霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

高熊山

インフォメーション
題名:高熊山 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:144 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1421
 高熊山は亀岡市曽我部町穴太区の奥山、その中の高台である。一八九八(明治三一)年三月一日(旧二月九日)、聖師がこの山にこもり、一週間の修業をおこなったことを記念して、大本ではその山を霊場としている。喜三郎の修業当時は山頂は小松林であり、中腹から麓にかけて、うっそうとした老樹につつまれていた。
 『霊界物語』の第一巻第一章には、この山の由緒について「高熊山は上古は高御座山と称し、のちに高座といい、次で高倉と書し、ついに転訛して高熊山となったのである。丹波穴太の山奥にある高台で、上古には開化天皇を祭りたる延喜式内小幡神社の在った所である。武烈天皇が継嗣を定めむとせられたとき、穴太の皇子はこの山中に隠れ一生を送らせられたという古老の伝説が遺っておる霊山である。天皇はどうしても皇子の行方がわからぬので、やむを得ず皇族の裔を探し出して、継体天皇に御位を譲られたということである。また、この高熊山には古来一つの謎が遺っている。『朝日照る、夕日輝く、高倉の、三つ葉つつじのその下に、黄金の鶏、小判千両いけおいた』昔から時々名も知れぬ鳥が鳴いて、里人に告げたということである」とのべられている。『丹波郷土史』の記載するところによれば、七三六(天平八)年に、この山に小幡神社の奥宮が勧請されたとも伝えている。
〔写真〕
○小幡神社は穴穂の宮ともいわれた彦仁親王?御宸筆の書 p145
○小幡神社社誌 p145
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→