霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

〔三〕神武天皇高佐士野行幸と神沼河耳命之段

インフォメーション
題名:〔三〕神武天皇高佐士野行幸と神沼河耳命之段 著者:出口王仁三郎
ページ:61 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121805c104
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年12月1日号(第132号) > 皇典と現代(三)
   (上)神武天皇と伊須気余理比売
 『於是(ここに)(なな)媛女(をとめ)(たか)()()()遊行(あそべ)る。()()()()()()()()(なか)()りき。(すなは)(おほ)久米(くめ)(のみこと)()()()()()()()()()て、(うた)()天皇(すめらみこと)(まを)しけらく、
   (やまと)の、(たか)()()()を、(なな)()く、媛女(をとめ)(ども)(たれ)をし()かむ』
 (なな)媛女(をとめ)()ふは、()神諭(しんゆ)に七(にん)(をんな)といふ(こと)(しめ)してありますが、(えう)するに七(にん)乙女(をとめ)()(こと)(なな)地成(なな)()で、乙女(をとめ)言霊(ことたま)は、
 は、(おこ)(なり)(たっとき)(なり)(たか)(なり)(てん)(くらゐ)にして、親音(しんおん)なり。
 は、(とどろく)(なり)(とく)(なり)(もと)(なり)(ひと)(なり)(まへ)(なり)(すみやか)(なり)(をのこ)(なり)水中(すゐちう)()(なり)
 は、正中(せいちう)(つかさど)(なり)()(なり)(よね)(なり)(めぐる)(なり)下知(げち)(なり)
 (これ)を一(ごん)(つづ)めて()ひますと、(てん)()しまして、(たか)(たふと)御魂(みたま)(かみ)で、(おや)(くらゐ)(たも)(たま)ひて、(だい)地球(ちきう)(つつ)(まも)り、()()(おこ)(たす)け一(さい)(おほ)(もと)となり、(ひと)(をし)(みちび)き、天下(てんか)大勢(たいせい)(かい)し、(しう)(さき)んじて(もっ)万世(ばんせい)(をさ)(かた)(あきらか)にし、万事(ばんじ)()(ゆき)(とど)く、水中(すゐちう)火霊(くわれい)(すなは)変性(へんじゃう)男子(なんし)女姿(にょし)男体(だんたい)真人(しんじん)にして宇宙(うちう)正中(せいちう)(つかさど)り、回天(くわいてん)大業(たいげふ)()し、四(はう)神教(しんけう)下知(げち)し、()大名(たいめい)遠近(ゑんきん)(とどろ)かす神女(しんにょ)()(こと)である。(ただ)(たん)オトメ()(とき)は、妙齢(めうれい)(をんな)(こと)であるが、ナナオトメ(なら)(とき)は、オトメ言霊(ことたま)非常(ひじゃう)なる相違(さうゐ)があります。大地(だいち)修理(しうり)固成(こせい)する(こと)(なな)()ふので、丁度(ちゃうど)国祖(こくそ)(おほ)国常立(くにとこたち)(のみこと)()神業(しんげふ)表現(へうげん)である。(また)オトメは、(いも)(ひめ)といふ(こと)にもなり、(あね)(ひめ)天照(あまてらす)大神(おほかみ)(たい)して、(いもうと)(ひめ)若姫君(わかひめぎみ)(のみこと)(あた)るのであります。変性(へんじゃう)男子(なんし)御魂(みたま)が、半分(はんぶん)国常立(くにとこたち)(のみこと)で、半分(はんぶん)御魂(みたま)若姫君(わかひめぎみ)(のみこと)であるぞよと、神諭(しんゆ)(しめ)されあるは、今日(こんにち)(わが)(くに)神界(しんかい)()ける惟神(かむながら)真道(まみち)弥広(いやひろ)(おほ)出口(いつき)(くに)直日(なほひ)(ぬし)(のみこと)(あた)るのであります。現代(げんだい)は、(なな)媛女(をとめ)出現(しゅつげん)して、皇祖(くわうそ)皇宗(くわうそう)()遺訓(ゐくん)天下(てんか)宣伝(せんでん)()実行(じっかう)し、(もっ)君国(くんこく)奉仕(ほうし)せなくてはならぬ時期(じき)であります。
 『(たか)()()()遊行(あそべ)る』
 (たか)()()()は、大和(やまと)(のくに)地名(ちめい)でありますが、(これ)言霊(ことたま)(がく)(じゃう)より解釈(かいしゃく)する(とき)は、
