霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

情歌

インフォメーション
題名:情歌 著者:月の家和歌麿(出口王仁三郎)
ページ:11 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2018-04-08 02:52:09 OBC :B118800c04
001(ぬし)の心は大堰(おほゐ)早瀬(はやせ)
002水の出るたびよく(かは)
003浮名(うきな)(なが)した(かつら)の川に
004()ける紅葉(もみぢ)の色(あか)
005月と花との(あらし)の川に
006かけて(わた)した渡月橋(とげつけう)
007秋の青空(あをぞら)たちまちしぐれ
008はれてあとなき(ぬし)(むね)
009私やみ(やま)におひたつすすき
010さはつてくれなよ手がきれる
011(ゆめ)かうつつか今日(けふ)此頃(このころ)
012(みみ)(きこ)えず目もかすむ
013(とし)がよつたとて見すててくれな
014枯木(かれき)神代(かみよ)の花が()
015独身(どくしん)女がのろけを聞いて
016よだれふいてるハンカチーフ
017五十六十は鼻垂(はなた)小僧(こぞう)
018男盛(をとこざかり)八九十(はつくじふ)
019(しわ)出来(でき)ても心配(しんぱい)するな
020しわは三十二の花盛(はなざか)
021夜は()かさず朝から(おこ)
022ほんに(うら)めしこのおやぢ
023重宝(ちよはう)天窓(たま)(しらみ)もわかぬ
024()さへ(あき)れる(はい)すべり
025(こひ)()()く心は赤い
026白い黒いは(かみ)()
027はがき便(たよ)りはちと水くさい
028私の心を()まぬ(きみ)
029私や()ひしい千里(せんり)(きみ)
030秋の長夜(ながよ)(ゆめ)を見る
031(きみ)姿(すがた)(つき)(ゆき)(はな)
032人が見たがる(こひ)しがる
033(きみ)はすげなく仏蘭西(ふらんす)(ゆゑ)
034目には亜米利加(あめりか)袖涙(そでなみだ)
035(ぬし)はつれない蒙古(もうこ)(そら)
036いつも(なみだ)の雨もない
037(ぬし)と私は月宮殿(げつきうでん)
038仁王(にわう)さんかよさし(むか)
039(きよ)(なが)れの(そこ)さへ()らぬ
040私やあなたを(おも)ひ川
041(あぢ)なあなたのお言葉(ことば)きいて
042私や一入(ひとしほ)まよひます
043(うれ)しがらせて私を(かへ)
044あとのあなたが気にかかる
045(そと)にすく人あるかと(おも)
046(はな)れともない(ぬし)のそば
047有頂天(うちやうてん)まで(のぼ)らにやおかぬ
048私や鯉路(こひぢ)(たき)のぼり
049(わら)ふたお(かた)にこれ見よがしと
050二人の写真(しやしん)郵送(いうそう)する
051浮世(うきよ)ばなしに本音(ほんね)をふくも
052()れた(よわ)みの(こひ)(あだ)
053(くろ)いおもてに白粉(おしろい)つけて
054かがみながむりや(すみ)(ゆき)
055(きみ)(ため)なら水火(すゐくわ)の中も
056いとやせんぞへ(のち)(ため)
057(いろ)(しろ)うて四(かく)でやはい
058(まめ)なあなたはおかべさん
059汽車(きしや)見送(みおく)美人(びじん)見惚(みと)
060(まど)であたまをうつの(みや)
061(ぬし)と私は二股(ふたまた)大根(だいこん)
062(ふゆ)をしのんで花()かす
063(ひる)はしやんしやん(よひ)から(ねむ)
064(ぬし)はあかしや気が(おほ)
065花のお江戸(えど)(われ)待つ人は
066野郎(やらう)ばかりで気がのらぬ
067汽車(きしや)(まど)からふるハンカチで
068(わか)()しさの(なみだ)ふく
069冬の田の()青々(あをあを)見える
070あれは屁種(へだね)葱畑(ねぎばたけ)
071(しわ)のある人しんから()きよ
072四八(しわ)三十二(さんじふに)の花だもの
073(まど)(なが)めて待つ(きみ)(おも)
074特急(とくきふ)列車(れつしや)ももどかしい
075小野(をの)小町(こまち)照天(てるて)(ひめ)
076人の花なら()ひしうない
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。