霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

占領下の日本民主化

インフォメーション
題名:占領下の日本民主化 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:717 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195402c7112
 連合国軍は、日本の降伏直後から進駐を開始し、降伏文書が調印された九月二日には、東京に連合国軍総司令部(GHQ)を設置した。連合国軍の日本占領は、実質的には、マッカーサーを最高司令官とするアメリカ軍の単独占領であり、天皇および日本政府の権限は、最高司令官に従属するものとされた。占領軍は軍政による直接支配を避け、日本政府をつうじて、占領の目的たる軍国主義の除去と民主化を実施する形をとった。アメリカは、すでに戦争末期から、戦後の国際政治の主導権をめぐって、ソ連との対立激化を予想していた。そのため、アメリカ軍の日本単独占領は、全世界の民主主義勢力の要求にもとづく日本民主化という目的とともに、極東におけるアメリカの戦略的地歩を確保する目的をもつものであった。こうして、占領軍による日本民主化は、占領当初には、日本における民主主義の前進におおきな成果をもたらしつつも、結果としては、アメリカの国家的利益に従属し、国際情勢の推移にともなうアメリカの世界戦略の変転に、つよく制約される状況をかたちづくった。占領軍をむかえた日本では、敗戦にともなう空白と混乱を収拾するために組織した皇族首班の東久邇内閣によって、旧来の支配体制の温存を画策した。支配層は、日本の「赤化」防止と占領軍への協力を強調することによって、本質的な民主化を阻止できるかもしれないと判断していたのである。
 九月二七日、天皇はマッカーサーをGHQに訪問した。各新聞はこのニュースを、マッカーサーと天皇がならんでいる記念写真とともに報道したが、内務大臣は、これは不敬にわたるものとして掲載紙を発禁にしようとした。このため占領軍は、ただちに新聞・通信の自由にたいする一切の制限の除去を指令した。つづいて一〇月四日、占領軍は「政治、信教並に民権の自由にたいする制限の除去」を指令し、治安維持法・宗教団体法の廃止、政治犯等の釈放、特高警察の廃止、天皇批判の自由を実現した。これは、軍国主義のもとで日本国民にくわえられてきた、ファッショ的な弾圧の体制を一掃する措置であった。この指令は、支配層がいだいていた占領政策にたいするあまい期待をうちくだいた。
 東久邇内閣は総辞職し、一〇月九日には幣原内閣が成立した。同月一一日には、占領軍は、幣原内閣にたいして、婦人解放、労働者の団結権の賦与、教育の自由主義化、圧制的・専横的諸制度の廃止、経済機構の民主化を内容とする、いわゆる五大改革を指令した。一九四六(昭和二一)年にはいると、民主化の指令は、いよいよ具体化してきた。軍国主義者の公職追放、極端な国家主義団体の解散、戦争犯罪人の逮捕と追訴がおこなわれ、日本の民主化におおきな意義をもつ農地改革と財閥解体が開始された。敗戦直後の国民は、破局的な様相を呈している生活の荒廃のなかで、嵐のような民主化の進行をむかえた。戦災によって生産設備はほとんど麻痺し、敗戦の年の米の収穫は、三九一四万石余のひどい凶作であったうえに、供出は予定量の二三%にすぎなかった。都市では食糧不足がいよいよ深刻化した。「現金五〇〇円」の生活下で、米一升の闇値が一〇〇~二〇〇円と暴騰し、配給は遅配・欠配が慢性化した。配給量は一人一日あたり一二〇〇カロリーにまで低下したが、これは、成人の最低必要量の二分の一であった。冬になると、そのためほとんどの国民が栄養失調にあえいだ。東京では連日餓死者が続出した。敗戦によって海外にとりのこされた将兵・民間人は七三〇万人余におよんだが、外地からの引揚げによって食糧事情はますます悪化した。
 だが、混乱と虚脱のなかにも、あたらしい民主主義日本のあゆみははじまっていた。占領軍の民主化指令によって、ながい天皇制支配から解放された国民の間では、革新政党が組織され、労働組合がつぎつぎに結成された。敗戦翌年の一月には労働組合員の数は、はやくも約九〇万人にたっしている。労働組合を中心に結集された民主勢力は、物価の急上昇、食糧不足を打開するため、賃金引上げと食糧危機打開の闘争を展開した。そうした情勢のなかに、民主主義にたいする啓蒙活動や進歩的な文化運動がそだっていった。
 しかし、労働組合の結成を奨励し、民主化の措置をつぎつぎに命令した占領軍は、同年四月の戦後第一回の総選挙、復活したメーデー、食糧危機突破の人民大会等にしめされた民主勢力の急激な発展にたいして、民主勢力の胎頭を抑制する態度をとりはじめた。一九四七(昭和二二)年一月、占領軍は二・一スト禁止を命令して、にわかに労働運動の抑圧と反共の姿勢を露骨化した。同年三月には、トルーマン米大統領は、共産主義封じこめ政策を表明して、米ソの対立は緊張の度をくわえた。こうして、占領軍によってあたえられた日本の民主化は、占領体制の維持のために、上から進行をおしとどめられ、支配層をもりたててゆく占領政策がしだいにめだってきた。
〔写真〕
○平和がよみがたった この惨劇をくりかえしてはならない 原爆ドーム p715
○美しかった日本の国土もやけただれ戦争の傷あとがなまなましかった p716
○昭和20年12月8日 ついに大本は立ちあがった 綾部彰徳殿での大本事件解決奉告祭 p717
○日本占領管理機構 事実はアメリカの単独占領であった p718
○闇市の横行 しかし民衆の生活手段でもあった p719
○遅配 欠配がつづき人々は食をもとめて農村へ殺到した p720
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→