 (たま)(かへ)し、(かがや)く、(さはや)かの(かへ)し、()みの(かへ)し、()るの(かへ)しである。(すなは)円満(ゑんまん)具足(ぐそく)(たま)(ごと)き、神教(しんけう)(かがや)(わた)りて、(さはや)かに(すみ)(わた)り、天下(てんか)()(ひび)くと()(こと)である。(すなは)完全(くわんぜん)無欠(むけつ)(かみ)道場(だうぢゃう)()意味(いみ)である。遊行(あそべ)ると()(こと)は、(うへ)(あら)はれ、大本(たいほん)初頭(しょとう)言霊(ことたま)であり。上下(しゃうか)()和合(わがふ)十足(たる)言霊(ことたま)であり、(こころ)(いろ)(あら)はすと()ふこと、()(はふ)(てら)言霊(ことたま)である。(これ)()って()るも、至聖(しせい)至貴(しき)至善(しぜん)至美(しび)なる()高天原(たかあまはら)に、天上(てんじゃう)天下(てんか)唯我(ゆゐが)独尊(どくそん)経綸(けいりん)(はじ)め、()実行(じっかう)しつつある神域(しんゐき)である(こと)(わか)るのであります。
 『()()()()()()()()(なか)()りき』
 ()()()()()()()言霊(ことたま)は、(すで)(まへ)()べましたから、(これ)省略(しゃうりゃく)(いた)しますが『()(なか)()りき』と()(こと)は、()神域(しんゐき)中心(ちうしん)(てき)人物(じんぶつ)にて()りし、と()(こと)であります。
 『(おほ)久米(くめ)(のみこと)()()()()()()()()()て、(うた)()天皇(すめらみこと)(まを)しけらく』
 『(やまと)の、(たか)()()()を』(やまと)大和(やまと)(くに)()したのであるが、(これ)言霊(ことたま)(がく)より解釈(かいしゃく)する(とき)は、ヤマト日本(にっぽん)(すなは)皇国(くわうこく)全体(ぜんたい)総称(そうしょう)である。『(たか)()()()を、(なな)()く、媛女(をとめ)(ども)野村(のむら)(かへ)しで、ナヲ(かへ)しはである。(また)ナカ(かへ)しはである。(すなは)火水(かみ)である。(かみ)(むす)びである。()()るの(かへ)し、(かみ)()る、(きみ)(たふと)む、(くに)(すく)ふの言霊(ことたま)(かへ)しである。()れで(なな)()媛女(をとめ)()言霊(ことたま)活用(くわつよう)大抵(たいてい)(わか)ったでありませう。(また)(にん)()(すう)(をんな)とも()(こと)出来(でき)る。()()(まこと)君国(くんこく)(おも)神人(しんじん)が、所々(ところどころ)沢山(たくさん)出現(しゅつげん)して()ると()(こと)であります。
 そこで、『(たれ)をし将覓(まかむ)
天皇(てんくわう)が、沢山(たくさん)媛女(をとめ)(うち)で、(いづ)れを引見(いんけん)採用(さいよう)すれば()からうかと()下問(かもん)になったのであります。
 『(ここ)()()()()()()()()媛女(をとめ)(ども)(さき)()てりき。(すなは)天皇(すめらみこと)()媛女(をとめ)(ども)()そなはして、御心(みこころ)()()()()()()()最前(いやさき)()てることを()りたまひて、(みうた)()(こた)へたまはく』
 『()媛女(をとめ)(ども)(さき)()てりき』と()意義(いぎ)は、沢山(たくさん)神人(しんじん)(あら)はれて、君国(くんこく)(ため)至誠(しせい)(ささ)ぐる忠良(ちうりゃう)にして、柔順(じうじゅん)なる媛女(をとめ)(なか)にも、(もっと)(さき)()(あが)り、天下(てんか)宣伝(せんでん)して()るのが、(しん)(かみ)御使(みつかひ)であると()意味(いみ)であります。そこで天皇(てんわう)御心(みこころ)(かな)うたのは、最前(いやさき)()ちたるは、()()()()()(ひめ)なる(こと)()(さと)りになった、と()(こと)であります。
 『(みうた)()(こた)へたまはく』と()(こと)は、天皇(てんわう)直接(ちょくせつ)()言葉(ことば)を、媛女(をとめ)()(たま)はず、間接(かんせつ)(うた)のやうに(おほ)久米(くめ)(のみこと)(おほ)御心(みこころ)()(うつ)しになったのであります。
