霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

〔一〕神武天皇御東征之段

インフォメーション
題名:〔一〕神武天皇御東征之段 著者:出口王仁三郎
ページ:1 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121805c102
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正9年11月11日号(第131号) > 皇典と現代(一)
   一
 『そこより(いで)(ゆき)まして、忍坂(おさか)大室(おほむろ)(いた)りませる(とき)に、()()(つち)蜘蛛(ぐも)八十(やそ)(たける)(その)(むろ)()りて、(まち)いなる。かれ(ここ)に、天津(あまつ)(かみ)御子(みこ)(みこと)(もち)て、八十(やそ)(たける)(みあへ)(たま)ひき』
 忍坂(おさか)()(ところ)は、大和(やまと)桜井(さくらゐ)(えき)から、二()(ほど)(へだた)った山中(さんちう)で、忍坂(おさか)(しのび)(さか)()いて(その)地名(ちめい)おさか()ひます。言霊(ことたま)(うへ)から忍坂(おさか)(さか)(さか)で、(つま)(わる)(もの)()忍耐(にんたい)(にん)でなく、(しの)(かく)れること、(こころ)(まが)った(ひと)所謂(いはゆる)思想(しさう)(わる)(もの)()って、(かく)れて()(こと)大室(おほむろ)(おほ)きな(いへ)(つち)(なか)()てて、(その)(なか)官軍(くわんぐん)通過(つうくわ)するのを()って()る。()()ふる(つち)蜘蛛(ぐも)()()えた(つち)蜘蛛(ぐも)神武(じんむ)天皇(てんわう)()(いで)になった(ころ)(つち)蜘蛛(ぐも)()人種(じんしゅ)穴居(けっきょ)時代(じだい)人種(じんしゅ)()()えて()ると()ふことは、(この)(まへ)にもありました。(これ)猛獣(まうじう)(てき)であって、四足(よつあし)精神(せいしん)人間(にんげん)(いひ)である。八十(やそ)(たける)沢山(たくさん)強暴(きゃうばう)連中(れんちう)(かしら)であります。()ある(ひと)沢山(たくさん)部下(ぶか)()(ひと)(こと)で、()()ふる(つち)蜘蛛(ぐも)とは四足(よつあし)同様(どうやう)野蛮(やばん)人種(じんしゅ)(あな)(こも)って()るものであります。神武(じんむ)天皇(てんわう)()(いで)()(かま)へて()ったと()ふことであります。現代(げんだい)にても何処(どこ)にも彼処(かしこ)にも忍坂(おさか)(おほ)室屋(むろや)()ふものが出来(でき)て、悪神(あくがみ)跋扈(ばっこ)跳梁(てうりゃう)して鎮魂(ちんこん)仕切(しき)れなくなって()ります。神様(かみさま)()(くに)()(こと)(かんが)へず、コソコソと(おほ)室屋(むろや)(すなは)(あく)思想(しさう)団体(だんたい)各地(かくち)(いた)(ところ)()てて()る。(この)大本(おほもと)(をしへ)(たい)しても(これ)(たた)(つぶ)さむと、種々(しゅじゅ)奸計(かんけい)(めぐ)らしたり、大本(おほもと)(だい)帝国(ていこく)秩序(ちつじょ)(みだ)さむとして()るとか、現代(げんだい)(のろ)うて()るのでは()るまいかとか、(なん)とか(くさ)して()ります。
 『かれ(ここ)に、天津(あまつ)(かみ)御子(みこ)(みこと)(もち)て、八十(やそ)(たける)(みあへ)(たま)ひき』
 (これ)八十(やそ)(たける)天津(あまつ)(かみ)御子(みこ)(すなは)神武(じんむ)天皇(てんわう)()馳走(ちそう)になったと()ふことであります。神様(かみさま)(わる)(もの)(わる)思想(しさう)には、厳重(げんぢゅう)審判(しんぱん)されるのであります。天皇(てんわう)神示(しんじ)儘々(まにまに)()馳走(ちそう)()(てき)得心(とくしん)さして言向(ことむけ)()()せ、()()かなかった(とき)には、その(つるぎ)(もっ)国賊(こくぞく)()せと(あふ)せられた。()馳走(ちそう)には(しょく)(きゃう)する(こと)もあり、(みみ)(きゃう)する(ため)音楽(おんがく)もあり、()(きゃう)するため花火(はなび)()げて()せる馳走(ちそう)もあるけれども、(だい)一の馳走(ちそう)(この)(くち)からであります。
 『(ここ)に、八十(やそ)(たける)(あて)て、八十(やそ)膳夫(かしはで)(まう)けて、(ひと)(ごと)(たち)()けて、その膳夫(かしはで)(ども)(うた)()かば、()()(とも)()れと(をし)(たま)ひき』
 膳夫(かしはで)柏手(かしはで)国音(こくおん)(あひ)(つう)じ、拍手(はくしゅ)して(うた)意味(いみ)にもなります。拍手(かしはで)神様(かみさま)御前(みまへ)とか(また)()()()(いは)ひの(せき)で、()人数(にんずう)()()けて()つものであります。耶蘇(やそ)(けう)には拍手(はくしゅ)はなく、仏教(ぶっけう)数珠(じゅず)()って()(ばか)りで(けっ)して()()たぬ。言霊(ことたま)(うへ)から()ふと、(なん)(にん)(かみ)()神霊(しんれい)(きた)り、神霊(しんれい)(もっ)(れい)神託(しんたく)()はむとするのであります。万一(まんいち)(かみ)(をしへ)反対(はんたい)して()()れぬ(もの)は、()のマホメットが片方(かたはう)にコウランの経典(きゃうてん)()ち一(ぱう)には(つるぎ)(にぎ)ったと(おな)じく、大和(やまと)(だましひ)入要(にふえう)時分(じぶん)()るのであります。天皇(てんわう)(をしへ)(こころ)から帰順(きじゅん)せば(たす)けてやれ、反抗(はんかう)せば()てとの()聖旨(せいし)(この)(つるぎ)(たまは)ったのであります。さうして拍手(はくしゅ)をしながら()かない(もの)(みな)(ほろ)ぼして()()ふ。(これ)最後(さいご)手段(しゅだん)で、(わる)(ところ)のものは(たひら)げて()()はなければならぬ。()(なん)()うても()かなければ、()むを()行動(かうどう)()らなければ()らぬのであります。天皇(てんわう)仁愛(じんあい)()聖旨(せいし)(ほう)ぜず、反対(はんたい)(ちから)(かぎ)(つち)蜘蛛(ぐも)()(むか)うたので、神武(じんむ)天皇(てんわう)()むを()(たひら)げられました。
 『忍坂(おさか)の、(おほ)室屋(むろや)に、(ひと)(さは)に、()(いり)()り』
 (すなは)種々(くさぐさ)不良(ふりゃう)なる精神(せいしん)()って()(おとこ)(おほ)いが、(おほ)室屋(むろや)子孫(しそん)である。(いま)間島(かんたう)()不逞(ふてい)
(じん)も、忍坂(おさか)(おほ)室屋(むろや)で、思想(しさう)(じゃう)にも(おほ)室屋(むろや)沢山(たくさん)出来(でき)()る。
 『(ひと)(さは)に、(いり)(をり)(とも)()稜威()()()し、久米(くめ)()が、(くぶ)(つつ)い、(いし)(つつ)()ち、(うち)てし()まむ』
