霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

現代をいかにせん

インフォメーション
題名:現代をいかにせん 著者:出口王仁三郎
ページ:341 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195303c606
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『瑞祥新聞』大正14年9月21日
 現代に行なわるる既成宗教や、新宗教なるものの唱導する教義をみるに、いずれも霊肉一致の救済には大なる欠点があるようだ。某教の十戒といい、某宗の五戒といい、某宗の七カ条、某教の十二カ条、その他粟産的宗教の唱うる教義を見わたすに、いずれも倫理学の範囲を出づるものは一つもない。たまたま霊界を説き、天国浄土、地獄を説くといえども、その論旨は不徹底きわまる妄断のみで、人心を安定させる力のある教えは一つもない。
 人間は、死後の世界の生涯を気づかわないものは、痴呆者でないかぎりは一人もないはずだ。下手な自然界に行なわるる倫理の模倣ばかりをもつて、宗教の真体をつかんでいるように思つている宗教家のみだ。倫理なれは倫理の教えとして布教伝導すれは、あまりに弊害も大きくならなかろうが、不徹底きわまる天国地獄説や、神罰仏責などをひねりだして、世俗を迷妄の淵におとしいれんとしているのだからたまらない。
 既成宗教の権威と信用は、すでにすでに墜ち、新宗教の頻起するもまたなんらの権威なく、信望なく、旧き道徳はすたれて、新しき生命ある道徳の教えもおこらず、世俗は霊肉ともにその方向を見失い、自暴自棄の結果、神仏の存在を否定し、心魂日に月に荒廃して自己愛のみに専念し、あたかも野獣のごとく乱倫不行の徒のみ増加し、世はますます暗黒無明の軌道に向かつて、最大急行的に驀進しつつあるのである。
 ああ、かかる精神界自然界の一大危機に頻し、天下万民のため万有愛護の教旗をひるがえし、舎身的大活動をこころみ、霊肉の救済に向かつて実行的運動を開始する者出でずんは、世は近き将来において猛獣毒蛇の天地と一変するは、火をみるよりも明らかなるべきは、具眼者のみとむるところである。ここにおいてか吾人は、群肓の妨害や悪罵に撓まず屈せず、人類愛のため、天国建設のため、一大獅子吼を継続し、日夜活動しつつあるのである。
(「瑞祥新聞」 大正14年9月21日)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
10/4霊界物語音読一人読書会『超訳霊界物語』を読む 02「耀盌(ようわん)」は何個ある?
10/1オニドの電子書籍Kindle(電子書籍)で本を出しました。『超訳霊界物語 八人乙女(やたりおとめ)編 ~世界に間配られた16人のスサノオ・ファミリー』 これは以前オニドの有料コンテンツだったものをベースにしてさらに大幅に加筆し電子書籍にしたものです。(文量は数倍に増えています)
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→