霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

幽斎の修業

インフォメーション
題名:幽斎の修業 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:157 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1433
 喜三郎は深夜家を出て、産土神社に参詣して祈願をこめ、高熊山の洞穴でしばらく感合法の練習をし、園部の天満宮で神霊感合の状態にはいった。さらに丹後の元伊勢に行こうとしたが、観音峠より引きかえし、園部の親しい菓子商内藤半吾をたずねて五日間滞在し、幽斎を専修研究したうえで、穴太に帰ってきた。今回の出修で、はじめて帰神術の大略を体得したので、さらに幽斎の修業をすることにし、斎藤仲一宅で第一回の幽斎研究会を開いた。なおこの間に、神示をえて、布教のために大阪にでかけたこともあったが、機熟さず、二週間ばかり滞在して引きあげている。
 喜三郎は審神者(さにわ)(神感を審判し神の正邪を見分ける者、沙庭とも書く)となって、神主(幽斎修業者)を指導し、幽斎の法を伝授した。審神者と神主は、まず水行をして心身を清め、白衣・袴をつけ、荒菰の上に向かい合って着席する。神主は両掌を胸のあたりで組み合わせ、瞑目すると、審神者は天然笛を吹いて神人感合に入るように指導する。これが幽斎の法である。おおかたの者は三週間か四週間の修業で感合するようになるが、とかく邪神界と感合する者が多いとされる。神主は、女子は一二、三才から一五才までがよく、男子は一五、六才が適齢である。最初多田琴(喜三郎を養子に望んだ侠客多田亀の娘、二二才)を神主にしてはじめたが、志望する者が増して、石田小末(二二才)・岩森ゆき・岩森とく(一二才)・斎藤静(仲一の叔母で下司熊吉の妻、三四才)・斎藤たか(静の妹、一二才)・上田ゆき(喜三郎の妹、六才)・上田幸吉(喜三郎の弟)の八人となった。毎回三〇分ずつ一日八回修業であったが、身体を動揺したり、手を急激に上下にふるわし、口を切って騒ぎまわる者もできたが、喜三郎は一々審神し、その正邪をみわけた。
〔写真〕
○園部の天満宮書画 p157
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→