霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 神秘の国

インフォメーション
題名:第五章 神秘の国 著者:出口王仁三郎
ページ:303 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121801c38
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『東北日記』第8巻(昭和3年11月7日)
 神典や宗教や言霊学の方面から考へて見ると、古代日本の思想や文化の程度は、其の時代時代に於ける世界の文化よりは非常に早く進んで居たものである、そして又種々の思想や宗教や丈化が移入されて居るが、世界の宗主国と云はるる丈けあつて、凡ての物を抱擁して之を能く消化し日本化し、攻伐征戦の厄を見すして行はれたる事は、世界の歴史に未だ曾て類例のなき事実である。然も外来の思想や宗教や文化が全然淘汰訂正されて、日本思想となり、日本文化となつて完全に発達を遂げ、今や将に世界思想を指導しつゝある大本運動となつて現れたのである。
 それ計りでなく、美術や文芸史の語る所に於ても、更に近代文明思想の根基となつて居る科学思想を辿つても、古代の日本には既に西欧文化を凌駕する所の科学をもつて居た事は、神典古事記の明文に拠るも明かな事実である。
 現代文明国の進歩に比し、数萬年の昔に於て既に已に超越してゐた。之を立証するには、我国の歴史には余り多きに苦しむ程の証拠があるのである。斯の如く見来る時は、我国は実に神秘荘厳なる天立神国である事が分る。石器時代から昭和の今日に至るまで、一つの民族として惟神的に国是を創建し、国家建設第一日の日の高御座(たかみくら)を現代までそのままに捧持して、国家の元首は現津御神(あきつみかみ)として、一刻たりとも岩戸篭りを遊ばされた事の無い、神秘荘厳の国体である。
 即ち我々の奉侍する天皇は、天照大御神そのまゝの神におはしまし、主師親の三徳を具有し玉ひ、無始無終の高御座(たかみくら)に居らせらるゝのである。斯かる有難き御恩沢に浴して居る萬邦無比の国民は、一国一氏一族であつて、全国主従師弟親子のまゝに、朝日の豊栄(とよさか)昇りと共に、弥栄えに栄え、何等衰頽の事実無く、剛健質実地球の極から極まで発展して、窮りない現津御神(あきつみかみ)の国を建て拡げつつあるのである。
 このやうな神秘が何国の歴史に在らうか、斯の如き荘厳が何国の何処にあるだらうか、斯の如き剛健な民族が地球の何処に在つたであらうかと、吾人は三十年前より誇つて来たのであるが、僅かに歳月を経たる今日の日本の国状を、深夜密かに思ふ時、涙の滂沱として顋辺に伝ふ事度々である。
(昭和三、一一、七 東北日記第八巻)
   ○
我国は世界を救ふ神の国人類愛善の徳に靡けむ
支那政府休戦条約蹴破ぶりて懐柔県に(いくさ)を進む
河北省独立せむと支那将領はまたも無謀の事たくみ居り
わが軍は飛行機上より支那軍の撤退すべく注意書をまく
わが注意若し聞かざれば懐柔県の敵に対して爆撃はじめむ
聯盟を脱退したるわが国に対して世界の各国は迫り来
斯くなれば日本は世界に味方なしただ神のみがたよりなりけり
悪神の仕組やうやく完成しわが神国を襲はむと計る
この度は神と学との力くらべ最後は神に兜をぬぐべし
世界中向ふにまはして危険なるわが日の本の現状知らずも
うらやすき神の神苑(みその)に住みながら心にはなれぬ世界の現状
宗教もまた道徳も権威なくよこしまの道ひとりはびこる
シベリヤに独立国を築かずば日満両国あやふかるべし
マツソンは世界の隅ずみおちもなく世を乱さむとたくらみて居り
世の中の万事万端マツソンの計略のわなにおち入りてをり
地の上の国のことごと占有し壊さむとするフリーメーソン
神職は神をさとらず僧侶また仏を知らずあさましの世や
宗教家の数のみ殖えて神聖の宗教ことごとかげうせにけり
政治家も経済学者も教育者もこの国難に目を廻し居り
非常時に直面したる我国の前途を救ふ力は神なり
日地月星描きてたてる青年旗われは押立て御代につくさむ
宗教にあらず政治にあらずしてただわれは行かむ惟神の道
わが行けば到るところに青年旗飜りつゝ秋ふかみかも
(昭和八年十月廿六日)
(「昭和」昭和八年十二月号)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト

霊界物語ネットに掲載するテキストの作成や校正を手伝っていただける方を募集しています!
まだまだ王仁三郎文献はたくさんありますので、手伝っていただけると嬉しいです。
メールでご連絡ください。oni_do@ybb.ne.jp
オニド関連サイト最新更新情報
7/29【霊界物語ネット】『神霊界』掲載の「言霊の大要」を掲載しました。(ただし冒頭の説明文のみ。各言霊の説明は省略)
6/15飯塚弘明.comブログを更新しました。「喜三郎の修業 (21) 暗殺隊
6/12【霊界物語ネット】霊界物語ネットに新機能「話者名の追加表示」を付けました。詳しくはこちらをごらんください
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→