霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(二)引掛戻の仕組

インフォメーション
題名:(二)引掛戻の仕組 著者:井上留五郎
ページ:153 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B116500c112
 「大本の経綸(しぐみ)引掛戻(ひっかけもどし)の仕組であるぞよ」と神諭に明示してあるくらいでありますから、信者のほとんど総てがこれを体験しているところであって、大本においても大本事件、奥津城改築神殿取毀(とりこぼち)、大正日日新聞関係、ご結婚問題等その他いかに引掛戻しが続出しつつあったかは周知のところであります。ヤハリ今後もこの点について覚悟しておらねばならぬのであります。
 さて何のため引掛戻しが来るのであるか、それには大略左の四通りの意義があるのであります。

一、罪障(めぐり)借銭済(しゃくせんなし)
「世が悪の世にひっくり返りておりたから、世界の人民がよいと思うてやりたことがめぐりを積むことばかりで、われには何も判りはせんし、太古(むかし)からの霊魂(みたま)宿業(しゃくせん)というものは、一代や二代のお詫びをしたとてかなわんなれど云々」
と御神諭に示されておる通り、吾々の身霊(みたま)には実に沢山の罪障(めぐり)を負うているのであるが、しかし今度は世の切り替えであるから、改心して神様に縋りさえすれば帳消しにして頂けるのであります。また
「人間界では何ほど立派な誠の人民でも、昔からの霊魂(みたま)罪咎(めぐり)があるから、今度の御用は苦労の固まりで、昔からの霊魂(みたま)の帳消しを致して、水晶の元の霊魂(みたま)にいたして御役に立てるのであるから、誰も慢心のないものはないから、九分九里まで取違いを致して、結構な御用を取外すから、それで筆先を十分腹の中へしめ込みておりて下されと申すのであるぞよ。今度の世の立替に間に合う身魂ほど、苦労が授けてあるぞよ。苦労無しには何事も成就いたさんぞよ。この大謨(たいもう)な御用を致さす因縁の身魂が、何事もスット思うように行たら、途中から邪魔が這入(はい)りて物事成就いたさんから、この大本は月の形の御簾(みす)の中、日に日に変わる仕組が致してあるぞよ。大本の経綸(しぐみ)は引掛戻しであるから、あまりトントン拍子に行きよると、また後へ戻すから、その覚悟でおらんと辛うてこばれんから、ここを貫ぬく身魂でないと、三千年余りての仕組の御用には使わんぞよ」
と信じされておりまして、要するに引掛戻しは大歓楽の来たる前兆であって、また一方大難を小難に祭りかえて頂く御恵(みめぐみ)でありますから、考えてみると
「心配が出来てもこれも御神徳(おかげ)であると善き方に取りて、神の申すように致せば、心配が楽しみになりて、何事も善く変わりて来るぞよ」
とのご神意も明らかに会得が出来、感謝の念が自ら湧き出して来るわけであります。

一、試験及び鍛錬
「役に立つ身魂と見たら、一旦は谷底へ突き落とすぞよ」
「苦労の(かたまり)の花の開くのであるから、引掛戻しで、チットも見当が取れんように仕組であるから、皆が辛からいたなれど、そこをこばりて凌いで来んと誠のことは出て来んから、種々(いろいろ)と致して練りたが、因縁のある身魂(とど)めは結構であるぞよ」
と御神諭に示されておりますが、試験的事変に逢うても落伍さえせねば、神様の御恵みはヤガテ水火(すいか)も侵すことの出来ぬ身魂に鍛錬されて行くことになるのであります。

一、合わせ鏡
 帰幽者ありたる場合、ことに一旦信仰に()りしものが国替すれば、前述の意義に併せて合わせ鏡即ち精霊(みたま)幽助(ゆうじょ)の下に、顕幽一致の働きがより以上に出来るのであります。霊界物語に説示してある如く、帰幽者は信仰の程度いかんにより直ちに天国に上るか、或いは中有界(一名浄罪界)にて一定期間の贖罪(とくざい)的修業を経て後、各自所主の愛により、それぞれ天国に上るのであります。中にも大本信者は地の高天原の霊界即ち最奥天国霊国に安住すべき因縁を有し、ここへ上がったものは大出口神(おおでぐちのかみ)の直接間接のご指揮の下に神業に奉仕しているのであって、その関係は現界において聖師様の下に我々が御用を勤めているのと何の変わりはありませぬ。従って内面的には帰幽者と絶えず相応していることとなるから神業奉仕の上にはもちろん一身一家に対しても非常に便宜を得ることとなるのであります。そして現界におる人々の身魂が向上すればするほどこの関係が密接となり、後には明らかに生前通り同居団欒していることが判るとのことであります。生死は、一つは因縁上定まっているのであって、結局(つまり)これを善用して頂くことになるのであります。

