霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

更生の年をむかえて

インフォメーション
題名:更生の年をむかえて 著者:出口王仁三郎
ページ:301 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-05-07 18:32:40 OBC :B195305c211
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『神の国』昭和10年11月号
 世の中の多くの人は六十一歳の還暦を迎えると、自分でも老人の如うな感じがすると同時に、他人からも老人扱いされるものであって、娘や孫からは盛んに「御祖父様」と呼ばれ、周囲からも亦老人にせられてしまうものである。故に何時の間にか自分も老人気分になって得意がって居るようである。そして「若い時からいろいろ苦労して来たのであるから、これからは家の事は忰に任せて置いて、ちと楽をさして貰わにゃならぬ」と言うて、兎角世の中から遠ざかって行こうとする傾向がある。
 それで私は六十一歳の還暦を「更生」と称えて、いよいよこれから世界の為に緊褌一番せにゃならぬからとて、「七十ははなたれ小僧百歳になりていよいよ男盛りよ」と歌を詠んで、娘や孫には決して、「御祖父様」とは呼ばさないのである。孫を呼ぶにも「子の子」と言うて居るのじゃ。孫というと何だか老人くさくて私や嫌いじゃ。そこで六十以上の人の為に、保健と長寿の一方法として、
一、老人であると云う観念を去ること。一、年齢を忘れて了って思わぬこと。一、気分を若く持つこと。
一、環境を若くすること。一、青年男女と交際すること。
一、衣類持ち物など普通より派手なものを身に着けること。一、婦人の如きは薄化粧でもして身嗜みを怠らざること。一、老人の冷水というて嫌われてもかまわぬ、若いものに劣らぬよう身の廻りを綺麗にすること。一、顔面に髭一切を貯えぬこと。一、早寝して朝起きすること。一、入浴は約二十分間位を適当と思う、温度の高き湯に浴せざること。一、湯茶を沢山に呑んで新陳代謝を盛んならしむること、但し上等の茶は宜しからず、番茶を良しとす。一、酒や煙草の習慣があれば、夫れを止めてはいけない。
一、食物は可成り淡白な菜食を摂るようにして、油濃き肉食はせぬ方が良い。一、血液の循環を能くするよう注意すること。食物の関係で血液がねばる事がある。血圧が高くなったり、中風に罹ったり、肩が凝ったりするのは多く同一原因から来るものである。一、足部を冷やさぬよう注意せねばならぬ。
一、大腸に悪質の菌が発生し、それ等に禍されて老衰するものであるから、大小便の通じに注意して、毎日快通するようにせねばならぬ。一、心臓を強くせねばいけない。使わないで置くと自然と弱くなるから、毎日適当な運動をして心臓を働かさねばならぬ。
一、心配はするとも心痛をせぬようにせねばいけない。
一、投機事業などには絶対に手を出さぬようにせねば、終には生命と財産を失う事が多いのである。
一、常に新進気鋭の精神を自得し仮にも退嬰心を起こさぬこと。
一、天地の殊恩を感謝すること。一、心身の清潔を守ること。一、何事によらず悲観せざること。
等々を勧めたい。之は長寿の秘訣である。
(六十歳以上の人のために、「神の国」昭和十年十一月号)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。