霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

日本の敗戦

インフォメーション
題名:日本の敗戦 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:715 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195402c7111
 一九四五(昭和二〇)年八月一五口、日本はついにポツダム宣言を受諾して、連合国に無条件降伏した。第二次世界大戦は、この年五月のドイツの崩壊につづく日本の敗北によって、ここに終結をみた。
 日本は、前にものべたように、一九三七(昭和一二)年七月、日中戦争によって中国への本格的な軍事侵略を開始し、一九四一(昭和一六)年一二月には、(ワイの真珠湾を奇襲攻撃して太平洋戦争に突入した。日中戦争から終戦にいたる八年間、日本の軍部・政府は、国民から、思想・言論・信教の自由をうばい、国民生活を統制・圧迫して戦争体制を強化し、敗戦の泥沼へとおちこんでいった。アメリカ、イギリス、ソ連は、一九四五年の七月に、三国共同でポツダム宣言を発し、日本軍国主義を打倒して無謀な侵略戦争を終結させ、日本を、平和を受好する民主主義国家として再建する意図を表明していた。これは、平和をもとめる全世界の人民の願望を反映するものであり、その第一〇項には「……日本国政府(日本国国民ノ間ニ於ケル民主主義的傾向ノ復活強化ニ対スル一切ノ障礙ヲ除去スベシ。言論、宗教及思想ノ自由並ニ基本的人権ノ尊重ハ確立セラルベシ」とのべられていた。
 日本の戦争指導者たちは、軍事的破局に直面しながら、ポツダム宣言の受諾による権力の崩壊をおそれ、日ごとに増す国民の犠牲をよそに、なおも絶望的な抗戦をつづけた。しかし、八月六日広島に、つづいて九日長崎に、人類史上最初の原子爆弾攻撃がおこなわれ、ソ連が参戦するにおよんで、日本政府はついに無条件降伏にふみきった。天皇は八月一五日、戦争の終結を全国民にみずから放送し、政府は「国体の護持」すなわち天皇制権力の温存が、連合国との間の諒解事項であるかのようないつわりの宣伝をくりかえした。八月三〇日、連合国軍最高司令官マッカーサー元帥が厚木飛行場におりたち、九月二日、東京湾にうかぶアメリカ戦艦ミズリー号上で降伏文書の調印がおこなわれた。
 天皇の名のもとにおこなわれた、ながい悪夢のような戦争は、こうしておわりをつげた。太平洋戦争の主戦場となった中国大陸、東南アジア、太平洋諸島には、流血と破壊の惨禍がもたらされ、多数の住民が殺傷された。戦争の遂行が、同時に、日本国民じしんにも痛苦と惨禍をもたらしたことは多言するまでもない。太平洋戦争の三年九ヵ月のあいだに、一五五万五〇〇〇人余の日本軍将兵が戦死しており、国内においても空襲によって、敗戦の年の三月から八月を中心に、京都・奈良をのぞく全国の主要都市が破壊され、全国の罹災者は約一五〇〇万人、東京都のみで、死者一五万人におよんでいる。さらに、降伏直前におこなわれた原爆攻撃は、一瞬のうちに広島・長崎を廃虚と化し、広島で約二〇万人、長崎で一二万二〇〇〇人(日本原水協専門委員会『原水爆被害白書』)の市民が業火のいけにえとなった。そればかりではない。こののちなかく、生きのこった被爆者の生命をもおびやかし、国民のにふかい傷あとをのこした。
〔写真〕
○平和がよみがたった この惨劇をくりかえしてはならない 原爆ドーム p715
○美しかった日本の国土もやけただれ戦争の傷あとがなまなましかった p716
○昭和20年12月8日 ついに大本は立ちあがった 綾部彰徳殿での大本事件解決奉告祭 p717
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
3/15オニペディア出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました!
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→