霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

布教活動と警察の干渉

インフォメーション
題名:布教活動と警察の干渉 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:154 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1432
 喜三郎の目的は、精神上の病者を救済することにあって、ただの病人相手ではなかった。喜三郎は多数の信者を集めて一つの団体を組織し、会場を設けて立教の主旨を発表することを目標に、会員の結集に力をそそいだ。ある日、斎藤が「幽斎ばかり研究するのもよいが、惟神の大道をひろめるには演説をやってはどうか」といいだした。
 三月下旬のある日の夕方、喜三郎は斎藤と二人づれで宮川の妙霊教会をたずね、会長西田清記に「演説させてほしい」と申し込んだ。さっそく承諾してくれたので、その晩、月次祭の後で、喜三郎は「惟神の徳性」と題し、「日本臣民として国家百年のため皇道を発揮し、わが特殊なる国体を弁明し、民族的性格を発揚して、自主的思想を伸長し、この腐敗堕落した社会を洗濯して、惟神の徳性を宇内に宣揚せねばならぬ」という主旨の処女講演をして、大かっさいをあびた。そののち、西田(遺族は現在、岐阜市奈波神社勤務)との交際は久しく絶えていたが、喜三郎は、後年西田が帰幽したとのしらせをうけて、会葬して弔歌をおくった。
 翌日には船岡の妙霊教会をたずね、三〇〇余人の聴衆にたいし、前日と同主旨の演説をし、ここでも大成功だった。この時の教会長は山田といい、副長は喜三郎の叔父佐野清六であった。
 喜楽天狗の評判がますます高くなったので、曽我部村の巡査駐在所も無視することができなくなり、喜三郎の宅をおとずれ尋問した。喜三郎の意図は、たんなる病気なおしではなく、当時の国民教化の線に一応そって、国体の尊厳や神道を説くものであったから、巡査も、喜三郎の説明でその主張や目的を了解した。しかし、巡査は「結社の法律を知っているか、お前のところの結社はどこから許可をえたか」と、なおも詰問するので、喜三郎は「余は天から命令を受けて結社している。帝国憲法第二十八条に『日本臣民は安寧を妨げず、臣民たるの義務に背かざる限りにおいて信教の自由を有す』第二十九条に『日本臣民は法律の範囲内において、言論著作印行集会結社の自由を有す』と明記せられてあれば、日本の臣民たる私が結社するのはさしつかえはなかろうと考える』と弁明した。巡査は「お前は法律の範囲内ということを知らない。宗教には宗教上のそれぞれの規則がある。大成教なり、大社教なり、他の公認の教会の管下になって開いてもらわんと、行政上黙許するわけにはゆかぬ」と強調するので、喜三郎もその言葉に従い、形だけは御嶽教の教導職になって布教活動をつづけようと決意した。
 こののち、幽斎の研究をつづけていた時のこと、ある日神示があって、ひそかに出修に行けとのことであった。そこで斎藤だけに話し、母には心配せぬようにと書き置きして出かけた。この時の書き置きに、ふと、「鬼三郎」と署名したが、「鬼」は喜三郎の「キ」と音が通ずるところから、「きさぶろう」と読んでもよいと思ったのであるが、のちに、綾部にきてから開祖の筆先で「おにさぶろう」と命名されたので、「王仁三郎」と改めるようになる。
〔写真〕
○妙霊船岡分教会(園部町船岡) p155
○大日本帝国憲法 第28条 第29条 p156
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→