 (すなは)ち『かつがつも、いや(さき)()てる、可愛()をし()かむ』と(あふ)せられたのであります。(だい)(せい)()げたる媛女(をとめ)(すなは)神人(しんじん)に、天下(てんか)統治(とうぢ)補佐(ほさ)(やく)()かさむ、との()詔勅(せうちょく)(くだ)されたのであります。この天皇(てんわう)(おほ)(きさき)()さるべき媛女(をとめ)(すなは)神人(しんじん)如何(いか)なる(ひと)でありませう()到底(たうてい)(おほ)久米(くめ)(のみこと)()くては、(さが)()てる(こと)出来(でき)まいと(おも)ふのであります。
 『(ここ)(おほ)久米(くめ)(のみこと)天皇(すめらみこと)(みこと)を、()()()()()()()()()れる(とき)に、()(おほ)久米(くめ)(のみこと)(さけ)()()()て、(あや)しと(おも)ひて、
   胡鸞(あめ)鶺鴒(つつ)千鳥(ちどり)()(しとと)、など(さけ)利目(とめ)
 (おほ)久米(くめ)(のみこと)は、天皇(てんわう)勅命(ちょくめい)媛女(をとめ)(つた)へたる(とき)に、職務(しょくむ)大切(たいせつ)(おも)(あま)り、一(がう)()()(のが)さじと非常(ひじゃう)注目(ちゅうもく)(はら)ったのを、媛女(をとめ)(あま)りの詮索(せんさく)(あき)れて、何故(なにゆゑ)天皇(てんわう)御心(みこころ)(かな)った()媛女(をとめ)(たい)し、(うたが)って左様(さやう)(おほ)きな()(ひか)らすか、全然(まるきり)胡鸞(あめ)鶺鴒(つつ)千鳥(ちどり)真鵐(ましとと)のやうな、(すご)()ではないかと、(あや)しみ反問(はんもん)されたのである。(すべ)(もの)充分(じうぶん)研究(けんきう)し、()充分(じうぶん)考慮(かうりょ)(めぐ)らして、善悪(ぜんあく)正邪(せいじゃ)(のう)不能(ふのう)を、厳査(げんさ)して決定(けってい)すべきものである。(これ)()ても、(おほ)久米(くめ)(のみこと)の、忠良(ちうりゃう)なる輔弼(ほひつ)(しん)たる(こと)(うかが)()(こと)出来(でき)るのであります。
 そこで(おほ)久米(くめ)(のみこと)は、『媛女(をとめ)に、(ただ)()はむと、(わが)(さけ)利目(とめ)』とお(こたへ)()られたのである。この『(ただ)()はむと』と()言葉(ことば)に、深遠(しんゑん)なる意義(いぎ)があります。(これ)読者(どくしゃ)身魂(みたま)相応(さうおう)に、解釈(かいしゃく)されむ(こと)(のぞ)みます。
 『(かれ)(その)嬢子(をとめ)(つか)(まつ)らむと(まを)しき』天皇(てんわう)()勅命(ちょくめい)(ほう)じて、()()()()()()()(のみこと)なる、至誠(しせい)至忠(しちう)団体(だんたい)代表(だいへう)(しゃ)は、(つつし)んで大命(たいめい)随々(まにまに)(つか)(まつ)(こと)()(うけ)されたと()(こと)であります。
 『於是(ここに)()()()()()()()()(のみこと)(いへ)狭井(さゐ)(かは)()()りき。天皇(すめらみこと)()()()()()()()()()()()()まして、一宿(ひとよ)()()()しき。』(()(かは)佐韋(さゐ)(かは)()(よし)は、()(かは)()に、(やま)由理(ゆり)(ぐさ)(おほ)かりき。(かれ)()(やま)由理(ゆり)(ぐさ)()()りて、佐韋(さゐ)(かは)(なづ)けき。(やま)由理(ゆり)(ぐさ)(もと)()佐韋(さゐ)()ひき)』
 狭井(さゐ)(かは)早瀬(はやせ)(かへ)(なり)和知(わち)(かへ)(なり)(すなは)()(はや)和知(わち)(がは)()意義(いぎ)である。(やま)由理(ゆり)(ぐさ)()意義(いぎ)は、山川(さんせん)草木(さうもく)(まで)震動(しんどう)すべき神力(しんりき)ある人草(ひとぐさ)()(こと)である。バイブルにも「信仰(しんかう)(ちから)(やま)をも(うご)かす」とあり、至誠(しせい)天地(てんち)(つう)じ、一(せい)(もと)天地(てんち)震撼(しんかん)せしめ、一(ごん)(もと)風雨(ふうう)電雷(でんらい)叱咤(しった)する真人(しんじん)()ふる(きよ)(かは)意義(いぎ)である。(すなは)皇典(くわうてん)岩戸(いはと)(くだり)にある所謂(いはゆる)(あめ)(やす)河原(かはら)であります。その結構(けっこう)(ところ)に、天皇(てんわう)御心(みこころ)(ゆる)して安心(あんしん)して一宿(しゅく)したまうたと()(こと)であります。()本文(ほんぶん)(どほ)解釈(かいしゃく)すれば天皇(てんわう)媛女(をとめ)(あい)されて、()(いへ)()(ぱく)(あそ)ばしたと()(こと)でありますが、(これ)には(ふか)神界(しんかい)()経綸(けいりん)のお()(あそ)ばす(こと)であって、現代(げんだい)国情(こくじゃう)(かんが)(まつ)れば、(じつ)深遠(しんゑん)微妙(びめう)なる()神示(しんじ)であらうと(おも)ひます。
