霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

社会的評価のたかまり

インフォメーション
題名:社会的評価のたかまり 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:1301 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195402c8605
 戦後における大本の独自の活動が、国内外にくりひろげられてゆくなかで、疑惑と誤解とにつつまれている大本の霧はだんだんに払拭されていった。愛善苑時代からはやくも、大本の動きが世の識者の注目をあつめつつあったが、いちはやく、しかもかなり本格的に大本を論評したのは、一九五四(昭和二九)年の「中央公論」九月号に執筆された、東京大学教授小口偉一・東京大学史料編纂所員松島栄一・宗教学者佐木秋夫・法政大学教授乾孝らによる『教祖列伝(第二回)大本教』であった。この共同研究はのちに単行本の『教祖─庶民の神々』として出版されたが、そのなかで天理教につづいて大本が紹介され、精彩ある大本の考察がおこなわれた。また東京大学東洋文化研究所研究員の村上重良も『近代民衆宗教史の研究』を一九五八(昭和三三)年にあらわして、民衆宗教としての大本の評価をなした。また高木宏夫の『日本の新興宗教─大衆思想運動の歴史と論理』(昭和29年)、同『新興宗教─大衆を魅了するもの』(昭和33年)などでも大本の紹介がなされ、宗教史・宗教学の側面よりの追究が、さかんにこころみられるようになった。
 魅力ある大本の探究は、教義とその歴史のみでなく、開祖出口なお・聖師出口王仁三郎などの人物像の考察にもおよぶようになり、その広汎な大衆との接点は、政治史や思想史のみならず、文芸作品の有効な素材としてもさかんにとりあげられていった。一九五九(昭和三四)年の五月から「大阪朝日新聞」は、一一一回にわたって「歴史の群像」という特集をこころみたが、一二月二八日の紙上には、「大本開祖出口なお」が写真(彫刻座像)入りでおおきくとりあげられ、京都大学教授柴田実は、「政治と主義に見離された当時の大衆は、貧苦から生まれた、なおの世直しの思想に救いを求めた」事情を指摘した。この特集でとりあげられた群像のなかから、さらに八五人をえらんだ写真展が、大阪朝日新聞社の主催で、京都高島屋百貨店・綾部三ッ丸百貨店でおこなわれたか、とくに開祖出口なおの写真は観覧者の注目をひいた。
 開祖の筆先の書体や聖師の耀盌の真価、さらに三代教主のひととなりもたかく評価されるようになり、やがて三代教主および教主補の人柄や作品も、世の注目をあびるようになった。一九五九(昭和三四)年に、大阪の大丸百貨店をはじめとして、東京・神戸・福岡などの各百貨店で開催された大阪毎日新聞社後援の「関西百人の顔」写真展では、三代教主の写真が展示され、翌年の四月一二日には、皇居広庭でひらかれた園遊会(観桜会)には、宗教界代表として三代教主が招待されている。
 ついで、大本の本質がひろく世間に紹介され、論壇の注視をあびるようになったのにあずかって力のあったのは、当時大阪市立大学助教授(現京都大学助教授)梅棹忠夫の論文であった。この論文は、一九六〇(昭和三五)年の「中央公論」三月号に掲載された「大本教と世界連邦」である。「日本探検」の二回目をかざったものであるが、三二頁にわたるその論評は、山陰にうまれた大本のおいたちに、民衆のかくれたエネルギーを発見し、丹波の大本が、府県をこえ、日本国家を超越しえた理由がどこにあったかを、するどくかつかなり詳細に論究した。とくに大本事件における弾圧の蛮行と、そのなかに屈しなかった非転向の信徒の強靭さを力説して、大本事件の意義に言及した。梅棹論文は、京都大学教授桑原武夫の論壇時評(「大阪朝日新聞」)をはじめ、そのほかでもおおきくとりあつかわれて、大本の社会的評価をたかめるのに役だった。その後における平和のための教団組織をあげてのとりくみは、ますます社会の関心をあつめて、「毎日グラフ」(昭和35・4・17)、『主婦の友』(同年6月)のほかおおくの新聞・雑誌などでもクローズアップされ、テレビ・ラジオなどでも大本の側面が報道された。一九六二(昭和三七)年八月には、城山三郎が「小説中央公論」に創作「命令者」を執筆し、作家の立場から大本事件をとおして権力の実態をするどく追及している。このようにして大本にたいする疑惑や誤解、認識のあやまりは徐々にぬぐわれていった。

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
11/25霊界物語音読第33~38巻をアップしました。
8/31飯塚弘明.comブログ更新「三鏡解説268 犠牲
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。【メールアドレス
合言葉「おに」を入力して下さい→