霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

歓びいさめ

インフォメーション
題名:歓びいさめ 著者:出口王仁三郎
ページ:12 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-28 01:39:09 OBC :B195303c105
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『人類愛善新聞』昭和6年11月3日
 心魂の汚れかつ曲がりたる者を清め直し、善に導くのは神の愛であります。すべての人を(かたよ)り見ることがありません。国の内外をとわず、人種の異同を論ぜず、ひとしく愛するのは神の愛であります。
 神は善人の顔も照らし悪人の身体もひとしく照らしたまうごとく、いかなる罪穢(ざいえ)ふかき人なりとも善人と同じく愛しなされる。これが至仁至愛(みろく)の神心であります。神は弱き者、小さき者、悪しき者、いかなる罪穢ふかき人なりとも、善人と同じように愛されます。これが至仁至愛の神心であります。
 神は弱き者、小さき者、悪しき者、道を知らざる者に、とくに神慮(みこころ)を煩わしたまうのであります。わが身魂(みたま)の汚れたること、曇れること、卑しきことをみずから覚りえたる者は、もはや神の御国に近づいた人であります。神徳をえたる人はどことなく温順であり、善言美詞(みやびことば)は幸いあり、悪言暴語(ののしり)は神徳にはなるるものであります。餓えたる者の食をたずね、渇きたる者の水を求むるごとく、惟神の大道を慕う者は神徳をうくるのはじめであります。おのが天職を知り、仁慈の心おこりて人々を敬愛する者は、すでに神の御恵みにあいたる人であります。
 仁愛にも種々あります。富みたる人の貧しき人を憐れみ救うも仁愛であります。強き者の弱き人を助け救うのも仁愛であります。また強き者を憐れまねばならぬ仁愛があり、けだし家富たりとて、力強きとて、誠の大道と、誠の光を知らない者は憐れな者で、かような人々を誠の道に導き救うは、至仁至愛の神の御心にかなえる仁愛であります。神の御子たる人々を憐れみ救うた人は、また天地の大神よりその身を憐れみ救われるのであります。
 神に親しみつかうる者は、至幸至福の人であります。神に親しみつかえむと思う者は、神とひとしき正しき心でなければなりません。神の道につくせしために攻撃(せめ)らるるを歓びとしなさい。正しきことをなすがために悪魔にさまたげられ、攻めらるるを幸いとなさい。真理をとりて進みしために攻めらるることを歓びとなさい。なぜなれば、そは神界より偉大なる力と無限の神憶とを与えられるはじめだからであります。誠の道のためにつくし、正しき教えにしたがいたるがために人これを罵り、あるいは攻めあるいは苦しめ、またはしいて悪様(あしざま)にいいなし、あるいは新聞雑誌などにて攻める者あらば、歓ぴて神明に感謝しなさい。これ神界にては、これに反してかならず良き報いがあるからであります。
(「人類愛善新聞」昭和6年11月3日)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
8/11霊界物語音読Podcastを始めました!Anchor、Spotify、Apple Podcastの3ヶ所で霊界物語の朗読を聞くことが出来ます。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→