霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

家族の心配

インフォメーション
題名:家族の心配 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:150 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1423
 母や弟たちは、喜三郎の姿がみえなくなったので、どこかへうさばらしに遊びに行ったのか、あるいは亀岡あたりへ散在に行ったのだろうぐらいに思って、はじめは気にもとめていなかった。しかし二日たっても帰って来ないので、牧場の経営にも困り、近所の株内(同族内部)の大騒ぎとなった。そこで、手わけして各方面をさがし、また、占ったりしてもらったが、神籠教会の中井伝教は「水辺に気をつけよ、はやく探さないと生命が危い。発狂の気味がある」といい、宮川の妙霊教会の西田清記は「言い交わした婦人と、東の方へ向けて遠くかけおちしている。しかし一週間目に葉書が来るから安心せよ」という。また、篠村の弘法大師をまつる「立枝の地蔵さん」は「この男は神かくしにあったのだ。悪い天狗に魅せられたのだから生命に別状はないが、法外の大馬鹿者か気ちがいになって、一週間後には帰ってくるから安心せよ」という答えで、さっぱりつかまえどころがなかった。
 みんなが案じているところへ、一週間目の三月七日(旧二月一五日)正午前に、喜三郎はひょっこり宮垣内の自宅にもどってきた。家族や親戚の者は愁眉をひらいて「いったいどこへ行っていたのか」と尋ねたが、「神様に連れられて、ちょっと修業に行ってきた」と簡単に答えただけであった。喜三郎はにわかに空腹を感じたらしく、冷たい麦飯を二、三杯かきこむと、こんどは急に眠気をもよおして一昼夜ぐっすりと寝こんでしまった。
 翌八日の午後やっと眼がさめ、さっそく産土神社と父の墓へ参ったが、九日になると朝から四肢が硬直状態になってしまった。耳ははっきり聞こえるのに、口もきけず眼も開かず、身動き一つすることもできなかった。感覚はあるが、だれがみても昏睡状態に見えるので、一同は心配して柿花(現亀岡市薭田野町)の吉岡医師をよんだ。医者はもう見込みがないといって帰った。それでは、というので、天理教の明誠教会の斎藤某や、京都の誓願寺の祈祷僧が招かれ、狐つきだろうと祈祷をしたり、題目を唱えたりするさわぎになった。皆の心配が喜三郎にはわかっていても、身体の自由がきかないので、されるままになっているよりほかはなかった。ついには父の墓に参ったのがおかしい、狸がついたのにちがいない、ということになって、唐辛子を青松葉といっしょにくすべて、その煙を鼻の穴にあおぎこもうとした。母のよねは、びっくりして涙をながし、大切な息子がいぶし攻めになるのをとめようとした時、喜三郎は、やっと身体が自由になり、言葉もでるようになった。
〔写真〕
○聖師とその弟妹 左より 幸吉 きみ 由松 聖師 西田元教(ゆきの夫) 政一(小竹玖仁彦) ゆき p151
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→