 『久米(くめ)()』は神様(かみさま)(くみ)()()ふことで、敬神(けいしん)勤皇(きんわう)報国(はうこく)(もっ)生命(せいめい)とする(せい)なる(かみ)()団体(だんたい)(いひ)であります。(かみ)(くに)との(ため)(つく)団体(だんたい)である。(あるひ)()()()(かし)こき神様(かみさま)(つか)へる青年(せいねん)団体(だんたい)(いひ)皇道(くわうだう)大本(おほもと)(をしへ)()久米(くめ)()である。『(くぶ)(つつ)い』は立派(りっぱ)(あたま)(かぶ)(ひと)表象(へうしゃう)であります。『(いし)(つつ)い』と()(こと)は、賢実(けんじつ)至誠(しせい)団体(だんたい)(ちから)であり、(また)(つるぎ)である。何程(なにほど)説明(せつめい)してやっても元来(ぐわんらい)悪人(あくにん)には(やく)()たないから、何時(いつ)まで()うして改心(かいしん)()って()ても建替(たてかへ)出来(でき)ぬ。(をしへ)(はう)でいかなければ、()むを()ぬから(いし)(つつ)いの(たい)(はう)(すなは)(つるぎ)神力(しんりき)(もっ)()って仕舞(しま)はなければならぬ。(いま)()てば(よろ)しと()ふことは、(いま)()いて(ほか)()機会(きくわい)がないから、(この)(さい)()って仕舞(しま)へ、(たひら)げて()まはなければいかぬとの()(のり)であります。暴力(ばうりょく)(たい)しては(つるぎ)である。思想(しさう)問題(もんだい)(おこ)れば、思想(しさう)問題(もんだい)(おさ)へるのが、本当(ほんたう)(くぶ)(つつ)いの(さと)しである。(さと)して()かねば、(いし)(つつ)いの(つるぎ)にかけても天下(てんか)(ため)(これ)(たひら)げる。現代(げんだい)(よろ)しく(いし)(つつ)いを(もち)ふるやうになってゐる。
   二
 ()()(ひこ)(また)()長髄(ながすね)(ひこ)(すなは)(あし)(なが)盗人(ぬすびと)である。他人(たにん)地面(ぢめん)(なが)占領(せんりゃう)するもの、某国(ぼうこく)印度(いんど)併合(へいがふ)()けるも、(おほ)地主(ぢぬし)沢山(たくさん)土地(とち)独占(どくせん)して()るのも、明治(めいぢ)維新(ゐしん)(ぜん)(まで)(なん)(まん)(ごく)(ひと)りで占領(せんりゃう)したもの(とう)も、(また)()()()(ひこ)で、物質(ぶっしつ)()むで()ると()(こと)であります。
 『みつみつし、久米(くめ)()()が、(あは)()には、(かみら)(ひと)(もと)、そねが(もと)()()()つなぎて、(うち)てし()まむ』
 (この)()(うた)(とほ)り、()()(あは)(たま)はったことが()いてある。(ひと)(つか)みの(あは)沢山(たくさん)(つぶ)(かず)がある。濡手(ぬれて)(あは)(つか)むと、(なん)十万(つぶ)(つか)むことが出来(でき)(その)(ひと)(ひと)つが、(なん)(ばい)(とみ)(かは)って()る。日々(ひび)(この)(ひと)(つぶ)が、万倍(まんばい)()えて()時機(じき)()る。(はじかみ)生姜(しゃうが)のことで、(かみら)(もと)とは()()()仮名(かな)()いて()る。カミラは神世(かみよ)循環(じゅんくわん)することである。神様(かみさま)(をしへ)(しん)ずる、それを(ほう)じて()くこと、それが(かみ)らひともとで、そねめつなぎて(うち)てし()まむ、(おほ)くの(かみ)()(いち)団体(だんたい)()って上下(しゃうか)(いち)()して、(てき)(あた)ることであります。沢山(たくさん)団体(だんたい)であっても、(これ)統括(とうくわつ)するものが()く、所謂(いはゆる)烏合(うがふ)(しう)では(やく)()たぬ。(しか)るに()()(ひこ)は、烏合(うがふ)(てき)大勢(おほぜい)(もの)(つな)いで奴隷(どれい)にして()る。それを(うち)(たひら)げて仕舞(しま)はなければならぬ。(これ)(かんが)へると、皇道(くわうだう)大本(おほもと)非常(ひじゃう)重大(ぢゅうだい)責任(せきにん)があることが、()()()()神文(しんもん)(あら)はれて()ることが(あきら)かになります。
 『御稜威(みづ)々々(みづ)し、久米(くめ)()()が、(かき)(もと)に、()ゑし(はじかみ)(くち)(ひび)く、(われ)(わす)れじ、うちてし()まむ』
 御稜威(みづ)々々(みづ)しき久米(くめ)()が、(ひと)(がき)(つく)って非常(ひじゃう)(おほ)きな団体(だんたい)をつくって()る。(かき)外来(ぐわいらい)のものを(ふせ)ぐと()言霊(ことたま)で、(せう)日本(にっぽん)()()(がき)秀妻(ほづま)神国(しんこく)であります。『(かき)(もと)()ゑし(はじかみ)』とは、(つま)日本(にっぽん)神国(しんこく)(をしへ)(ほう)じて(かた)まった(かみ)(その)に、日本(やまと)(だましひ)(たね)()()け、()れが生長(せいちゃう)したのが、ピリリと(から)くて(あぢ)()るハジ(かみ)である。(えう)するに忠勇(ちうゆう)義烈(ぎれつ)なる日本(にっぽん)男子(だんし)代名(だいめい)()である。(これ)(もっ)天業(てんげふ)恢弘(くわいこう)せむとの、天皇(てんわう)御詔(みことのり)であります。一()(ひら)くといふ(うめ)(はな)(をしへ)も、(つひ)果実()(むす)(いろ)()いて()ると、(しほ)()けて重宝(ちょうはう)がる(やう)になる。(はじかみ)(うめ)()一緒(いっしょ)()けると、(まこと)結構(けっこう)風味(あぢ)()()るが、(はじかみ)()べると(くち)がピリピリとする、(じつ)(から)くて(たま)らぬ。『(くち)(ひび)く』と()(こと)は、言向(ことむけ)(やは)すと()意味(いみ)もある、言霊(ことたま)(もっ)てするときは、如何(いか)なる強敵(きゃうてき)帰順(きじゅん)する(ゆゑ)に、(この)(だん)両様(りゃうやう)(かい)されます。世界(せかい)各国(かくこく)言霊(ことたま)()(わた)り、(これ)(くも)(うへ)(あた)りまで(とど)いて()る。
 『(われ)(わす)れじ、(うち)てし()まむ』
 ()うしても(くに)(ため)(たみ)(ため)(この)(ぞく)をば(うち)(たひら)げてしまはなければならぬ。(わす)れじと()ふことは、何処(どこ)までもトコトンやって仕舞(しま)はなければならぬと()ふことであります。
 『神風(かみかぜ)の、伊勢(いせ)(うみ)の、()(いし)に、(はひ)(もと)(ほろ)ふ。しただみの、いはひもとほり、(うち)てし()まむ』
 ()(いし)二見(ふたみ)(うら)海中(かいちう)にある、鳥羽(とば)(はう)(まゐ)りますと沢山(たくさん)ありますけれども、(ふた)つの大石(おほいし)となって(その)(あひだ)から太陽(たいやう)()()る、不二(ふじ)(さん)()える、(この)二つの(いは)高皇産霊(たかみむすびの)(かみ)神皇産霊(かむみむすびの)(かみ)(また)()()()()(のみこと)()()()()(のみこと)表徴(へうちょう)()って()るから、(ぞく)夫婦(めをと)(いは)(たた)へて()ります。しただみは(ちひ)さい(かひ)異名(いみゃう)で、(すなは)ちしただみとは(した)人民(たみ)である。(えう)するに天皇(てんわう)勅命(ちょくめい)(ほう)ずる(した)人民(たみ)が、至誠(しせい)(もっ)天皇(てんわう)頑強(ぐわんきゃう)(てき)()(ところ)の、大石(おほいし)()うな賊徒(ぞくと)(うち)(ほろ)ぼさねば()まない、上下(しゃうか)一致(いっち)して(もっ)て、大石(おほいし)(ごと)強賊(がうぞく)撃滅(げきめつ)せねば()まないとの()勅命(ちょくめい)であります。(また)(つい)で、
 『()()()(おと)()()(うち)(たま)へる(とき)に、御軍(みいくさ)(しば)(つか)れたりき』
