霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

立替え立直しの切迫

インフォメーション
題名:立替え立直しの切迫 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:232 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1623
 一九〇〇(明治三三)年を世の切り替えの時期とする筆先がでたのにつづいて、翌一九〇一(明治三四)年の末には「明治三十四年でさっぱり世の立替えになるぞよ」(明治33・旧9・24)とか、「明治三十四年絶命ざ」(同・旧10・19-新12・10)との筆先があった、この年を立替え立直しの年とされていた。すなわち、切迫感はいっそう深められたのである。筆先によれば、日本の対外的危機にもかかわらず、人々が日本魂(やまとだましい)を喪失して、外国の獣類の魂になりきっているからこそ、神が表面に現れて、世を立替え立直さねばならないということになる。日本の対外的危機の切迫が、日本魂の喪失によるとされ、日本の国家的危機や体制の矛盾などの問題を、神の出現と人々の改心の問題に結合されてゆく点に、この時期の大本思想のひとつの特質がみられよう。この結合によって、日本の対外的社会的危機が迫れば迫るほど、信者たちは、それにきわめて敏感に反応して、ただちに人々の根本的改心-立替え立直しをすることが必要であるととらえていたのである。
 元伊勢お水のご用と出雲火のご用は、世の立替え立直しのための大本のいわゆる「型」として示されたものであり、大本史上重要な意義をになうものであった。そして天津神系でありながら、さして政府が重要視しなかった丹後の元伊勢の水、ならびに日本神話のうえで独自の位置をもつ国津神系の代表的存在である出雲大社の火がご用のなかに登場してくるのも、神を表にあらわす大本のしぐみよりいって、わが国の宗教史上に注目すべきものがあった。穢れと浄めとの思想は日本の伝統的な宗教観念に強くみられるところで、清らかな水と火は、もっとも強い清浄化の力をもっているとされており、人間の肉体や外界の事物を水と火で清めることと、邪心を除いて心を清らかにすることは不可分であるとされていた。「元伊勢の産水は昔から変わらん産水である」(明治36・5・1)し、出雲の火も昔から消えたことのない神聖な火で、どちらももっとも清らかなものであり、世界を清めることのできるものとされたところにもその一班が見出される。筆先によれば、「世界の水は一たいらに泥水」(明治36・5・19)であり、その泥水のなかに住んでいる人々は、すこしも自覚していないが、身体のすみずみまでも泥にそまって、強いものがちの、けがれきった世の中をつくっているのであるから、この神聖な水と火とで世界を洗い清めなければならない。だからこそ「水晶のお水を頂きて、綾部の屋敷の内には、その結構なお水で身魂の洗濯を日々いたしておるのじゃぞよ。女島と男島との間にも、このお水を少しそそいであるが、このお水が世界中へ回りたら、ポツポツと大望を始めると申してあるが、もう回りたから、これからは世界に何があろうやら知れん」(明治36・旧5・19)とされるのであった。元伊勢へゆくちょうど一ヵ月以前に、「今年は絶命の世の立替えになりたから、丹後の元伊勢に参拝致してくれねばならんぞよ」(明治34・旧2・6)という筆先がでているように、そうした強い終末観がこれらの出修をささえていたことも見逃せない。
 一九〇一(明治三四)年にはいると、つぎつぎに綾部に移住してくるようになった。そのなかには野崎宗長・田中善吉(以上京都)・四方与平らがいた。かれらはまもなく天地がひっくりかえり、上下の「運不運(うんぷ)」がなくなると素朴に信じこみ、立替え立直しの切迫感に動かされて、家業を放棄し移住してきたのである。こうした綾部の空気を反映してか、出雲まいりののちには、役員のなかにも、大望がでてこぬと不足をいうものがでてきた。会長は参拝後の大本を〝神界の経綸漸く完了し綾の聖地に神気漲ぎる〟とうたっている。
〔写真〕
○一九〇一-明治三四年のふでさき とぼしびのきえるよのなかいまなるぞ さしそえいたすたねぞこいしき こんりんざいのかなわん いまがかわりめであれども よおたてかえて ひろきよにいたすぞよ むかしのもとのふるきよのかみのひかりのてるよになりたぞよ p233
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
8/6王仁DB王仁DBの「書誌リスト」は廃止しました。オニペディアの「書籍」カテゴリをご利用下さい。
8/2霊界物語音読第28~32巻の朗読をユーチューブにアップしました。
7/20飯塚弘明.com二年前にメルマガに連載した「世界大家族制とベーシックインカム」を加筆訂正してブログに掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→