 『(のち)()()()()()()()()宮内(おほみやうち)参入(まゐ)れる(とき)に、天皇(すめらみこと)()(うた)(よみ)したまはく、
   葦原(あしはら)の、(しけ)こき小屋(をや)に、菅畳(すがたたみ)(いや)(さや)()きて、(あが)二人(ふたり)()し』
 媛女(をとめ)宮中(きうちう)()()された(とき)に、天皇(てんわう)が、葦原(あしはら)(くに)(なか)表面(へうめん)から()れば、(じつ)(みぐる)しき(ちひ)さい(いへ)であったが、()(なか)には、(きよ)(うる)はしき(かみ)御魂(みたま)が、沢山(たくさん)(たたみ)()(かず)ほど(そろ)へてあった。(じつ)()心持(こころもち)ちで天地(てんち)合体(がったい)し、(てん)に一()()に一()の、和合(わがふ)親睦(しんぼく)をした(こと)であるわい、と(あふ)せられたのであります。
 『(しか)して阿礼(あれ)()せる御子(みこ)(みな)は、日子(ひこ)八井(やゐ)(のみこと)(つぎ)(かむ)八井(やゐ)(みみ)(のみこと)(つぎ)(かむ)(ぬな)(かは)(みみ)(のみこと)
()(はしら))』
 日子(ひこ)八井(やゐ)(のみこと)言霊(ことたま)は、天津(あまつ)()(かみ)御子(みこ)にして賢明(けんめい)なる(かみ)()()(こと)である。(かむ)八井(やゐ)(みみ)(のみこと)言霊(ことたま)は、神智(しんち)英雄(えいゆう)(ぱう)(こと)(あきら)かに()(かみ)御子(みこ)()意義(いぎ)であります。(かむ)(ぬな)(かは)(みみ)(のみこと)言霊(ことたま)は、神武(しんぶ)卓絶(たくぜつ)勇気(ゆうき)凛々(りんりん)叡智(えいち)御子(みこ)()御名(みな)であります。以上(いじゃう)三柱(みはしら)皇子(みこ)は、天照(あまてらす)(おほ)御神(みかみ)神系(しんけい)三輪(みわの)大物(おほもの)(ぬし)神系(しんけい)との契合(けいがふ)より()出生(しゅっしゃう)(あそ)ばした皇子(わうじ)でありますから、(これ)言霊(ことたま)(がく)(じゃう)三種(さんしゅ)()神器(しんき)(とく)(はい)(まつ)(こと)出来(でき)るのであります。(すなは)日子(ひこ)八井(やゐ)(のみこと)神鏡(しんきゃう)で、(かむ)八井(やゐ)(のみこと)神剣(しんけん)で、(かむ)(ぬな)(かは)(みみ)(のみこと)神璽(しんじ)であります。
   (下)当芸志耳命と神沼河耳命
 『(かれ)天皇(すめらみこと)(かむあがり)まして(のち)に、()(まま)()()()()美々(みみ)(のみこと)()嫡后(おほきさき)()()()()()()()(たは)けむと()(とき)に、()()はしらの(おと)たちを将殺(しせむ)として、(はかりご)(ほど)に、()御祖(みおや)()()()()()()()患苦(うれ)ひまして、以歌(うたよみ)して(その)御子(みこ)(たち)に、()らしめ(たま)へりし、その歌曰(みうた)
   狭井(さゐ)(かは)よ、(くも)(たち)(わた)り、畝火(うねび)(やま)()()(さや)ぎぬ、(かぜ)()かむとす。
 (また)歌曰(みうた)
    畝火(うねび)(やま)(ひる)(くも)()(ゆふ)()れば、(かぜ)()かむとぞ、()()(さや)げる』
 以上(いじゃう)()本文(ほんぶん)(かい)(まつ)れば、明達(めいたつ)にして()確如(かくじょ)たる、(かむ)日本(やまと)磐余(いはれ)(ひこ)()()()(みの)天皇(すめらみこと)は、一百三十七の宝算(はうさん)(かさ)ねて、七十六(ねん)春三(やよひの)月甲(なか)()()()()に、()(かく)(あそ)ばし(たま)うたのであります。(すなは)諒闇(りゃうあん)()った。()(きょ)(じゃう)じて、()()()()()(のみこと)は、(だい)なる陰謀(いんぼう)(くはだ)てたのであります。
