霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

盧占魁の経歴

インフォメーション
題名:盧占魁の経歴 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:725 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c4322
 盧占魁は、チャハル省豊鎮のうまれで、当時三九才であった。彼が活躍しはじめたのはかなりはやく、古く辛亥革命のとき、盟友バブチャップ(巴布札布)とともに庫倫によって清朝をたすけ、再興の軍をおこした。バブチャップは蒙古人であり、日露戦争の際には「義軍」をおこして日本軍に協力したといわれている。しかし清朝再興のくわだては破れ、盧は帰化城にひいたが、政府軍に招撫された。ついで一九一六年、ふたたびバブチャップが軍を南満にうどかすと、盧はふたたびこれに参加した。この軍事行動も清朝の再興をめざしたものである。そしてその裏には、日本軍部や満州浪人のあとおしがあった。いったいに、日本軍部による満蒙分離の政策はかなりさかのぼる。満州を日露戦争によって手にいれたとはいえ、まだそれは日本の完全な植民地ではない。満州は中華民国の領土であり、日本は種々の権益をとったにすぎない。だから、日本軍部は再三にわたって、満蒙を中国領土から分離させて、「独立」の植民地にしたてあげようと画策していた。その第一のチャンスが辛亥革命であった。そしてその後、第一次満蒙独立運動、さらに第二次満蒙独立運動とくり返しその画策がなされたが失敗におわった。盧の軍隊はそれらの画策にはつねに主要な役割をはたしていた。しかし第二次独立運動の挙にやぶれた盧は、五原で阿片の栽培などをおこなっていたが、中央政府軍におわれ、陜西にはいって土匪となった。ここで、陝西精国軍が組織されたさいに招かれて、耀州・同官・宣順の三県をえ、長安に依拠して、中央討伐軍に対抗したがふたたびやぶれ、常備軍に編入された。一九二一年のころ、雲南の葉荃とともに、四川省にはいって四川軍を組織し、ついで唐継堯(とうけいぎょう)のすすめで雲南におもむき、のち広東の孫文と合した。しかし、孫文と行動を同じくすることができず、天津に閑居し、こんどは張作霖と手をにぎった。そして第一次奉直戦争がおこると、帰化城を根城として三特別区で直隷派に対抗した。こののち、奉天にうつった盧は、張作霖の諮議として月俸三五〇元を給されていたという。こうした経歴をもつ盧占魁と王仁三郎の間に連絡をつけたのは、のちにのべるように矢野祐太郎と岡崎鉄首であった。
〔写真〕
○盧占魁とその子たち 盧の仮寓にて p726
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
8/6王仁DB王仁DBの「書誌リスト」は廃止しました。オニペディアの「書籍」カテゴリをご利用下さい。
8/2霊界物語音読第28~32巻の朗読をユーチューブにアップしました。
7/20飯塚弘明.com二年前にメルマガに連載した「世界大家族制とベーシックインカム」を加筆訂正してブログに掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→