 えしき()ふのは、(これ)悪魔(あくま)で、(これ)はパン問題(もんだい)から起因(きいん)したもので、エシキは餌食(えじき)()である。今日(こんにち)社会(しゃくわい)主義(しゅぎ)(しゃ)(はい)()うに、吾等(われら)にパンを(あた)へよ、(しか)らざれば(よろ)しく()(あた)へよ、と()ふ、過激(くわげき)思想(しさう)(いだ)いて天則(てんそく)違反(ゐはん)する、不良(ふりゃう)人間(にんげん)代名(だいめい)()であるから、結局(けっきょく)パンが豊富(ほうふ)(あた)へらるれば、(ただ)ちに鎮静(ちんせい)して(しま)ひますが、(おと)()()(はう)は一(そう)ヒドイ思想(しさう)(いだ)いて()る、(これ)絶対(ぜったい)(てき)帰順(きじゅん)至誠(しせい)なき賊徒(ぞくと)(いひ)であります。()(もの)(うち)(たま)はむとして、非常(ひじゃう)にお(つか)れになった、それで(こし)()(おろ)しもならぬ、退(しりぞ)くに退(しりぞ)けぬと()状態(じゃうたい)に、()(つか)(あそ)ばして、一()退()けぬ破目(はめ)(おちい)らせ(たま)うたのであります。
 『(たた)(なめて)()()()(やま)の、()()よも、()(ゆき)まもらひ、(たたか)へば、(われ)はや()ぬ。島津(しまつ)(とり)、うがいが(とも)(いま)()けに()ね』
 たたなめて()ふことは、(いくさ)(たて)(なら)べてと()(こと)であるが、言霊学(ことたま)(じゃう)から解釈(かいしゃく)すればタタは対照(たいせう)(りょく)であります。(てき)味方(みかた)とは(あひ)対峙(たいじ)して、(たがひ)(しのぎ)(けづ)()(かたち)であります。
 またタタの言霊(ことたま)は、多大(ただい)勢力(せいりょく)といふ(こと)にも()る、大軍(たいぐん)(なら)べてといふ意義(いぎ)であります。今度(こんど)の二()()(あま)岩戸(いはと)(ひら)けるのも、(えう)するに(いづ)御魂(みたま)(みづ)御魂(みたま)とが、霊的(れいてき)位置(ゐち)からと、体的(たいてき)方面(はうめん)からと(たがひ)(あひ)結合(けつがふ)して、(だい)神業(しんげふ)成就(じゃうじゅ)(きた)(こと)になって()ります。
 イナサの(やま)とは(をさ)まって無為(むゐ)言霊(ことたま)()(だい)金剛(こんがう)(りき)である。()(しづ)神徳(しんとく)(あら)はし、尊厳(そんげん)無比(むひ)意義(いぎ)である。(さわ)(みだ)るるの言霊(ことたま)で、(よど)()(さが)()るといふ意義(いぎ)である。(すなは)(せい)なる神軍(しんぐん)暴悪(ばうあく)無道(むだう)賊軍(ぞくぐん)(たたか)ふと()意義(いぎ)であります。(しか)してタタ()めてと()意義(いぎ)は、手々(たた)(なら)べて、(おほ)くの軍隊(ぐんたい)(かみ)御前(みまへ)拍手(はくしゅ)して、戦勝(せんしょう)祈念(きねん)()らすといふ(こと)であります。(ゆゑ)手々(たた)(なら)べて(かみ)拍手(はくしゅ)して祈念(きねん)すれば、()くの(ごと)敗戦(はいせん)(いた)すまい、それを不図(ふと)(わす)れて()たから、(われ)(はじ)め、一(どう)軍兵(みいくさ)苦戦(くせん)したのであらう。神前(しんぜん)(おい)手々(たた)(なら)べて、拍手(はくしゅ)するのは、神国(しんこく)固有(こいう)(をしへ)(ばか)りである。仏教(ぶっけう)(しゃ)祈念(きねん)(さい)して、数珠(じゅず)()むが()()たない。キリスト(けう)は、(てん)(むか)って祈願(きぐわん)するが、(これ)(ただ)(たん)(てん)一方(いっぱう)()して(いの)(ばか)りで、(けっ)して()()たぬ。(むかし)からの(ことわざ)にも『()()千鳥(ちどり)()()(はう)へ』と()(こと)がありますが、今日(こんにち)()(なか)(ごと)く、一寸(いっすん)(さき)(わか)らぬ精神(せいしん)(じゃう)盲者(めくら)(つんぼ)(ばか)りでは、モウ一寸(ちょっと)(くに)(たも)って()(こと)出来(でき)ぬ。サアとなった(とき)には、(かみ)大前(おほまへ)拝伏(はいふく)して、()()って(いの)らねば、(なに)(わか)らぬ()うに()って()るのであります。『島津(しまつ)(とり)()がいが(とも)(いま)()けに()ね』との()勅歌(ちょくか)は、(まこと)御国(みくに)(おも)うて敬神(けいしん)尊皇(そんわう)報国(はうこく)至誠(しせい)(いう)する、所謂(いはゆる)(かみ)(えら)まれたる(ところ)人々(ひとびと)()よ、()(とき)(はや)(わが)神軍(しんぐん)(すく)ひに()たれと、(あふ)せられたのであります。(また)島津(しまつ)(とり)()意義(いぎ)は、(とり)暁天(げうてん)()ぐる(ところ)霊鳥(れいてう)である。(かみ)(をしへ)()(まも)り、暗黒(あんこく)世界(せかい)照明(せうめい)し、()()守護(しゅご)とする(こと)而己(のみ)心身(しんしん)傾注(けいちゅう)する(ところ)の、至誠(しせい)国民(こくみん)()意義(いぎ)であります。皇道(くわうだう)大本(おほもと)忠良(ちうりゃう)なる信徒(しんと)諸氏(しょし)は、(すなは)島津(しまつ)(とり)で、()つウガイが(とも)()ふべきものであります。そしてウガイの(とも)天職(てんしょく)は、(だい)一にアナナヒの大道(だいだう)(まも)るを(もっ)主眼(しゅがん)とする。アナナヒとは、自分(じぶん)功績(いさをし)(みな)神様(かみさま)や、天皇(てんわう)陛下(へいか)()功績(こうせき)として(たてまつ)る、純忠(じゅんちう)純良(じゅんりゃう)大道(だいだう)であります。祝詞(のりと)末尾(まつび)にも()()(もの)(うな)()(つき)()きて、(かしこ)(かしこ)(まを)すとあるのも、(かみ)(きみ)とに忠良(ちうりゃう)なる神子(しんし)()(こと)であります。(ゆゑ)吾々(われわれ)現在(げんざい)日本(にっぽん)(こく)世態(せたい)から(かんが)へて()て、(かみ)()(にん)(おん)(ため)に、忠誠(ちうせい)大道(だいだう)(まった)うし(もっ)て、神恩(しんおん)皇恩(くわうおん)(むく)(まつ)るべき時機(じき)逢遇(ほうぐう)せる(こと)(わす)れてはならぬのであります。
 (おそ)(おほ)(こと)でありますが、(これ)今日(こんにち)皇道(くわうだう)大本(おほもと)(たと)へて()ますと、丁度(ちゃうど)神武(じんむ)天皇(てんわう)が、()苦辛(くしん)(あそ)ばしたと同様(どうやう)苦境(くきゃう)であります。()()()(おと)()()(さか)んに筆剣(ひっけん)口創(こうさう)(もっ)()めて()る。(だい)自在(じざい)(てん)(えだ)守護(しゅご)(じん)は、随所(ずゐしょ)圧迫(あっぱく)(くは)へる。(じつ)に四(めん)楚歌(そか)(うち)(つつ)まれ、進退(しんたい)(これ)(きは)まるの現状(げんじゃう)でありますが、(これ)神様(かみさま)()試煉(しれん)覚悟(かくご)して、勇往(ゆうわう)邁進(まいしん)(つづ)け、一()後退(こうたい)せずに惟神(かむながら)大道(だいだう)()って、()()()(はら)(いや)(すす)みに(すす)みつつあるのである。一(ぱう)には本宮(ほんぐう)(やま)三体(さんたい)大神(おほかみ)(さま)(だい)神殿(しんでん)建設(けんせつ)(ちう)で、非常(ひじゃう)苦心(くしん)(ちう)にも(かか)はらず、外部(ぐわいぶ)からは大敵(たいてき)が、()(つき)(おそ)うて()る。