 タギシミミ言霊(ことたま)調(しら)べて()ると、は、(みだ)(ほろ)ぶる()(なり)(こと)二ツを()(なり)()(くだ)(なり)()(あま)(なり)(いろ)(うしな)(なり)(きはま)(まが)(かへ)(めぐ)(なり)()活用(くわつよう)(きょく)(なり)(ゆる)(さば)える(なり)言霊(ことたま)である。()()()(みだ)(ほろ)びて、政事(せいじ)()()で、力量(りきりゃう)(あま)りて、(かへ)って()降落(かうらく)し、曲事(きょくじ)(きょく)(たっ)して、天下(てんか)万民(ばんみん)(いろ)(うしな)ひ、()()()くが(ごと)思想(しさう)蔓延(まんえん)し、綱紀(かうき)弛廃(ちはい)して、天下(てんか)動乱(どうらん)するの言霊(ことたま)であります。(かく)(ごと)言霊(ことたま)御子(みこ)が、神界(しんかい)経綸(けいりん)完成(くわんせい)(たま)ふべき()()()()()()()にタハケむとして、謀略(ぼうりゃく)(めぐ)らすと()(こと)は、(じつ)由々(ゆゆ)しき(だい)問題(もんだい)であります。今日(こんにち)()現状(げんじゃう)(あだか)タギシミミ(みこと)活動(くわつどう)と、イスケヨリヒメ(みこと)活動(くわつどう)とが、(あひ)対立(たいりつ)して()(やう)なものであって、皇道(くわうだう)大本(おほもと)(だい)趣旨(しゅし)と、社会(しゃくわい)(しょ)学者(がくしゃ)外尊(ぐわいそん)内卑(ないひ)(てき)言説(げんせつ)との対立(たいりつ)して()るのと(どう)一である。今後(こんご)大本(おほもと)は、()(まで)神勅(しんちょく)(ほう)じ、神諭(しんゆ)(まも)り、(もっ)イスケヨリヒメ活動(くわつどう)(つづ)けて()かねばならぬのであります。
 ()た三(しゅ)神器(しんき)表徴(へうちょう)とも()ふべき、三柱(みはしら)御子(みこ)まで、将殺(しせむ)(はか)りごつと()(こと)は、(えう)するに、神明(しんめい)国体(こくたい)破滅(はめつ)せしめむとする悪魔(あくま)所為(しょゐ)であります。
 天下(てんか)形勢(けいせい)益々(ますます)不穏(ふをん)なるを窺知(きち)せる()()()()()()()は、三(しゅ)神器(しんき)表徴(へうちょう)たる()御子(みこ)に、(うた)(もっ)()()らせになったのであります。大本(おほもと)神諭(しんゆ)精神(せいしん)は、(えう)するに、(うた)(もっ)天下(てんか)大勢(たいせい)タギシ(みみ)(みこと)謀略(ぼうりゃく)教示(けうじ)し、()警告(けいこく)されたものであります。
 (つぎ)に『狭井(さゐ)(かは)よ、(くも)(たち)(わた)り、畝火(うねび)(やま)()()(さや)ぎぬ、(かぜ)()かむとす』と()(こと)は、狭井(さゐ)(かは)(ほとり)よりは、紫雲(しうん)瑞雲(ずゐうん)靉靆(たなびき)(わた)り、(じつ)()()()御代(みよ)(もとゐ)()たむとすれども、畝火(うねび)(やま)(ほとり)は、(じつ)()()(くさ)片葉(かきは)(まで)がザワザワと()だしたが、(いま)大変(たいへん)暴風(ばうふう)襲来(しふらい)せむとして()るから、注意(ちゅうい)せよとの()()()()()()()(のみこと)警告(けいこく)であります。
 (また)歌曰(みうた)
  『畝火(うねび)(やま)(ひる)(くも)()(ゆふ)()れば、(かぜ)()かむとぞ、()()(さや)げる』
 畝火(うねび)神山(みやま)は、太陽(たいやう)(ひかり)(つよ)(うち)こそ、瑞雲(ずゐうん)()って(じつ)至治(しち)泰平(たいへい)の、立派(りっぱ)世界(せかい)()うであるが一(てう)()(かみ)(かげ)(くら)くなりし(とき)は、暴風(ばうふう)()(すさ)み、大厦(たいか)高楼(かうろう)倒潰(たふくわい)せしめむとして、そろそろ()()連中(れんちう)(さわ)()して()る。(いま)(うち)に、余程(よほど)注意(ちゅうい)()されとの警告(けいこく)であります。大本(おほもと)神諭(しんゆ)充分(じうぶん)()研究(けんきう)になったら、(みぎ)(しゅ)御歌(みうた)深意(しんい)窺知(きち)()るのであります。
 現時(げんじ)()うに、不良(ふりゃう)
