霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

開教

インフォメーション
題名:開教 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:80 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1211
 一八九二(明治二五)年、なおは五七才(数え年)の正月を迎えた。旧正月元旦(新暦一月三〇日)の夜、なおは、ふしぎな夢をみた。それは、いつしか神霊の世界に入った、なおが、おごそかで美しい楼閣のある宮殿において、尊貴な神々にまみえた夢であったという。同じような霊夢が、夜ごとにつづき、なおを神霊の世界へといざなっていった。
 旧正月五日(新二月三日)の夜おそく、いつものように淋しく留守番をしていた、りょう(一二才)とすみ(九才)は、とつぜん母の大きな声でとび起きた。なおは、西町の大槻鹿造の宅で、狂乱状態のよねを見舞って、おそくなったのであったが、その夜のなおは、日頃のやさしい母ではなかった。情愛のこもった、やさしい声しかしらない幼い二人に、なおは、力のこもったきびしい声で、「西町のおよね姉さんとこへ行って、はやく改心するように三六お灯明をあげと申してこい」と命じた。
 りょうとすみは、おどろいて、大槻の宅へかけつけ、鹿造に母のことばを伝えた。帰ってみると、母は、凍てつくような寒夜の井戸ばたで、一心に水をかぶって身をきよめていた。水行が終わると、なおは、怖れとおどろきで立ちすくんでいる二人にむかって、「それはご苦労であった。はやくおやすみ」と、平常のいつくしみ深い声にかえっていうのであった。
 なおの帰神は、こうして始まった。身体にかかっている神の命ずるままに、毎晩、水行がつづけられ、はげしい帰神のために、こののち一三日間は、食事をとることもできなかった。
 帰神がおこると、なおは、じぶんの身体が非常に重くなり、力が満ちてくるような感じを覚えた。姿勢は正しくなり、やがて、身体が、ややそりかげんにゆるゆると振動をはじめると、畳にすわったままいる時も、ひざが交互に音を立てて上下する。そのとき、あごは引きしまり眼はかがやいて、おもむろに腹の底から、威厳ある大きな声が出る。この声は、じぶんで意識しない言葉となり、押さえようとしても、どうしても押さえることはできない。
 なおは、昼夜の別なく、断続して帰神状態となった。帰神が終わると、しばらくは魂が脱け出たような疲労を覚えて、平常の様子にもどった。
 なおは、食事もとれず、時には夜中も眠れないこともあった。なおは、突如として自分にかかった「神」について思い悩み、しばしば神との問答をくりかえした。この問答は、よそ目には、自問自答のかたちであったが、神のことばのときは、男のような重々しい声となり、なお自身のことばは、ふだんの、つつしみ深い声であった。神となおの問答のなかで、神は、いつも「この方は艮の金神であるぞよ」と答える。そして、くりかえしなおにたいして、艮の金神が、いかなる神であるかをさとし、なおを励ますのであった。
 「……この神は三千世界を立替え立直す神じゃぞ。三千世界一度に開く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ。この神でなければ、世の立替えはできぬのじゃ。天理、金光、黒住、妙霊先走り、とどめに艮の金神が現われて、三千世界の大洗濯を致すのじゃ。これからなかなか大謨(たいもう)なれど、三千世界を一つに丸めて万劫末代続く神国にいたすぞよ……」
 大本では、一八九二(明治二五)年旧正月元旦の霊夢にひきつづいてはじまった出口なおの帰神をもって、その開教とし、艮の金神のもとに、金勝要の神・竜宮の乙姫・綾部の熊野神社をはじめとして、八百万の神々が綾部の本宮新宮坪の内に神集いして、ここに救世の神業がひらかれたとしている。
〔写真〕
○一輪の梅(耀盌 越殿楽) p80
○水行に使用されたつるべ p81
○帰神のふでさき p82
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→