霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

神命のまにまに

インフォメーション
題名:神命のまにまに 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:83 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1212
 大本開祖出口なおは、夜となく昼となく、大きな声で神のことばを叫び、帰神がおさまったのちに、心中にわきおこる不安や怖れをしだいにこえて、ひたすら、神命のままに生きるみちを歩んでいった。
 このころ、開祖の、とつぜんの帰神をつたえ聞いた三女福島ひさとその夫が、八木からわざわざ母を見舞いにきた。お見舞いのしるしにと、紙につつんだ一〇銭銀貨一つを差出すと、開祖は受け取らず、「わしは何もみやげにやるものがないから、ちょっと待て」といって、間もなく裏口から持ってきたのは、板ぎれにのせた一かたまりの土であった。「これがわしのみやげじゃ」と渡すので、ひさは「土みたいなもの」とあきれた。開祖は「お土があるからみなが生きておられるのじゃ。何万円の金よりも一にぎりのお土のほうが、どれほど大切か分からぬ。金は世のほろびのもとじゃぞよ。世界中の人にこれが分かってきたら、この世がみろくの世になるのじゃ」といい、裏口に出て「ここが坪の内で、むかしの神屋敷じゃ。ここに大地の金神さまのお宮を建てるのじゃ。ここが世界の大本となる尊い地場、世界の大本じゃから万年青(おもと)を植えたのじゃ」とおしえたという。
 開祖のはげしい帰神は、せまい町でたちまち評判になった。もともと、気丈で誇り高い性格の開祖にとって、発狂とうわさされることは、ひじょうな苦痛であったが、おのずから口をついてほとばしる叫びは、とどめるすべもなかった。
 「村の者、はやく改心いたされよ。足もとから鳥が立つぞよ」と開祖は叫びつづけた。近隣の人々は「おなおさんも、とうとう頭にきて気ちがいになられた」と心配し、二月には、組内の者が相談して法華の僧侶をつれてきて祈祷をさせたが、「モット修行してこい」と逆に突きたおされてよりつけなかった。しかし開祖自身も、平常にかえると、組内から狂人あつかいにされることが恥ずかしかった。いつまでも、こんな状態がつづいては生計をたてることもできないので、吉美村(きみむら)小呂(おろ)に算盤うらないがいることを聞いて、これを訪ねた。算盤師は憑きものを当てて封じこむのである。算盤師は鑑定して「おなおさん、エライこっちゃぞ。マアどえらい神さんじゃ。わしが封じてやろう」と言ったが、封じることはできなかった。つぎには、数珠うらないのつきもの封じで有名な山家村の本経寺の僧侶にたのんでみたが、開祖はまた帰神状態となって「コラ坊主、修行の仕直しをいたせ」と強くたしなめた。これは三月一〇日のことであったという。さらに四月四日には金光教福知山教会(青木松之助)をたずねて行ったが、神がかりにたいする見定めはつかなかった。
 こうして、開祖の周囲の人々や、開祖じしんがこころみた「つきもの」封じは、ことごとく失敗した。開祖は、しだいに、艮の金神の神徳を感ずるようになり、この神がかかったのも、何かの因縁と観念して、これからは神命のまにまに従順に仕えようと覚悟した。この決意ができてからは、おいおいと帰神もおだやかになり、昼間はあきないにでかけたが、それも、一々神のさしずのままに動かねばならなかった。
 このころの行商は、次男の清吉の奉公している紙屋から紙をもとめ、それを近村へ売りあるいて、そのわずかな口銭で糊口をしのいでいたが、その行商ぶりはいたってゆっくりしたもので、時には家ごとに神床をしらべて、ことわりもせず床の間を掃除し塩をまき、神さまを拝んで帰ることもあったという。四女りょうは近所の四方源之助宅へ、五女すみは八木の福島(三女ひさの婚家)宅へ子もり奉公に行っていた。開祖は一人ぐらしとなったので、貧しくてもあくせくすることもなくなったのであろう。
〔写真〕
○旧正月元旦の霊夢王仁三郎揮毫の書画 p84
○山家村の本経寺 p85
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→