(じん)日本(にっぽん)(じん)(まで)提携(ていけい)して、危険(きけん)(きは)まる爆弾(ばくだん)密造(みつざう)したり、(いん)海外(かいぐわい)輸出(ゆしゅつ)したり、(また)不穏(ふをん)なる脅迫(けふはく)(じゃう)大官(たいくわん)(もと)郵送(いうそう)したり、大本(おほもと)脅迫(けふはく)(じゃう)(おく)ったり、新聞(しんぶん)雑誌(ざっし)()からぬ荘士(さうし)が、敬神(けいしん)尊皇(そんわう)報国(はうこく)実行(じっかう)(だん)たる大本(おほもと)攻撃(こうげき)したり、日米(にちべい)問題(もんだい)(つい)(かく)大学(だいがく)学生(がくせい)が、研究(けんきう)討論(たうろん)(くわい)(ひら)いて活動(くわつどう)して()るなどは、所謂(いはゆる)(かぜ)()かむとぞ、()()(さや)げる』の御歌(みうた)実現(じつげん)ではありますまいか。
 畝火(うねび)(やま)意義(いぎ)を、略解(りゃくかい)せむとするには、順序(じゅんじょ)として大和(やまと)三山(さんざん)()由来(ゆらい)を、説明(せつめい)せなくてはならぬ。(かしこ)くも三(しゅ)()神器(しんき)は、極貴(きょくき)極尊(きょくそん)にして(きょく)儀式(ぎしき)(たも)(たま)ふが(ゆゑ)に、直接(ちょくせつ)御名(みな)(たた)(まつ)らずして、()鎮台(ちんだい)なる大和(やまと)三山(さんざん)(もっ)()(まつ)るのであります。この三山(さんざん)(れい)()にして、(けい)(きょく)である。万葉集(まんえうしふ)()伝授(でんじゅ)詳記(しゃうき)さるるを()るべきである。大和(やまと)三山(さんざん)とは、(あま)香山(かぐやま)畝火(うねび)(やま)耳成(みみなす)(やま)(こと)である。日本(にっぽん)(くに)国中(くになか)に、金輪際(こんりんざい)より顕立(けんりつ)()神山(しんざん)で、()天底(てんてい)より(きた)(やしな)()(ところ)の、(てん)機脈(きみゃく)棲息(せいそく)せる霊峰(れいほう)であります。
 (けだ)(あま)香山(かぐやま)嗅山(かぐやま)である。鼻成(はななす)(やま)である。(はな)(やま)である。吾人(ごじん)身体(からだ)にしても(おも)正中(せいちう)(くらゐ)して(いき)()なり、(たま)()(くら)である。()(はな)(あな)なき(とき)は、一(ぷん)(かん)吾人(ごじん)生命(せいめい)保持(ほぢ)する(こと)出来(でき)ない(だい)地球(ちきう)(いへど)(また)(どう)一であって、(あま)香山(かぐやま)()って生命(いのち)(たも)()るので、地球(ちきう)(おい)ても吾人(ごじん)身体(からだ)(おい)ても(だい)一の主司(つかさ)であります。三(しゅ)()神器(しんき)にては、神璽(しんじ)であり玉体(ぎょくたい)であり陛下(へいか)()鎮台(ちんだい)であります。
 畝火(うねび)(やま)()()()出日(うねび)日出(うねび)(やま)意義(いぎ)であり、口成(くちなす)(やま)である。(すなは)天照(あまてらす)()大神(おほかみ)()活霊(くわつれい)として、世界(せかい)(てら)(たま)ふの()()()であります。三(しゅ)神器(しんき)にては、大皇(おほみ)(かがみ)鎮台(ちんだい)である。一(てん)万乗(ばんじゃう)天津(あまつ)日嗣(ひつぎ)主上(しゅじゃう)が、(おほ)儀式(ぎしき)(てら)して、()()()()(やま)()()()()(たま)(ところ)の七十五(せい)(すなは)八咫(やあた)大皇(おほみ)(かがみ)()()きて、()()()(ひかり)()(たま)ふが(ゆゑ)に、現在(げんざい)(てら)(たま)(おん)事柄(ことがら)は、昼夜(ちうや)(つらぬ)(とほ)(たま)ふが(ゆゑ)太陽(たいやう)よりも(あきら)かに、()厳重(げんぢゅう)なる次第(しだい)である。
 (ゆゑ)主上(しゅじゃう)一度(ひとたび)()神山(しんざん)()()(たま)うた(とき)(おい)ては、この至大(しだい)天球(てんきう)()(うち)に、(かむ)()()()ます(ところ)の、極乎(きょくこ)恒々(こうこう)烈々(れつれつ)神々(しんしん)霊々(れいれい)たる、蒸気(じょうき)よりも、(けむり)よりも、(にほひ)よりも、猶々(なほなほ)微細(びさい)にして、()にも(はな)にも(はい)らざる(ところ)()()()()が、玉体(ぎょくたい)(かむ)(つど)ひに(つど)(きた)りて、()()(ところ)の七十五(せい)が、稜威(うねび)(ひかり)()(たま)ふが(ゆゑ)に、高天原(たかあまはら)写真(しゃしん)結晶(けっしゃう)したる焦点(せうてん)神鏡(しんきゃう)()るのである。