一、霊界における御経綸
 これは大部分は幽界(中有界、地獄)に群居せる各精霊に対する御経綸であります。即ち一方その改心帰順を促さるる御神策であり、一方御神業の妨害を防止さるるためのご摂理であることは、御神諭ことに霊界物語に詳述されているところであります。御神諭に
「この大本はまだまだ良くならぬが、良くなりかけたら、この中の一切の事を心配り致さんと、怠惰(なまけ)ものが集まりて来て、結構ばかり待ちて、人の苦労で徳を取ろうと致して、大本を喰物(くいもの)に致す守護神やら、悪神が出て参るぞよ。出口直の血筋をねらうて、悪神の(かしら)がかかりて来て、大本の一輪の仕組を横奪(よこど)りに来るぞよ。来て見て目的が立たぬと見たら、出口直を悪く申して引き裂こうと致すから、その覚悟を致してござれよ」(明治三十一年七月十六日付)
「……変性女子は(はた)(よこ)の御用であるから、さとくが落ちたり糸が切れたり、いろいろと()の加減が違うたり致して、何かの事がここまで来るのには、人民では見当の取れん経綸(しぐみ)がしてあるから、機織(はたお)る人が織りもってドンナ模様が出来ているか判らん仕組であるから、出来上がりてしまわんと、誠の経綸(しぐみ)が判らんから、みな御苦労であるぞよ。霊が変化(へんげ)て致さな出来ん仕組がしてある故に、えらい心配をみなさせたなれど、もう何かの準備が立ちたから、この先はよく判るようになりて来るぞよ。これまでには判りたら、邪魔が侵入(はい)りて、物が出来(しゅったい)が致さんから、九分九厘までは何も開明(わけ)ては言われん大事の仕組であるぞよ。言わんから判らんなり、判らんから疑うて敵に取りて来るなり、言えば肝腎の仕組の邪魔になるなり、出来上がらんと天晴れ言うてはならず、辛い仕組であるから各自(めんめ)に心を磨いたら、神の御蔭は心次第の事をしてやるから、神の心を推量致して仲良く御用を勤めて下されよ。ほどなく実地を始めるから、そうなりたら、守護神も人民もえらい経綸(しぐみ)がしてありたと、皆が申して吃驚(びっくり)を致すなれど、大成(しあが)るまでは智慧でも学でも判りはせんぞよ。深い経綸(しぐみ)であるぞよ。筆先を充分読みて、世界を見ておると、筆先通りが出現()て来るなれど、筆先の読みようが足らんと、肝腎の事が判明(わから)んぞよ。大本の経綸(しぐみ)は守護神ではわからんこと、神にも仏事(ぶつじ)にも人民にも、今度の二度目の世の立替の事は、判らんのであるから、我れの事さえ判らんような神に世の立替が出来そうな事はないぞよ。云々」(大正五年旧九月五日付、索引参照)
と示されてありまして、大本に起こる種々の引掛戻しもまたこの実現にほかならないのであります。この霊界における御経綸は吾々個人に取っても内面的(吾々の精霊は霊界に所属しているから)には大関係を有するのであって、かの下らぬ神懸りとか或いは信仰の動揺を来さしむる種々の誑惑等はみなこれに属するものであります。この種の引掛戻しにはかからぬよう注意せねばなりませぬ。
 以上述ぶるところを一括して云えば、引掛戻しは、
一は、現界的であって、物質的及び肉体的御経綸として来たり、間接に信仰の上に大関係を有すること。
一は、霊界における御経綸として来たり、内面的には現人の精霊と直接の関係を有することでありまして、何分三界に亘る大御神業に参加し、舎身活躍の大々的奉仕をせねばならぬのであるから、水も漏らさぬ御経綸の下に、どこまでも身魂の修養をさせらるる御恵(みめぐ)みであります。

   
オニド関連サイト最新更新情報
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
3/15オニペディア出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました!
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→