(これ)(ふせ)()(もっ)神軍(しんぐん)(すす)めむとして、大本(おほもと)陸海(りくかい)(ぐん)とも()ふべき言論(げんろん)機関(きくわん)必要(ひつえう)を、(つよ)(つよ)(かん)ずると同時(どうじ)に、(けう)信徒(しんと)諸氏(しょし)赤誠(せきせい)(うった)へ、(やうや)新聞(しんぶん)発行(はっかう)(はこ)びに(たち)(いた)った。(すなは)手々(たた)()めて、いなさの(やま)()()()()()(ゆき)(まも)らひ(たたか)ひつつ、兵糧(ひゃうろう)弾薬(だんやく)欠乏(けつぼう)(くる)しみ、吾々(われわれ)(ほとん)奔命(ほんめい)(つか)れむとして()るのであります。アア(かみ)至誠(しせい)至忠(しちう)なる島津(しまつ)(とり)ウガイが(とも)なる()(はしら)信者(しんじゃ)の、(いま)(そう)わが奉仕(ほうし)する神業(しんげふ)(たす)けに()()れないかと()ふのは、現今(げんこん)(わたくし)心情(しんじゃう)であります。皇道(くわうだう)大本(おほもと)(はう)も、新聞(しんぶん)(しゃ)(はう)も、(さいは)ひにして(ひと)()(そろ)うた、(すなは)ちたたなめられました。さうして(かみ)(まこと)(をしへ)のまにまに、社会(しゃくわい)(すべ)ての悪魔(あくま)(たたか)って()るのであります。()()ふものは、一(たん)自分(じぶん)(のど)まで()()んだ(うを)を、飼主(かひぬし)(ため)悉皆(しっかい)()()して(もっ)て、主人(しゅじん)奉仕(ほうし)するものである。(かく)(ごと)(おこな)ひを、神様(かみさま)国家(こくか)(たい)して(おこな)赤誠(せきせい)人士(じんし)を、ウガイが(とも)()ふのであります。皇道(くわうだう)大本(おほもと)はたたなめてイナサの(やま)()()よも、いゆき(まも)らひ(たたか)ひつつ、一(てん)万乗(ばんじゃう)大君(おほぎみ)(ため)日本(にっぽん)神国(しんこく)(ため)()つは世界(せかい)人類(じんるゐ)救済(きうさい)(ため)に、不惜(ふしゃく)身命(しんみゃう)活動(くわつどう)(いた)して()る。島津(しまつ)(とり)ウガイが(とも)であります。(ゆゑ)()神示(しんじ)活動(くわつどう)(たす)くる人士(じんし)は、(すなは)(これ)島津(しまつ)(とり)ウガイが(とも)である。アア皇道(くわうだう)(ため)に、国家(こくか)(ため)(つく)しつつある大本(おほもと)を、此時(このとき)此際(このさい)()神諭(しんゆ)()精神(せいしん)真解(しんかい)された神人(しんじん)(たす)けられむ(こと)を、(いは)(まつ)(ばか)りであります。
   三
 『(かれ)(ここ)()()速日命(はやひのみこと)(まゐ)()(あま)(かみ)御子(みこ)(まを)さく。(あま)(かみ)御子(みこ)()()りましぬと(きき)つる(ゆゑ)()ひて(まゐ)(くだり)()つと(まを)して、(すなは)天津瑞(あまつしるし)(たてまつ)(つか)(まつ)りき。(かれ)()()速日命(はやひのみこと)()()()()(いも)()()()()()(めあ)ひて()める(みこ)()()()()()(みこと)()物部(もののべ)(のむらじ)穂積(ほづみ)(おみ)(うねめべ)(おみ)(おや)なり』
 天孫(てんそん)()()速日命(はやひのみこと)()()(ひこ)(いも)()()()()()(めと)って、()二方(ふたかた)()(そろ)ひに()って、中津(なかつ)(くに)知召(しろしめ)されて()られたが、(いま)天津(あまつ)(かみ)御子(みこ)なる天皇(てんわう)が、(この)大和(やまと)(のくに)()(いで)()った(こと)()(たま)うて、(みづか)(おん)(まへ)にお()しになって、()自分(じぶん)天津(あまつ)(かみ)(おな)()(すゑ)()ると()証拠(しょうこ)天津(あまつ)(しるし)(すなは)大切(たいせつ)宝物(はうもつ)献上(けんじゃう)されて(まった)天津(あまつ)(かみ)御子(みこ)帰順(きじゅん)されました。(いま)までは()()速日命(はやひのみこと)は、立派(りっぱ)なる天孫(てんそん)で、天下(てんか)統治(とうぢ)大権(たいけん)()()ちに()って()られたなれど、最早(もはや)今度(こんど)天津(あまつ)(かみ)御子(みこ)帰順(きじゅん)すべき、時節(じせつ)到来(たうらい)せる(こと)を、心底(しんてい)より覚悟(かくご)されて、(きは)めて柔順(じうじゅん)に、(すべ)ての(もの)()(ゆづり)(わた)しに()ったのであります。神諭(しんゆ)にも「時節(じせつ)ほど結構(けっこう)なものの(おそ)ろしいものは()い、時節(じせつ)には(かみ)(かな)はぬぞよ。時節(じせつ)()てば(いり)(まめ)にも(はな)()いて、(うれ)(うれ)しの果実()()るぞよ」と()()ります。(うしとら)金神(こんじん)(さま)も、(とき)時節(じせつ)で三千(ねん)(なが)年月(としつき)悪神(あくがみ)祟神(たたりがみ)と、四(はう)(ぱう)から(ののし)られ圧迫(あっぱく)されて、(うしとら)(はう)隠忍(いんにん)して、神政(しんせい)成就(じゃうじゅ)時節(じせつ)()たれたのであります。(えう)するに、神武(じんむ)天皇(てんわう)中津(なかつ)(くに)平定(へいてい)して、皇位(くわうゐ)()かせ(たま)うたのも時節(じせつ)なら、邇芸(にぎ)速日命(はやひのみこと)が、国土(こくど)珍宝(ちんぱう)一切(いっさい)()げて帰順(きじゅん)されたのも時節(じせつ)(ちから)であります。(しか)(うしとら)金神(こんじん)国常立尊(くにとこたちのみこと)は、神界(しんかい)(おもて)()ちて神々(かみがみ)統治(とうぢ)する大権(たいけん)()()けに()ったのでありますが、神武(じんむ)天皇(てんわう)は、()()速日命(はやひのみこと)から、現界(げんかい)統治(とうぢ)大権(たいけん)()受取(うけとり)()ったのであります。(ゆゑ)神界(しんかい)現界(げんかい)とを(はな)して(かんが)へて(いただ)かぬと、()んだ誤解(ごかい)(まね)(おそ)れが出来(でき)(まゐ)ります。今日(こんにち)神諭(しんゆ)誤解(ごかい)して皇道(くわうだう)大本(おほもと)色々(いろいろ)と、批難(ひなん)するものの(あら)はれたのは、()(かん)消息(せうそく)(かい)()ざる浅智(せんち)浅学(せんがく)(しゃ)の、不明(ふめい)(いた)(ところ)であります。邇芸(にぎ)速日命(はやひのみこと)御子(みこ)()()()()()(のみこと)は、神武(じんむ)天皇(てんわう)忠勤(ちうきん)(ぬきんで)られ、()即位(そくゐ)(おん)(とき)には、鎮魂(ちんこん)祭事(さいじ)奉仕(ほうし)された(かた)であります。
   四
 『(かれ)(かく)(ごと)(あら)ぶる(かみ)(たち)(こと)()平和(やは)し、不伏人等(まつろはぬものども)退(はらひ)(たひら)げたまひて、畝火(うねび)白梼(かし)原宮(はらのみや)()しまして天下(あめのした)(しろ)しめしき』
 天皇(てんわう)種々(しゅじゅ)雑多(ざった)()艱難(かんなん)(あそ)ばされ、(もろもろ)悪神(あらぶるかみ)(こと)()平和(やは)し、畝火(うねび)橿(かし)原宮(はらのみや)に、辛酉(かのととり)(とし)正月(しゃうぐわつ)元日(ぐわんじつ)に、天津(あまつ)日嗣(ひつぎ)御位(みくらゐ)()かせられました。丁度(ちゃうど)来年(らいねん)大正(たいしゃう)(ねん))は()即位(そくゐ)(とし)から四十四(くわい)()辛酉(かのととり)(とし)であって、(じつ)()()()意義(いぎ)(ふか)(とし)でありますから、皆様(みなさま)とともに改心(かいしん)()()うて()紀元(きげん)(せつ)(むか)(まつ)()うに、(いた)()いのであります。
