霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】[2024/6/15] 6月17日(月)から月末にかけて、霊界物語ネットのデザインの変更作業を行います。レイアウトが乱れるなどの不具合が生じたら、時間を置いてアクセスしてみて下さい。[2023/12/19] サイトの全面改修に伴いサブスク化します。詳しくはこちらをどうぞ
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

四〇日の座敷牢

インフォメーション
題名:四〇日の座敷牢 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:89 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1222
 開祖の座敷牢の生活はわびしいものであった。鹿造からとどけてくる食事はいたって少量で、ふだん少食の開祖でさえ空腹をおぼえた。そのころ、鹿造の宅に世話になっていた四女りょうは、鹿造の目にかくれて母を見舞い、わずかながらも食べものを差入れるので、開祖はいくらか空腹をしのぎ、心あたたまる思いにひたることができた。神から「なおよ、これをしゃぶれ、これをしゃぶれば力がつく」とおしえられ、開祖はときどき自分の掌をなめていたという。
 しばらくすると、「なおよ、満月の夜には出られるわい」との神示があったが、数日後の十五夜にはでられなかった。神のお告げもうそだったのであろうかと、開祖は力をおとし、しみじみ、さびしさを感ぜずにはいられなかった。もとより狂人でもなく、ただ、帰神のためにこのようなはずかしめをうけねばならぬ。なんという情けない業のふかいことであろう。これでは出口家の名をけがし、先祖に申しわけない。こうなれば死んでおわびするほか道はないと、開祖はついに死を決した。開祖が神名をとなえて、神にいとまごいのあいさつをすると、「罪障(めぐり)のあるだけのことは、あってしまわねば、死んでも同じこと、霊魂(みたま)はなおさら苦しむぞよ。いまでは地獄の釜のこげおとし、(こば)らんと良い花さかぬ梅の花、この経綸成就いたしたら、夫の名も出る、先祖の名も出る」と神示があったので、ようやく思いなおしたのであった。
 それから幾日かすぎて、鹿造が開祖にむかい「出口家の家を売ることを承知するなら、牢から出してやろう」ともちかけた。開祖は「出してさえくれれば」と承諾したので、四〇日目のちょうど満月の夜、牢から出ることができた。鹿造は、さっそく家ばかりでなく鍋釜まですっかり売りはらってしまった。ただ残ったのが、むかし開祖が貧苦のなかで、毎晩四升の米の粉をひいた石臼と三つ重ねの盃だけであった。
〔写真〕
○開祖・放火の嫌疑で警察に連行される書画 p89
絶賛発売中『超訳霊界物語2/出口王仁三郎の「身魂磨き」実践書/一人旅するスサノオの宣伝使たち』
逆リンク(このページにリンクが張られているページ)
オニド関連サイト最新更新情報
10/22【霊界物語ネット】王仁文庫 第六篇 たまの礎(裏の神諭)』をテキスト化しました。
5/8【霊界物語ネット】霊界物語ネットに出口王仁三郎の第六歌集『霧の海』を掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「みろく」を入力して下さい→  
本サイトは Reikai Monogatari Net (霊界物語ネット)略して「レモン」とでもお呼び下さい。/ 本サイトは飯塚弘明が運営しています。【メールアドレス】 / 動作に不具合や誤字脱字等を発見されましたら是非お知らせ下さるようお願い申し上げます。 / 本サイトに掲載されている霊界物語等の著作物の電子データは飯塚弘明ほか、多数の方々の協力によって作られました。(スペシャルサンクス) / 本サイトの著作権(デザイン、プログラム、凡例等)は飯塚弘明にあります。出口王仁三郎の著作物(霊界物語等)の著作権は保護期間が過ぎていますのでご自由にお使いいただいて構いません。ただし一部分を引用するのではなく、本サイト掲載の大部分を利用して電子書籍等に転用する場合には、必ず出典と連絡先を記して下さい。→「本サイト掲載文献の利用について」 / 出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別的と見なされる言葉や表現もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。 / プライバシーポリシー
(C) 2007-2024 Iizuka Hiroaki