霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

発動と霊感

インフォメーション
題名:発動と霊感 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:86 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1213
 この年旧一月五日の夜からはじまった水行は、神命によって七五日間つづけねばならなかったが、「経歴の神諭」には「明治二十五年の初発には、夜七へんお水をあびて、八へんめにモウよいとお言葉ありたなれど、モ一どあびて来うとおもうて頭から水をかけたら、水がハネて身体へ一てきもかかりはせなんだ」とある。開祖が神に仕える心になってからは、自分からすすんで水行をするようになった。
 このころ、開祖は篠山(ささやま)(丹波、兵庫県)に行けと神から命じられて、篠山に出かけたが、用意していた金もなくなったので、仕方なく、篠山街道栗柄の田中伊之介の絹糸工場で糸引きをし、綾部へ帰ってきた。
 ついで六月中旬には亀岡へ糸引きに行くこととなり、その途中、金光教の八木教会(中西貞子)に立ちより、亀岡滞在中には京都島原にある金光教会(杉田政治郎)をたずね、神がかりをしらべてもらったが見分けがつかなかった。のちに、大阪難波の金光教会(近藤藤守)にまいったときは、近藤布教師が開祖の神がかりをほめたという。
 八月ごろに亀岡から帰り、九月にはいると二回目の発動があった。日がくれると水行をし、神のご用がはじまって眠れないが、朝は平常のごとくあきないに出た。この発動は一〇日間でおさまった。
 翌一八九三(明治二六)年三月には、三回目の発動があった。「経歴の神諭」に「昼間はあきない、夜分は宵の口に一寝入りいたし、起きて水をあびて、神さまの前へ行きておれば、神さまのことがよく分かるが嬉しさに、七十五日寝ずに神さまのご用きいておりました。夜分になると寝させずに、能を舞わしたり、三番叟回したり、まことにめずらしきことが分かるから、夜分寝いでも苦にならぬ」とある。このときは七五日寝ずの行であった。
 四月一四日開祖は八木に行き、ひさの宅に一泊したが、一晩中荒れて発動がはげしく、そばにいたひさは朝まで眠ることができなかった。夜があけると、ひさは、夫寅之助が三日前に、園部に行くといって出かけたまま帰ってこないので、神さまにおうかがいしてほしいとたのんでみた。開祖は水行してから神に祈ると「福知山のさきまで行っておりたが、昼すぎに帰る」との神示をうけた。はたして、その日の午後二時すぎ夫が帰宅したので聞いてみると、神示のとおりであったという。
 翌日は王子に行き、栗山ことの宅に泊った。この夜も一晩中発動し、狩猟について庄三郎(ことの夫)を訓戒した。夜が明けると雨がふっている。「おしめり(雨)は風を出して吹きあげてしまうから、綾部へ帰れ」との神示をうけ、王子を出発すると、にわかに強風となり、一〇時ごろには上天気となった。八木までくるとまた雨がふりだしたが、「園部まで行けば、この雨ははれる」との神示であった。そのとおり園部で雨はやみ、きげんよく綾部に帰った。
 このころ、となりの本田彦吉の家に嫁とりがあったが、その披露の席で開祖は帰神となり、能を舞ったり、字を書くまねをして見せたという。このようにして、開祖の帰神はいよいよ深まっていった。
〔写真〕
○金光教八木教会 p86
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→