 『(かれ)日向(ひむか)()しましし(とき)阿多(あた)小椅君(をばしのきみ)(いも)()()()()()()()して()みませる(みこ)()()()()()(のみこと)(つぎ)()()()()(のみこと)二柱(ふたはしら)()せり』
 阿多(あた)はアデヤカの(たま)(がへ)しであって、艶麗(えんれい)なる容貌(ようばう)意義(いぎ)である。小椅(をばし)(をば)しの意義(いぎ)で、(いも)(つま)()(こと)である。(えう)するに立派(りっぱ)御妃(おきさき)(めと)られた(こと)で、吾人(ごじん)()へば妻帯(さいたい)したと()(こと)であります。
 言霊(ことたま)()(とま)(なり)意義(いぎ)である。(また)()中心(ちうしん)大物(おほもの)(ぬし)言霊(ことたま)である。(えう)するに国津(くにつ)(かみ)(かしら)地位(ちゐ)にある(ひと)で、国色(かほいろ)(すぐ)れたる(ひと)である。
 言霊(ことたま)対照力(たたのちから)(なり)()(あら)はし()(なり)意義(いぎ)である。
 ()()()()()言霊(ことたま)は、大本(たいほん)初頭(しょとう)(なり)尊厳(そんげん)(なり)()(なり)高皇(たかみ)産霊(むすび)(のかみ)(なり)霊系(れいけい)(なり)ヒメ高貴(かうき)なる婦人(ふじん)名称(めいしょう)(なり)以上(いじゃう)言霊(ことたま)(かい)より(かんが)へる(とき)は、(じつ)申分(まをしぶん)()き、立派(りっぱ)御妃(おきさき)()(こと)であります。()()()()して()みませる御子(みこ)に、()()()()()(のみこと)()()()()(のみこと)の二皇子(わうじ)があります。()()()()()()(のみこと)は、(つひ)謀反(むほん)(くはだ)て、()()(てい)神沼(かむぬな)河耳(かはみみ)(のみこと)に、(ほろ)ぼされて(しま)はれました。(この)(こと)(のち)(くは)しく(まをし)()げますから、(ここ)(はぶ)いておきます。
 『(しか)れども(さら)(おほ)(きさき)()美人(をとめ)()(たま)(とき)に、(おほ)久米(くめ)(のみこと)(まを)さく、此間(ここ)(かみ)御子(みこ)なりと(まを)媛女(をとめ)()り、()(かみ)御子(みこ)なりと(まを)所以(ゆゑん)は、三嶋(みしま)(みぞ)(くひ)(むすめ)()()()()()()()()(その)容姿(みめすがた)()かりければ、美和(みわ)大物(おほもの)(ぬし)(のかみ)()()でて、()美人(をとめ)大便所(かはや)()れる(とき)に、()(ぬり)()()りて、()大便所(かはや)溝流下(した)より、()美人(をとめ)富登(ほと)()きたまひき』
 美和(みわ)大物主(おほものぬし)(のかみ)言霊(ことたま)(じゃう)形体(けいたい)具足(ぐそく)(なり)郡類(ぐんるゐ)(なり)(おこ)(たす)くる(なり)()ふる(なり)本元(もと)(なり)(しも)(はたら)(なり)()活用(くわつよう)(なり)()(しづま)(なり)(かた)(しま)(なり)以上(いじゃう)活用(くわつよう)()りて大物(おほもの)(ぬし)(かみ)世界(せかい)各国(かくこく)帝王(ていわう)(また)(だい)統領(とうりゃう)司宰(しさい)すべき(だい)帝王(ていわう)天職(てんしょく)なる(こと)()られるのである。
 ()()()()()()()言霊(ことたま)は、()(はたら)(なり)()(なり)固有(こいう)大父(たいふ)(なり)最強(さいきゃう)なる対照力(たたのちから)(なり)()(もと)(なり)平均(へいきん)(りょく)(なり)()(あま)(なり)無量(むりゃう)寿(じゅ)(もと)(なり)循環(じゅんくわん)神機(しんき)(なり)()(なり)(あま)()(なり)()()(なり)
 以上(いじゃう)言霊(ことたま)綜合(そうがふ)する(とき)は、(うしとら)金神(こんじん)国常立(くにとこたち)(のみこと)()活動(くわつどう)(およ)()神諭(しんゆ)(だい)精神(せいしん)適合(てきがふ)し、(ほとん)皇道(くわうだう)大本(おほもと)活動(くわつどう)状態(じゃうたい)()して()るのであります。三輪(みわ)大物(おほもの)(ぬし)(かみ)なる地主(ちしゅ)唯一(ゆゐいつ)物質(ぶっしつ)(かい)帝王(ていわう)が、主義(しゅぎ)精神(せいしん)実行(じっかう)(まこと)立派(りっぱ)なる(こと)を、感賞(かんしゃう)して(めと)らせられたといふ意義(いぎ)であります。
 『美和(みわ)大物(おほもの)(ぬし)(のかみ)()()でて、()美人(をとめ)大便所(かはや)()れる(とき)に』
()(こと)は、大便所(かはや)(じつ)雪隠(せっちん)()って(かく)れたる(ところ)で、(もっと)(ひく)(ところ)である。(しか)して(じつ)(みにく)(ところ)であるが、()蓄積(ちくせき)せる糞尿(ふんねう)は、植物(しょくぶつ)一切(いっさい)大切(たいせつ)なる肥料(ひれう)となるのである。(また)大便(だいべん)蛆虫(うぢむし)発生(はっせい)して、段々(だんだん)生長(せいちゃう)羽化(うくわ)して、(はへ)となり立派(りっぱ)人間(にんげん)(あたま)にも()まったり、神殿(しんでん)へも自由(じいう)自在(じざい)()んで()(やう)になるものである。()神諭(しんゆ)にも『出口(でぐち)(なほ)は、糞糠(くそかす)(おと)して御用(ごよう)()してあるぞよ。世間(せけん)から()ればアンナものがと(まを)せども、(さき)()()()れよ。アンナものがコンナものに()仕組(しぐみ)(いた)してあるぞよ。()いた(くち)(ふさ)がらぬぞよ。牛糞(うしくそ)天下(てんか)()ると(まを)(たと)へは、今度(こんど)(こと)であるぞよ』と(あら)はれて()りますが今日(こんにち)皇道(くわうだう)大本(おほもと)は、(じつ)世俗(せぞく)から()れば、(じつ)(つま)らぬ(ところ)()うに()え、役員(やくゐん)信者(しんじゃ)は、(みな)今日(こんにち)鼻高(はなだか)さんの()からは糞虫(くそむし)()えるのであります。()(きた)ない(ところ)()()()りに()って()る、()()()()()()()なる、(しん)(ちから)ある女神(めがみ)感賞(かんしゃう)して、()(した)(かく)れて、()()ひし(たま)三輪(みわ)大物(おほもの)(ぬし)(のかみ)は、現今(げんこん)()()てはめましたなれば、如何(いか)なる神様(かみさま)でありませう()(じつ)意味(いみ)深重(しんちょう)物語(ものがた)りではありませぬ()
 『()(ぬり)()()りて、()大便所(かはや)溝流下(した)より、()美人(をとめ)富登(ほと)()きたまひき』
 ()(ぬり)()言霊(ことたま)内心(ないしん)(した)()(なり)(ねばり)()(なり)()(てり)()(なり)()(なり)(しゅ)(とく)(なり)麻柱(あななひ)()(なり)()(きょく)(なり)(とり)(かたち)(なり)(おや)(いは)(なり)(すなは)(しゅ)()(しん)三徳(みわ)大物(おほもの)(ぬし)(のかみ)極徳(きょくとく)(たも)ちて、大便所(かはや)(なか)(まで)()(さが)(あそ)ばしたと()言霊(ことたま)であります。