(すなは)八咫(やあた)(かがみ)(ぬく)(まつ)るが(ゆゑ)に、善言(ぜんげん)美辞(びじ)言霊(げんれい)(もっ)て、(てら)()(きは)むる(とき)は、世界(せかい)(さい)天津(あまつ)(まこと)真実(しんじつ)()が、(いと)明白(めいはく)()(わた)るのであります。天津(あまつ)金木(かなぎ)を、千座(ちくら)置座(おきくら)()(たら)はして、()の七十五(せい)真象(しんしゃう)(あきら)かに(うつ)()し、()活機(くわっき)顕示(けんじ)する(とき)には、宇宙(うちう)万有(ばんいう)(さい)(あきら)かに()(とほ)(わた)る。(これ)(まった)皇道(くわうだう)大本(おほもと)神諭(しんゆ)にして、()()()(かみ)出現(しゅつげん)であります。
 耳成(みみなす)(やま)は、()(やま)にして、気山(きやま)である。(また)真釣(まつり)(やま)である。世界(せかい)の一(さい)物事(ものごと)()こしめし(たま)ひて、()物事(ものごと)(さい)相当(さうたう)する言霊(ことたま)(もっ)て、()()()真釣(まつ)り、善悪(ぜんあく)正邪(せいじゃ)理非(りひ)曲直(きょくちょく)厳重(げんぢゅう)()()け、(さだ)(きは)(たま)ふてふ、草薙(くさなぎ)神剣(しんけん)()鎮台(ちんだい)であります。(つるぎ)釣極(つるぎ)意味(いみ)である。両刃(もろは)釣合(つりあひ)(たふと)みて、つるぎ()むのであります。
 以上(いじゃう)説明(せつめい)()って、畝火(うねび)(やま)地点(ちてん)(ならび)霊能(れいのう)活用(くわつよう)大意(たいい)(わか)ったことと(おも)ひます。
 『於是(ここに)()御子(みこ)たち(きき)()りまして、(おどろ)きて、(すなは)()()()()()将殺(しせむ)()たまふ(とき)に、(かむ)(ぬな)(かは)(みみ)(のみこと)()(いろせ)(かむ)八井(やゐ)(みみ)(のみこと)(まを)したまはく、吾兄(なね)(なが)(みこと)(つはもの)()りて、()りて。()()()()()()せたまへと(まを)したまひき。(かれ)(つはもの)()りて、(はい)りて将殺(しせむ)とし(たま)(とき)に、手足(てあし)わななきて、()()せたまはざりき』
 (かむ)八井(やゐ)(みみ)(のみこと)(すなは)神剣(しんけん)たる軍兵(ぐんぴゃう)(ちから)(もっ)て、タギシミミを討滅(たうめつ)せむと()したまふとも、信仰(しんかう)(あさ)くして、物質(ぶっしつ)文明(ぶんめい)のみに累惑(るゐわく)沈溺(ちんでき)して、神国(しんこく)国威(こくゐ)神力(しんりき)自覚(じかく)せざる兵士(へいし)は、数理(すうり)(てき)頭脳(づなう)のみに左右(さいう)されて()るから、到底(たうてい)勝算(しょうさん)()きものと覚悟(かくご)し、今日(こんにち)(たと)ふれば、某国(ぼうこく)軍備(ぐんび)は、我国(わがくに)軍備(ぐんび)(たい)して(もっと)優勝(いうしょう)地位(ちゐ)にありとて、国家(こくか)(ほろ)ぼし()占領(せんりゃう)せむとする敵国(てきこく)ありとするも、容易(ようい)膺懲(ようちょう)()(おこ)(こと)躊躇(ちうちょ)して()(ごと)状態(じゃうたい)を『手足(てあし)わななきて、()()せたまはざりき』と()(こと)である。体力(たいりょく)体力(たいりょく)(たたか)(とき)は、(つよ)きもの、(かず)(おほ)きものが()つのは天地(てんち)真理(しんり)である、(たと)へば総理(そうり)大臣(だいじん)(うめ)(たに)とを土俵(どへう)(うへ)(のぼ)らせて、裸体(はだか)にして角力(すまふ)()らしたとすれば、一(こく)宰相(さいしゃう)でも、一()みにされて土俵(どへう)(そと)()()される(やう)なものであります。(ゆゑ)(かむ)八井(やゐ)(みみ)(のみこと)は、(つはもの)()(なが)ら、手足(てあし)となるべき部下(ぶか)動揺(どうえう)畏怖(ゐふ)()られて()るのを()て、容易(ようい)(たたか)はれなかったといふ(こと)であります。
 『(かれ)(ここ)に、()(いろと)(かむ)(ぬな)(かは)(みみ)(のみこと)()(いろせ)所持(もたせる)(つはもの)(こひ)()りて、()りて、()()()()()()せたまひき。(かれ)(また)()御名(みな)(たた)へて、(たけ)(ぬな)(かは)(みみ)(のみこと)(まを)しき』
