霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

救いの教義

インフォメーション
題名:救いの教義 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:266 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1712
 明治三〇年代における会長の教説は、前記の各著作によって、ほぼその内容をうかがうことができる。会長の役割とその真意を理解できなかった役員らの圧迫によって、内外の活動を大きく制約されながらも、そのなかで心血をそそいで書きつづられた会長の教説には、のちの大本の発展に、多大の寄与をなすものがあった。それらの著作によって、筆先における神観や教理が平易に解説されてきた。その教説にみられる瑞の霊の神業-救世の神の教義づけなどには、とくに大本の独自性がよりよく発揮されている。
 これらの著作は、役員らの誤解と妨害のなかで述作されたものであったが、それでも会長は「王仁は常に此等の役員信者の罪をゆるされんことを日夜神に祈りつつ、あまたの人の罪に代りて、ちくらのおきどをおひてたゑしのびたりき」(『道の大本』)という瑞霊の自覚にたって、その罪をあがなわんとした。
 このころから教説のなかで「厳霊」「瑞霊」のことばが、しだいに多く用いられてくる。宇宙の大本神が父神・母神としてあらわれ、父神のはたらきをされる至厳至直の神を「厳霊」といい、母神のはたらきをされる至仁至愛の救いの神を「瑞霊」とよばれているのである。
 いわれるところの瑞霊の神業とはなにか。「昔の神代めぐり来て、元の神代に立帰り、瑞の御霊を天より降し玉ひて、三界の消息を説き明かさしめ給ふ」(『道の栞』1)とあり、「此悪しき世を、松の世、神世となさん為めに天より瑞の御霊を降し給へり」(『同上』3)とあって、「天の岩戸」のなかに隠れませる厳の霊を「審神するものは、瑞の霊であり」、「此二つの御霊揃ひて守るときは、如何なる事もなり遂げざる事なし」とされる救世の霊であった(『同上』3)。こうした厳の霊にたいする瑞の霊の神業観は、『古事記』や『日本書紀』における須佐之男命(素盞嗚尊)にたいするあらたな解明にも示されている。「古は、此世の救主として瑞の御霊速素盞嗚天使(はやすさのおのかみ)が現われたまひて、天津罪、国津罪、許々多久の罪穢を御身独りに引き受け、世界を救ひたまうたのである。其の有難き情の深き吾等の救主たる事を知らずして、素盞嗚尊を猛悪なる天使(かみ)と思ふものは実に罪深き恐れ多き事である。此の神は、今も役神にして人の災難を救ひ給ふ神である」(『道の栞』1)。こうしたあがないの神・救世の神としての素盞嗚尊観は、国家神道の解説などには見出しえないものであり、わが国宗教史上においても注意をひくものがある。したがって「瑞の霊は此の世の罪穢れを救ひて、大神へお詫びをする苦労の深い御魂」(『同上』)であり、「瑞の御魂と申して頼めば信さへとどけば」いかなる罪もあがなわれる神格となる(『同上』)。「瑞霊は此の世とあの世の助け船、心も身をも任せなば、ひっくりかへる案じもなしに、神の国へと救はれる」(『同上』)のである。こうした教理は、『道の大本』にも随所にとかれており、「みづのみたまの大神のあまねく世の中のつみけがれあやまちをそのみにあがなひ、またもろもろのわざわいをしりぞけたまふおんよりおほいなるはあらざるなり」(『道の大本』2)とか、「みづのみたまの大神あめよりくだりて、あらゆる世の中の罪を洗ひけがれを清めんとてあまつ神のみむねのまにまに、この大本教をひらきはじめ玉へるなり」(『同上』8)とかの教理にも明確に示されている。そうしてその瑞の霊が、会長のこころのうちに、天降ったとする自覚が、一九〇四(明治三七)年の四月八日を機として、にわかにたかまってくる。このことは『道の大本』の第六巻に「王仁、神の愛によりて生れくさぐさの苦しみ、なやみ、さまたげ、はづかしめにあいてよくしのびたり。依りてあめより茲に明治三十七年四月の八日、初めて瑞の宮居と定められ、世界を救ふ為に千座置戸を負いて立てり」と書かれ、翌日に「神夢」があったとされ(『道の栞』1)、さらに「王仁のこころのうちにみづのみたまあまくだりて、あまねくよのひとをすくはせたまふ」(『道の大本』2)という認識へとたかまった。上田会長がのちに、「瑞霊真如」というにいたるのも、そのことによってである。
 こうした「瑞の霊は神代の昔、天津罪国津罪の贖ひ主となり給ひしが、二度此の世に来りて罪人の贖ひ主となり玉へる」(『道の栞』4)という神観の展開となった。
〔写真〕
○北東出現厳霊神 出口聖師筆-紙本着色(239センチ×145センチ) p268
○南西出現瑞霊神 出口聖師筆-紙本着色(236センチ×148センチ) p269
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
8/6王仁DB王仁DBの「書誌リスト」は廃止しました。オニペディアの「書籍」カテゴリをご利用下さい。
8/2霊界物語音読第28~32巻の朗読をユーチューブにアップしました。
7/20飯塚弘明.com二年前にメルマガに連載した「世界大家族制とベーシックインカム」を加筆訂正してブログに掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→