 大便所(かはや)言霊(ことたま)(かぶ)(おほ)(なり)(ひか)(かがや)(なり)紋理(あや)起元(おこり)(なり)(うま)()(なり)(おや)(かへり)みる(なり)地球(ちきう)(した)しく包裏(つつみ)()(なり)常世(とこよ)(てん)(てら)()(なり)裏面(りめん)天地(てんち)(なり)以上(いじゃう)言霊(ことたま)活用(くわつよう)()れば、外醜(ぐわいしう)内美(ないび)なる神界(しんかい)(だい)経綸(けいりん)(ぢゃう)たる(こと)()らるるのであります。三輪(みわ)大物(おほもの)(ぬし)(のかみ)は、()(ぬり)()()大便所(かはや)()(さが)しになる(とき)は、太古(たいこ)(ばか)りではありますまい。その(また)大便所(かはや)は、何国(いづこ)山奥(やまおく)()るか、谷底(たにそこ)にあるか、各自(めいめい)霊魂(みたま)(みが)いて、三輪(みわ)大物(おほもの)(ぬし)(のかみ)()うに、()所在(しょざい)(さが)()てねば()りませぬ。
   五   (三輪大物主神の段御本文略す)
 三輪(みわ)大物(おほもの)(ぬし)(のかみ)が、大便所(かはや)(した)まで苦心(くしん)して、()()()()()()()(した)って、()(さが)(あそ)ばしたと()(こと)は、(じつ)社会(しゃくわい)整理(せいり)(じゃう)よくよくの(こと)なのである。(これ)現代(げんだい)照合(せうがふ)して(かんが)へて()れば、古今(ここん)東西(とうざい)聖人(せいじん)賢哲(けんてつ)()(たひら)けく(をさ)め、(ひと)身魂(みたま)(やす)んぜむとして、熱誠(ねっせい)()めて唱道(しゃうだう)せる宗教(しうけう)倫理(りんり)道徳(だうとく)(せつ)や、政治(せいぢ)方針(はうしん)(これ)反覆(はんぷく)練習(れんしふ)(きた)りしこと(すう)(ねん)(ちゃう)年月(ねんげつ)(つひや)して()ましたが、()(もっ)(しん)()社会(しゃくわい)平和(へいわ)(すす)め、(ひと)身魂(みたま)安全(あんぜん)ならしむる(こと)出来(でき)なかったのであります。宗教(しうけう)も、倫理(りんり)も、政治(せいぢ)も、哲学(てつがく)も、古来(こらい)(かく)学者(がくしゃ)(はい)(くち)()(ふで)によりて主張(しゅちゃう)宣伝(せんでん)され、各自(かくじ)学派(がくは)宗派(しうは)党派(たうは)樹立(じゅりつ)し、(もっ)(あひ)凌轢(りょうれき)する天下(てんか)混乱(こんらん)状態(じゃうたい)は、所謂(いはゆる)神武(じんむ)天皇(てんわう)()(たま)ひし『(つひ)(いふ)(きみ)()り、(むら)(をさ)あらしめ、各自(おのおの)(さかひ)(わか)(もち)ゐ、(あひ)(しの)(きし)ろふ』と(いく)(ばく)差異(さい)がありませう()現代(げんだい)上流(じゃうりう)社会(しゃくわい)自称(じしょう)する体主(たいしゅ)霊従(れいじう)(てき)人間(にんげん)美衣(びい)美食(びしょく)美酒(びしゅ)美色(びしき)耽溺(たんでき)し、大厦(たいか)高楼(かうろう)起臥(きぐわ)し、尸位(しゐ)素餐(そさん)閑居(かんきょ)不善(ふぜん)(きは)め、(さか)んに成金(なりきん)(ぶり)発揮(はっき)利己(りこ)(ぺん)生活(せいくわつ)(おく)るものがあり、一(ぱう)には営々(えいえい)兀々(こつこつ)として子女(しぢょ)教養(けうやう)し、重税(ぢゅうぜい)(くる)しみつつ、租税(そぜい)醸造(じゃうざう)機関(きくわん)たる、枢軸(すうぢく)(てき)所謂(いはゆる)中流(ちうりう)社会(しゃくわい)()って、日夜(にちや)各種(かくしゅ)思想(しさう)問題(もんだい)去就(きょしう)(けっ)()ね、不明(ふめい)不安(ふあん)生活(せいくわつ)(おく)るものがある。一(ぱう)には生活(せいくわつ)物資(ぶっし)()むが(ため)に、岌々(きうきう)()として奔走(ほんそう)勤労(きんらう)しながら、()()其日(そのひ)生活(せいくわつ)家族(かぞく)(くる)しましめ、生命(せいめい)糊口(ここう)不安(ふあん)()られつつ()下流(かりう)社会(しゃくわい)がある。全体(ぜんたい)上流(じゃうりう)だとか、中流(ちうりう)だとか、下流(かりう)だとか、名称(めいしょう)()するも、人類(じんるゐ)として(はた)して(なん)差異(さい)があるであらう()人生(じんせい)目的(もくてき)たるや、(けっ)して衣食(いしょく)(ぢゅう)のみの(ため)(うま)れたものではあるまい。禽獣(きんじう)(あひ)(ひと)しく生活(せいくわつ)物資(ぶっし)()るため而己(のみ)(うま)れ、生活(せいくわつ)(ため)のみに奔走(ほんそう)すべきものなるの理由(りいう)(だん)じて()いのであります。人生(じんせい)(しん)面目(めんぼく)は、天地(てんち)経綸(けいりん)司宰(しさい)(しゃ)として、天下(てんか)国家(こくか)(ため)に、各自(かくじ)(ぶん)(おう)じて活動(くわつどう)すべく、神明(しんめい)代表(だいへう)(しゃ)たる本分(ほんぶん)(つく)すべきもので()ると(おも)ふ。(しか)るに現代(げんだい)(じん)人生(じんせい)本分(ほんぶん)自己(じこ)天職(てんしょく)(わす)れて、物資(ぶっし)財力(ざいりょく)政権(せいけん)(とう)獲得(くわくとく)(もっ)て、人生(じんせい)経綸(けいりん)本義(ほんぎ)誤信(ごしん)し、(もっ)(だい)国際(こくさい)(てき)競争(きゃうさう)に、(ちう)政権(せいけん)争奪(さうだつ)に、(たう)(むす)()(きそ)ひ、日夜(にちや)盲進(もうしん)(てき)態度(たいど)持続(ぢぞく)し、(せう)個人(こじん)として利己(りこ)(ぺん)営利(えいり)(あひ)競争(きゃうさう)し、各自(かくじ)(あひ)凌轢(りょうれき)して、()(しょ)するの惨状(さんじゃう)は、()れ二千五百八十(ねん)以前(いぜん)に、神武(じんむ)天皇(てんわう)()(たま)ひし『(いふ)(きみ)()(むら)(をさ)あらしめ、各自(おのおの)(さかひ)(わか)(もち)ゐ、(あひ)(しの)ぎきしろふ』の世態(せたい)と、(ほとん)酷似(こくじ)して()るではありませぬ()。アア如何(いか)にして、無道(むだう)無明(むみゃう)現代(げんだい)(すく)ふことが出来(でき)ませう()如何(いか)なる(ひと)混乱(こんらん)累惑(るゐわく)現代(げんだい)匡正(きゃうせい)改造(かいざう)するでありませう()皇道(くわうだう)大本(おほもと)出現(しゅつげん)は、(はた)して現代(げんだい)(おい)て、無用(むよう)長物(ちゃうぶつ)たる所以(ゆゑん)(みと)める(こと)出来(でき)るでありませう()
 (かしこ)くも明治(めいぢ)天皇(てんわう)国民(こくみん)教育(けういく)根本(こんぽん)(くわん)する(だい)勅語(ちょくご)(くだ)(たま)ひて、
 『()(ミチ)ハ、(ジツ)()皇祖(クワウソ)皇宗(クワウソウ)遺訓(ヰクン)ニシテ、子孫(シソン)臣民(シンミン)(トモ)遵守(ジュンシュ)スヘキ(トコロ)(コレ)古今(ココン)(ツウ)シテ(アヤマ)ラス、(コレ)中外(チウグワイ)(ホドコ)シテ(モト)ラス、(チン)(ナンヂ)臣民(シンミン)(トモ)ニ、拳々(ケンケン)服膺(フクヨウ)シテ、(ミナ)(ソノ)(トク)(イツ)ニセンコトヲ(コヒ)(ネガ)フ』