 (かむ)八井(やゐ)(みみ)(のみこと)()(たま)ひし、兵馬(へいば)大権(たいけん)を、(いろと)(かむ)(ぬな)(かは)(みみ)(のみこと)(ゆづ)()けられて、右手(めて)には(つるぎ)(とく)(あら)はし、左手(ゆんで)には(たま)(とく)(もっ)て、暴悪(ばうあく)無類(むるゐ)なる()()()()()(のみこと)()(ほろ)ぼし、天下(てんか)大害(たいがい)(のぞ)(たま)うた、と()(こと)であります。
 『(ここ)に、(かむ)八井(やゐ)(みみ)(のみこと)(いろと)(たけ)(ぬな)(かは)(みみ)(のみこと)(ゆづ)りて(まを)したまはく、()(あだ)()()せず。(なが)(みこと)(すで)()()せたまひぬ。(かれ)()(あに)なれども、(かみ)()るべからず。(ここ)()(なが)(みこと)(かみ)()して(あめ)(した)()ろしめせ、(あれ)は、(なが)(みこと)(たす)けて、(いはひ)(びと)()りて、(つか)(まつ)らむと(まを)したまひき』
 (すなは)(かむ)八井(やゐ)(みみ)(のみこと)は、兵馬(へいば)大権(たいけん)天地(てんち)(かみ)法則(はふそく)(したが)ひ、(あに)なるが(ゆゑ)に、一()(これ)掌握(しゃうあく)して()られたけれども、股肱(ここう)(すなは)手足(てあし)たる(つはもの)動揺(どうえう)して、(あだ)討滅(たうめつ)する(こと)実際(じっさい)(おい)出来(でき)ないので、(おとうと)(かむ)(ぬな)(かは)(みみ)(のみこと)兵馬(へいば)大権(たいけん)譲渡(じゃうと)し、(たけ)(ぬな)(かは)(みみ)(のみこと)御名(みな)(たた)へて、仇敵(きうてき)討伐(たうばつ)を一(にん)されました。(たけ)(ぬな)(かは)(みみ)(のみこと)言義(げんぎ)は、現今(げんこん)(だい)元帥(げんすゐ)()(こと)相当(さうたう)するのであります。そこで(かむ)八井(やゐ)(みみ)(のみこと)(われ)(あに)として兵馬(へいば)大権(たいけん)(にぎ)り、()(あめ)(した)四方(よも)(くに)知食(しろしめ)()(はず)であるが、国家(こくか)(あだ)(ほろ)ぼす(こと)出来(でき)なかった(くらゐ)であるから、天下(てんか)君臨(くんりん)すべき力徳(りきとく)()らぬ、(なれ)(おとうと)であれども、()国家(こくか)(あだ)殺滅(さつめつ)(たま)うた(しん)勇者(ゆうしゃ)である、(ゆゑ)(なが)(みこと)(かみ)()って、(あめ)(した)(たひら)けく(やす)らけく(しろ)しめし(たま)へ、()(いはひ)(びと)()って、天祖(てんそ)国祖(こくそ)(かみ)(つか)(まつ)り、(しも)(くだ)って皇室(くわうしつ)国家(こくか)平安(へいあん)(いの)りませう、と(あふ)せになったのであります。(じつ)(かむ)八井(やゐ)(みみ)(のみこと)は、直霊(なほひ)発達(はったつ)した御方(おかた)で、自省(じせい)(ちから)(つよ)く、時世(じせい)()るに(びん)なる御方(おかた)であったことは、皇位(くわうゐ)(たけ)(ぬな)(かは)(みみ)(のみこと)()()()く、()(ゆづ)りになったのに()ても(あきら)かであります。
(大正九・一〇・一一東京確信会席上講演筆録 大正九・一二号神霊界)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト

霊界物語ネットに掲載するテキストの作成や校正を手伝っていただける方を募集しています!
まだまだ王仁三郎文献はたくさんありますので、手伝っていただけると嬉しいです。
メールでご連絡ください。oni_do@ybb.ne.jp
オニド関連サイト最新更新情報
7/29【霊界物語ネット】『神霊界』掲載の「言霊の大要」を掲載しました。(ただし冒頭の説明文のみ。各言霊の説明は省略)
6/15飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (21) 暗殺隊
6/12【霊界物語ネット】霊界物語ネットに新機能「話者名の追加表示」を付けました。詳しくはこちらをごらんください
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→