霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

言霊の幸わう国

インフォメーション
題名:[6-1-14] 言霊の幸わう国 著者:出口王仁三郎
ページ:354 目次メモ:
概要: 備考:『神霊界』大正7年(1918年)2月号掲載「言霊の大要」の一部分を書き直したもの。 タグ: データ凡例: データ最終更新日:2020-07-29 00:54:10 OBC :B195303c615
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『人類愛善新聞』昭和6年9月23日
 皇国は太古より言霊の天照国といい、また言霊の幸わう国、言霊の助くる国と称し、皇国に生まれた人々は、いずれも七十五声の正音を自由自在に応用し、その言葉はきれいで朗らかであります。外国人の声音は数が少なくて濁り、鼻にかかり、ひねくれ、獣声に近似し、不正不規律でありまして、日本人にくらべては天地霄壌の差があります。
 すべて宇宙にはアオウエイの五大父音がありまして、それがたえまなく鳴り鳴りて鳴り止まず、造化に任じているのであります。もし神霊学をきわめ、言霊の妙用をさとりえましたならば、宇宙の五大父音は明瞭に聞くことができます。
 諺にいう大声俚耳に入らずで、われわれの肉耳にははいりません。もしその一端を知ろうとすれば、両の耳をふさぐとかえつて聞くことができます。そもそも神は万物の霊であり、言霊であり、道でありまして、宇宙間に充ち満てるのでみち(道)とも称えています。人は天地経綸の司宰者であるがゆえに、言霊の妙用を解しこれを実地に応用したならば、天地万物を自在に動かすことができ、地震、風雨、雷霆を駆使するのは易々たる業であります。
 ああ、しかれども言霊の助け幸わい天照る日本に生まれながら、天下修斎の天職を有した日本の国民一人として、これをわきまえていないのは、じつに暗黒の世となげかざるをえません。
 聖書の『ヨハネ伝』首章に、皇国言霊の消息をもらしております。「太初に道あり、道は神と偕にあり、道はすなわち神なり、この道は太初に神と偕にありき、万の物これによりて造らる。造られたるものに一としてこれによらで造られざるはなし。これに生あり、この生は人の光なり、光は暗に照り、暗はこれをサトらざりき」と。この一章をみても、いかに言霊学の至貴至重にして、万物の根本たることをうかがいうるのであります。
 本会(人類愛善会)の発祥地である丹波国は上古田庭の国と誌し、しかして田庭の言霊はじつに円満清朗であつて、中世丹波と改め、また旦波と称していました。かかる国名も丹波、丹後、但馬に分割され、丹波はタンバと言霊が跳ね濁り、丹後はタンゴと跳ね濁り、但馬はタジマと濁つてから、国魂の活用もしたがつて濁り乱れ、人心もまたこれに準じて濁り、山野草木の末にいたるまで皇祖ご遺訓の御国霊を乱すにいたりましたことは、かえすがえすも遺憾であります。
 言霊を案ずれは、田庭の国には、じつに一種特別の神縁あることがうかがい知られます。
(「人類愛善新聞」昭和6年9月23日)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト

霊界物語ネットに掲載するテキストの作成や校正を手伝っていただける方を募集しています!
まだまだ王仁三郎文献はたくさんありますので、手伝っていただけると嬉しいです。
メールでご連絡ください。oni_do@ybb.ne.jp
オニド関連サイト最新更新情報
9/8飯塚弘明.comブログ更新。「三鏡解説」を011まで載せました。目次はこちら
9/1飯塚弘明.com「霊界物語スーパーメールマガジン」に昨年から連載している三鏡の解説を、加筆訂正してブログに順次掲載して行きます。「三鏡解説 目次
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→