくなって勤まらぬようになって来ます。
 今までの初まりの大本の時代であれば、只神様を祭祀し教理のみを説いて居れば良かったけれども、今日はそういうわけにはゆかない。豹変するのか何か知らんが、我々のやって居る事は世間から見たら一寸も捕まえどころがない。何をして居るのかわからんようになりますが、約り碁盤の上で捨て石を打って居るようなものである。この石は何うなって何う利くかという事は誰にもわからない。人にわかったらこちらが負けるのでありますから、兎も角大本の教えを十分に研究して貰って、その中には表面上書いてのうても、政治の事もある、教育のこともある、或は芸術のこともある。神様の方面のみならず、総て一切が神の仕事でありまして、完全なみろくの世を実現させるには一切の物が必要である。
 又今日の進歩した科学も必要である。之は神様が世界を一つにする為に、通信なり新聞なり交通機関なりも出来たのであって、三千年苦労なされたが、時節が到来して今日の物質文明の世が出来たのであります。教祖が明治二十五年に「三千世界一度に開く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ。須弥仙山に腰を掛け鬼門の金神守るぞよ」。こう言われた言葉は、今日の物質文明と大本の精神文明との準備がととのうたという事になって居るのであります。「三千世界一度に開く」というのは縦ばかりでない。縦から横から全部一切、地にある物、天にある物一切を指して、それが一度に開くというのである。今までに蘊蓄してあった総ての経綸が先ず形の上から現われて来るのであります。
 大本が之丈神様のお道を伝えるのに便宜を得たのも、物質文明のおかげである。之がなければ、台湾や北海道・海外諸国などへは一代かかっても行けるか行けないかわからぬ。けれどもこうして、千里も距たった人と一堂に会することが出来るのは物質文明の賜である。昔のようであったならば、何程神様が三千世界を統一すると言われても、百年河清を待つより難しい。今日のアメリカの出来事を今日聞けるようになったのも、高皇産霊系統の神の活動であります。まだ神皇産霊系統の活動は、之は女性的の活動でありますから、はっきり表には現われて居りませんが、矢張り並行して現われて居る。思想の洪水が氾乱するのも神の道が発展した証拠であります。一方には思想の洪水があって国を危うくする者がないと、真剣に国を護る者が出ない。皆神の方から見れば、総てが経綸ならざるはないのであって、一瀉千里の勢いで進展して居るのであります。
 それで宣伝使の方は大本にとっては一番大事な人でありますから、よく此の考えを持って貰って、必要の時に停車場へ行って汽車に乗り遅れてはいかぬと云うような考えで、時間に遅れないように、銘々に注意を払っていただき度いのであります。
宣伝使会に於けるお話、昭和六年二月六日、亀岡・大祥殿にて
(「真如の光」昭和六年二月十五日号)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
8/20【霊界物語ネット】二名(ふたな)日記』を掲載しました。王仁三郎が昭和3年に四国を巡教した際の歌日記です。
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。