霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

金明会の発足

インフォメーション
題名:金明会の発足 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:180 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1521
 上田喜三郎の大本入りにたいしては、金光教の足立はもとより、開祖側の役員のなかにも反対者はあったが、このたびのことは、開祖の神が命じたところでもあり、それに四方平蔵の、上田の偉大さについての説得もあって、しかたなく、いちおうはなっとくせざるをえなかった。
 上田はまず、艮の金神を世にだすために、公認の手続きをとり、宣教活動の合法化をはかろうと考えた。それで、裏町の土蔵に世話人の集会を開き、「開祖がながい間の望みどおり、艮の金神を公然と表にだして行こう」と強調して、組織づくりに着手した。当時の世話人は、四方平蔵・西村文右衛門・西村庄太郎・西村弁太郎・四方与平治・四方祐助・四方伊左衛門・中村竹蔵・竹原房太郎・西村喜市・四方甚之丞甚之丞の「丞」は底本では「亟」が使われているが本テキストでは便宜上「丞」を使うことにする・四方安蔵・四方すみ・塩見じゅん・四方与平・四方藤太郎・村上清次郎の一七人であった。この世話係りは、ほとんどが農民で、綾部周辺に住み、開祖からおかげをうけた人たちであった。
 まず教会の名称は、艮の金神の金の字を頭にとり、日の大神、月の大神の日月を合わせて金明会と命名された。つぎに、開祖を教主とし、上田喜三郎が会長となることに同意をもとめ、数人の役員をおいた。こうして金明会は、少人数ではあったが、神徳あらたかな教団として出発することになった。
 本宮の金光教会側は、開祖が裏町へ移るようになって以来、次第にさびれかかっていたところへ、上田の登場によって金明会がはじまると、ますます衰退してゆくようになった。思いやりの深い開祖は、教会長の足立の境遇を気の毒に思い、小遣い銭やお米をおくったりもした。上田はかねてから、足立を金明会の幹部に迎えようと考えていたが、他の役員は、足立が金明会の幹部になることには反対であった。そこで、上田は「私は足立に対して済まないから、ここを去りたい」と役員に申し出た。それまでの上田の厚意にたいしてどこまでもつっぱることができず、役員もやむなく承知して、「上田先生に一任します。上田先生にはぜひとも教主様のおそばにいてもらいたい」ということになった。こうして役員たちは、足立を金明会の副会長として迎え入れた。
 上田は金明会の組織づくりをすますと、開祖のもとで、ただちに、霊学をもって宣教活動に専念することになった。
〔写真〕
○金明会の辞令 p181
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→