 嗚呼(ああ)日本(にっぽん)(こく)臣民(しんみん)たるもの、(たれ)かこの()聖旨(せいし)奉戴(ほうたい)し、(もっ)国体(こくたい)精華(せいくわ)発揮(はっき)し、天壌(てんじゃう)無窮(むきう)皇運(くわううん)扶翼(ふよく)(たてまつ)り、(もっ)祖先(そせん)遺風(ゐふう)顕彰(けんしゃう)したる(もの)が、幾人(いくにん)あるであらう()(また)(たれ)か、陛下(へいか)忠良(ちうりゃう)なる臣民(しんみん)たるの資格(しかく)(いう)するもの、幾人(いくにん)あるであらう()。六千万の同胞(どうほう)は、上下(じゃうげ)(べつ)なく滔々(たうたう)として、世界(せかい)濁流(だくりう)游泳(いうえい)しつつ私産(しさん)(つく)り、虚栄(きょえい)(むさぼ)るに(おい)て、(あへ)手段(しゅだん)善悪(ぜんあく)()はず、偽善(ぎぜん)詐偽(さぎ)不倫(ふりん)(とう)体主(たいしゅ)霊従(れいじう)(てき)行為(かうゐ)根本(こんぽん)(てき)に、人生(じんせい)天賦(てんぷ)徳器(とくき)破壊(はくわい)するも、(さら)(すこ)しも()(かい)せざるの状態(じゃうたい)であります。(こと)皇国(くわうこく)(うま)れたる学者(がくしゃ)にして、『邦家(ほうか)()経緯(けいゐ)王化(わうくわ)()鴻基(こうき)(なり)』と天武(てんむ)天皇(てんわう)()(たま)ひたる、皇祖(くわうそ)皇宗(くわうそう)()遺訓(ゐくん)なる神典(しんてん)の一(だい)精神(せいしん)と一(だい)使命(しめい)(さと)らず、(あだか)西洋(せいやう)印度(いんど)(とう)神話(しんわ)と、(どう)()して(かへり)みざる而己(のみ)ならず、(かへっ)軽侮(けいぶ)(まなこ)(もっ)(これ)(ぐう)するもの()るやに()くのであります。()くの(ごと)く、(もっと)尊重(そんちょう)心服(しんぷく)すべき、斯道(しだう)大本(たいほん)忘却(ばうきゃく)()軽侮(けいぶ)しつつ、()徹底(てってい)(きは)まる泰西(たいせい)迷妄(めいまう)(がく)心酔(しんすゐ)して、自己(じこ)天賦(てんぷ)神霊(しんれい)累惑(るゐわく)せしめたる盲目(もうもく)学者(がくしゃ)輩出(はいしゅつ)するに(いた)って、天下(てんか)益々(ますます)無道(むだう)無明(むみゃう)(ゐき)墜転(つゐてん)するは、(じつ)遺憾(ゐかん)(かぎ)()次第(しだい)であります。彼等(かれら)盲目(もうもく)なる学者(がくしゃ)(はい)は、(じつ)日本(にっぽん)国体(こくたい)蠧虫(とちう)であって、(また)教育(けういく)(かい)蠧魚(とぎょ)であります。現代(げんだい)(ごと)秕政(ひせい)その窮極(きうきょく)(たっ)し、一(にち)(おく)りの政治(せいぢ)や、其場(そのば)(かぎ)りの教育(けういく)(もっ)て、如何(どう)して()国体(こくたい)精華(せいくわ)発揮(はっき)(たてまつ)(こと)出来(でき)ませう()。ああ()(じつ)三輪(みわ)大物(おほもの)(ぬし)(のかみ)が、カハヤの(した)まで丹塗(にぬり)()()って、()()()()()()()(のみこと)を、(した)(さが)(たま)うた所以(ゆゑん)ではありますまいか。ああ神聖(しんせい)不可(ふか)(はん)なる皇憲(くわうけん)運用(うんよう)(たてまつ)資格(しかく)ある政治(せいぢ)()宗教(しうけう)()教育(けういく)()は、何時(いつ)()出現(しゅつげん)するでありませう()(おも)へば現代(げんだい)政治(せいぢ)教育(けういく)宗教(しうけう)(ぐらゐ)無力(むりょく)()定見(ていけん)なるものは()りますまい。
 『()美人(をとめ)富登(ほと)()(たま)ひき』
 ホト言霊(ことたま)霊地(ほと)であり、秀所(ほと)であり、()高天原(たかあまはら)である。()局処(つぼと)である。神宮(しんぐう)(つぼ)(うち)()意義(いぎ)もあります。
 ()(たま)ひきと()(こと)は、肝腎(かんじん)(かな)めの局所(きょくしょ)()()め、()(きは)められたことであります。
 ヲトメ言霊(ことたま)解説(かいせつ)すれば、
 (まつ)(まも)らしむる(なり)(をさ)(なり)(をさ)(なり)(をしへ)(なり)()(なり)(むす)びて一と()(なり)
 (むす)(さだ)むる(なり)(みな)(をさま)(なり)(とう)(なり)八咫(やあた)(はし)(なり)
 内部(うち)(いきほひ)(ふく)(なり)本性(ほんせい)(うつ)(のこ)(なり)(おや)(なり)発芽(はつが)(なり)(あま)()(なり)()()(なり)
 以上(いじゃう)言霊(ことたま)は、天地(てんち)経綸(けいりん)活用(くわつよう)ある女神(めがみ)発顕(はつげん)にして、祭政(さいせい)(けう)()(だい)道場(だうぢゃう)である。(すなは)皇祖(くわうそ)皇宗(くわうそう)()遺訓(ゐくん)遵奉(じゅんぽう)し、()顕彰(けんしゃう)する神示(しんじ)の、聖団(せいだん)のある()高天原(たかあまはら)である。
 ホト言霊(ことたま)(さら)解釈(かいしゃく)すれば、(うへ)(あらは)(なり)活霊(くわつれい)(なり)(てり)()(なり)()(みづ)宿(やど)(なり)()(たる)(なり)
 (とほ)(むす)(をさめ)(なり)(もっと)迅速(じんそく)疾走(しっそう)鋭敏(えいびん)(なり)
 (すなは)ち、(いづ)御魂(みたま)(みづ)御魂(みたま)依宿(いしゅく)し、(もっと)迅速(じんそく)鋭敏(えいびん)活用(くわつよう)()らす()御子(みこ)の、(あし)なる(たり)聖処(せいしょ)()高天原(たかあまはら)なる(こと)(うかが)はれるのであります。
 『(かれ)()美人(をとめ)(おどろ)きて、(たち)(はし)りいすすぎき』
 をとめ三輪(みわ)大物(おほもの)(ぬし)(のかみ)に、局処(きょくしょ)()()められ、非常(ひじゃう)恐懼(きょうく)()(ところ)()らず、(ただち)()ちて大神(おほかみ)(めい)(ほう)じ、四(はう)奔走(ほんそう)して敬神(けいしん)勤皇(きんわう)報国(はうこく)至誠(しせい)(ため)に、大々(だいだい)(てき)活動(くわつどう)開始(かいし)されたといふ(こと)であります。
 『いすすぎき』と()概略(がいりゃく)意義(いぎ)は、(いさ)(すす)君国(くんこく)(ため)至誠(しせい)至忠(しちう)(だい)活動(くわつどう)(いた)(こと)であります。吾々(われわれ)皇道(くわうだう)大本(おほもと)信者(しんじゃ)も、君国(くんこく)()めに、至誠(しせい)(もっ)天地(てんち)(つらぬ)くの大々(だいだい)(てき)活動(くわつどう)(いた)さねば()らぬ時運(じうん)到達(たうたつ)(いた)したのであります。
 『(かく)()()(もち)()て、(とこ)()()きしかば、(たちま)(うる)はしき壮夫(をとこ)になりて、(たちま)()美人(をとめ)(みあ)ひて()みませる御子(みこ)()()()()()()()()()()()()(のみこと)
 そこで()()(もち)()て、(とこ)()()きしと()意味(いみ)は、改造(かいざう)された三輪(みわ)大物(おほもの)(ぬし)化身(けしん)を、(もっと)(たふと)()()(たてまつ)って、将来(だい)国家(こくか)経綸(けいりん)を、()()()()()()()から一々(いちいち)詳細(しゃうさい)(まをし)()げると、大物(おほもの)(ぬし)(のかみ)は、(はじ)めて神意(しんい)(さと)(たま)ふと同時(どうじ)に、今迄(いままで)()煩慮(はんりょ)忽然(こつぜん)として()()せ、勇壮(ゆうさう)活溌(くわっぱつ)なる(だい)丈夫(ぢゃうふ)身魂(みたま)改造(かいざう)変化(へんくわ)され、将来(しゃうらい)(のぞみ)(いだ)かれ、楽天(らくてん)進取(しんしゅ)清潔(せいけつ)統一(とういつ)(だい)精神(せいしん)確持(かくぢ)し、美人(をとめ)瑞霊(ずゐれい))と()()はし(きき)()はし()()はして、立派(りっぱ)御子(みこ)()(たま)うたのであります。
 ミコ言霊(ことたま)(かい)すれば、
