霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】[2023/12/19] サイトの全面改修に伴いサブスク化します。詳しくはこちらをどうぞ。[2024/6/30]8月中にサイトの大改修を行います。実験のためのサイトをこちらに作りました(今はメニューを変更しただけです)。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

桶伏山の建碑

インフォメーション
題名:桶伏山の建碑 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:93 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2021-03-10 11:56:18 OBC :B195402c5212
 一九三一(昭和六)年の八月、出口聖師の更生の祝が盛大におこなわれ、教団をあげて躍進的活動に入る旨の指示があった。その指示にたいして、諸会議で一致して協力しようという決議がおこなわれた。地方においてもようやく、そのための本格的活動がなされようとするときもとき、九月の八日には、綾部の本宮山(桶伏山─鶴山)の山頂に三基の碑石が建てられた。
 中央の碑石は神声碑という。碑面の上段には「うぶこえ」と横書きされ、「三せんせかいいちどにひら九うめのはな もとのかみよにたてかえたてなをすぞよ すみせんざんにこしをかけうしとらのこんじんまもるぞよ めいじ二十五ねんしようがついつか で九ちなお」ときざみこまれた。右側の碑には、大本教旨の「神者萬物普遍の霊にして人波天地経綸能大司宰也 神人合一志天茲に無限乃権力を発揮⦿ 王仁誌」という文字が記され、左側の碑には、〝盛なりしみやゐのあとのつる山にやまほととぎす昼よるを啼く〟〝よしやみは蒙古のあらのに朽るともやまと男の子の品は落さじ〟の和歌二首がきざまれた。二首のうちのまえの一首は、一九二一(大正一〇)年、第一次大本事件のとき破壊された本宮山神殿のあとに関するものであり、あとの一首は、聖師が入蒙した際パインタラにおいて死線に直面したときの辞世の歌である。
 教旨のきざまれている教碑は、一九二〇(大正九)年の六月に、仙台の千代分所から献納された六七五〇キロ(一八〇〇貫)の仙台石でつくられている。聖師によって大書された「大本教旨」がきざみこまれ、五六七殿の東側に伏せておいてあったものを、大正一二年一二月九日に、本宮山に建立するため、山頂に引きあげられていたものである。しかしそのときはまだ碑を建てるまでにいたらず、文字面をそのまま伏せておかれたものである。神声碑と歌碑は一九三一(昭和六)年の八月八日から、五六二五キロ(一五〇〇貫)の仙台石にほりはじめられ、九月一日にほりおわって本宮山に引きあげられたのである。
 この三基の碑石建立のとき、聖師の「これから十日後に大きな事件が起き、それが世界的に発展する」という言葉が信者にもらされたが、その言葉のとおりに、十日目の九月一八日に満州事変が勃発した。このことについて聖師は一ヵ月後の一〇月一八日に、亀岡の大祥殿で「九月八日は大本にとって不思議な日であります。本宮山は一名桶伏山といって、大本教旨を書いた大きな天然石を彫刻したなりで時期が来るまで伏せておいて、蒙古入りをした。帰ってきてもまだ起す時期が来なかったのであるが、その石を本年九月にて、神様からはじめて早く建ててくれといはれて建てた。気がついて見ると、新の九月八日に建てあげていた。それから十日後の九月十八日には満州問題が起ると予め言っておいたがその通りに起りました」(「真如の光」昭和6・10・18)と語っている。
 その後、大本瑞祥会第五回総会(昭和7・2・4)の席上でも、くりかえし次のように語られた。「本宮山に─桶伏山にあの碑が立ったならば、いよいよ神が表に出るといふことは、神様が始終仰せられ、私も始終これを申しておったのでありますが、いよいよ神声碑がもとの御宮さんの跡へできあがったのが九月八日でありました。九月八日の仕組、まず第一着に満州事変が起るとあの碑の前で大勢の人と話しておりましたら、愈々十八日にあの事変が突発したのです……八日といふのは、すべて意味のある日であります。八といふのは開くといふ字である。八は開き輝くところの日であります。それで、どうしても今後の満州事変といひ、いろいろと世の中に起って来ることは、これはもう神界の経綸が実現の緒についたことであるといふことをお考へになって差支へないのであります……」。
 以上のように碑石が本宮山に建てられたことは、「神が表に出る」という予言のときを知らしめ、「神界の経綸が実現の緒についた」という、大本にとっては、神・幽・現三界の立替え立直しにかかかる、きわめて重大な時機の到来を象徴するものであった。
〔写真〕
○本宮山の碑 右は教碑 中央は神声碑 左は歌碑 綾部 p95
絶賛発売中『超訳霊界物語2/出口王仁三郎の「身魂磨き」実践書/一人旅するスサノオの宣伝使たち』
オニド関連サイト最新更新情報
10/22【霊界物語ネット】王仁文庫 第六篇 たまの礎(裏の神諭)』をテキスト化しました。
5/8【霊界物語ネット】霊界物語ネットに出口王仁三郎の第六歌集『霧の海』を掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「みろく」を入力して下さい→  
本サイトは Reikai Monogatari Net (霊界物語ネット)略して「レモン」とでもお呼び下さい。/ 本サイトは飯塚弘明が運営しています。【メールアドレス】 / 動作に不具合や誤字脱字等を発見されましたら是非お知らせ下さるようお願い申し上げます。 / 本サイトに掲載されている霊界物語等の著作物の電子データは飯塚弘明ほか、多数の方々の協力によって作られました。(スペシャルサンクス) / 本サイトの著作権(デザイン、プログラム、凡例等)は飯塚弘明にあります。出口王仁三郎の著作物(霊界物語等)の著作権は保護期間が過ぎていますのでご自由にお使いいただいて構いません。ただし一部分を引用するのではなく、本サイト掲載の大部分を利用して電子書籍等に転用する場合には、必ず出典と連絡先を記して下さい。→「本サイト掲載文献の利用について」 / 出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別的と見なされる言葉や表現もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。 / プライバシーポリシー
(C) 2007-2024 Iizuka Hiroaki