 (たま)()(なり)()(あきら)かに()(なり)(しん)(なり)(みつ)(なり)()(なり)形体(けいたい)具足(ぐそく)成就(じゃうじゅ)(なり)
 天津(あまつ)(まこと)(なり)脳髄(なうずゐ)(なり)一切(いっさい)真元(しんげん)()(なり)(まった)(かなま)(なり)
 (すなは)(たま)()(なり)は、(たま)天下(てんか)統治(とうぢ)表象(へうしゃう)である。()(あきら)かに()(なり)は、皇国(くわうこく)(だい)使命(しめい)日神(ひのかみ)月神(つきのかみ)(ひかり)()りて(さと)(こと)である。(しん)(なり)至真(ししん)至美(しび)至善(しぜん)神徳(しんとく)である。(みつ)(なり)光輝(くわうき)六合(りくがふ)()(わた)(こと)である。()(なり)(しゅ)()(しん)の三(とく)(およ)び三(しゅ)神器(しんき)である。形体(けいたい)具足(ぐそく)成就(じゃうじゅ)(なり)は、君民(くんみん)()神政(しんせい)完了(くわんれう)する(こと)である。
 天津(あまつ)(まこと)(なり)とは、惟神(かむながら)大道(だいだう)にして麻柱(あななひ)究極(きうきょく)である。脳髄(なうずゐ)(なり)は、万有(ばんいう)(さい)司宰(しさい)する主脳(しゅなう)意義(いぎ)である。一(さい)真元(しんげん)(なり)とは、政治(せいぢ)宗教(しうけう)教育(けういく)哲学(てつがく)(とう)(さい)真相(しんさう)本元(ほんげん)究極(きうきょく)し、(かつ)指導(しだう)する(こと)である。(まった)(かなま)(なり)は、(ぜん)(だい)宇宙(うちう)(かみ)意志(いし)()りて統御(とうぎょ)(かな)むる(こと)である。(じつ)三輪(みわ)大物(おほもの)(ぬし)(のかみ)大便所(かはや)()れる美人(をとめ)肝胆(かんたん)(あひ)(てら)(もっ)宇内(うだい)無比(むひ)のミコを()(たま)ふと()ふ、(じつ)結構(けっこう)なる皇宗(くわうそう)()遺訓(ゐくん)であります。
 『()()()()()()()()()()()()(のみこと)(また)()()()()()()()()()()()()()(まを)す』
 (()()()()()(こと)(にく)みて、(あと)(あらた)めつる御名(みな)なり)
 『(かれ)(これ)(もっ)て、(かみ)御子(みこ)とは(まを)すなりとまをしき』
 言霊(ことたま)真空之全体(あまのはらのかたち)(なり)日本(にっぽん)()(じつ)(きょく)(なり)(けっ)して()(じつ)符牒(ふてう)(ひん)にあらず、日本(にっぽん)(じん)(こゑ)有機(いうき)(ぶつ)(なり)外国(ぐわいこく)(じん)(こゑ)無機(むき)(ぶつ)(なり)符牒(ふてう)(なり)花美(はなやか)(なり)()(ひら)言霊(ことたま)(なり)
 太陽(たいやう)(めい)(なり)(うへ)(あらは)(なり)
 (とう)(なり)(をさま)(なり)
 (つね)(をさま)(しづま)(なり)
 ()(あらは)()(なり)
 (きょく)()として間断(かんだん)()(なり)
 治而無為(をさまってなすなき)(なり)
 集中(しふちう)(なり)真中(まなか)真心(まごころ)(なり)
 (かきり)()無為(すみきる)(なり)
 天津(あまつ)御祖(みおや)(しん)(なり)
 大慈(だいじ)大悲(だいひ)(きはみ)(なり)
 地球()(はら)(もの)(てん)()(なり)
 産霊(むすび)(かたち)(あらは)(なり)
 ()()()(なり)
 は一(さい)()(むす)(さだ)(をさ)むる(なり)
 (みぎ)のホトタタライススギヒメノミコトの十五言霊(ことたま)意義(いぎ)(かい)すれば、直霊(なほひ)御霊(みたま)(ひか)り、太陽(たいやう)(ごと)くに(あきら)かに()(わた)り、(くも)(うへ)()()()()(あら)はれて、十(ぜん)具足(ぐそく)神政(しんせい)(じゃう)じ、永遠(えいゑん)無窮(むきう)天下(てんか)(をさ)まりて(しづ)かなり、神人(しんじん)として(その)()蒼生(さうせい)(うへ)顕現(けんげん)し、(きょく)()として間断(たえま)()く、不言(ふげん)にして(をさ)まり、無為(むゐ)にして(くわ)し、一(さい)真中(しんちう)真心(しんしん)として、徳望(とくばう)(しん)集中(しふちう)し、(へだて)()平等(びゃうどう)(すみ)()り、天津(あまつ)(まこと)真元(しんげん)()し、(もっ)大慈(だいじ)大悲(だいひ)極点(きょくてん)()()()仁政(じんせい)()き、世界(せかい)(とう)一して物質(ぶっしつ)(かい)亡者(まうじゃ)天国(てんごく)(すく)ひ、生成(せいせい)化育(くわいく)大道(だいだう)発揚(はつやう)し、天来(てんらい)天賦(てんぷ)()()()体現(たいげん)し、宇宙(うちう)万有(ばんいう)()(むす)(をさ)むるの神業(しんげふ)(まを)すのであります。()()()(かみ)御代(みよ)現象(げんしゃう)は、(じつ)にホトタタライススギヒメノミコトと(あら)はれるのであります。皇道(くわうだう)大本(おほもと)神教(しんけう)は、(すなは)ちこの女神(めがみ)招来(せうらい)せむとするのであります。
 (また)()はヒメタタライスケヨリヒメと(まを)す。(()()()()()(こと)(にく)みて(のち)(あらた)めつる御名(みな)なり)とある意義(いぎ)は、()()霊地(れいち)にして、()高天原(たかあまはら)である。(しか)るに()高天原(たかあまはら)は、世界(せかい)人類(じんるゐ)(をし)ゆる(ところ)にして、政治(せいぢ)中府(ちうふ)にあらず、(ゆゑ)にヒメ(すなは)(れい)(てん)最高(さいかう)の、(てん)霊府(れいふ)(あらた)められたるを、()()(まを)すことを(にく)みてと、言霊(ことたま)(うへ)から(しめ)されたのであります。
 ()たイスケヨリヒメのイスヒメは、(まへ)()べた(とほ)りの活用(くわつよう)でありますが、ケヨリと(あらた)まったのは、一(だん)()神業(しんげふ)発展(はってん)したる意味(いみ)であります、(すなは)朝日(あさひ)(ひがし)(かがや)(わた)る、()(いづ)(くに)国徳(こくとく)にして、後嗣(こうし)再生(さいせい)神徳(しんとく)であります。(てん)(くわ)(すゐ)()調和(てうわ)し、至善(しぜん)至美(しび)極徳(きょくとく)(もっ)て、(あめ)(した)四方(よも)(くに)(のり)つたふる神力(しんりき)(そな)へ、(もっ)万物(ばんぶつ)統御(とうぎょ)し、天壌(てんじゃう)無窮(むきう)極治(きょくち)極徳(きょくとく)(ほどこ)(たま)ふと()ふ、(かみ)経綸(けいりん)体現(たいげん)する真人(しんじん)()であります。アア現代(げんだい)世界(せかい)各国(かくこく)(みな)物質(ぶっしつ)(てき)にも精神(せいしん)(てき)にも、内乱(ないらん)続発(ぞくはつ)()(また)戦争(せんさう)物質(ぶっしつ)精神(せいしん)(とも))の益々(ますます)激烈(げきれつ)なる、()無辺(むへん)無明(むみゃう)()(すく)ひ、(をさ)(はら)(きよ)(たま)()()(がみ)は、(いま)何処(いづこ)出現(しゅつげん)せむとしつつあるやを、誠心(せいしん)誠意(せいい)天下(てんか)(ため)に、研究(けんきう)すべき時代(じだい)であらうと(おも)ひます。
(大正九・一〇・一一東京確信会席上講演録 大正九・一一・一一号神霊界)
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→