霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

宗教なし

インフォメーション
題名:[4-1-5] 宗教なし 著者:出口王仁三郎
ページ:222 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-11-28 02:53:55 OBC :B195303c406
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『神の国』大正14年10月号(原題「現代には一つも宗教無し」)
 惟神の道を宣布しつつある吾人をしていわしむれば、人間のこの地上に発生せしときにおいて、すでに、宗教なるものは生まれているのである。
 人間には智・情・意の三霊が存する以上、その内分的活動はたえず宗教心となって現わるべきものである。神が人間に愛善の心、信真の心を与えたまうたのは、現実界のみのためでなく、神霊界に永遠無窮に生活せしめんがための御経論である。ゆえに宗教は現代の政治や倫埋や哲学の範囲内におさまるような、そんな浮薄軽佻(ふはくけいちょう)なものではなく、人間の真生命の源泉であって、人間は宗教によって安息し、立命し、活躍しうるものである。いかなる無宗教家をもって自任する者といえども、すわ一大事という場合にならばかならず合掌し、天の一方を拝して、その苦難をまぬかれんとするにいたるものである。国家も、国境も、人種も、政治も、倫理も超越して、真の生命に活きんとするのは、宗教をおいて天下一なにものかあらんやである。
 現代の宗教は政治の一部としてとりあつかわれ、天来の権威も、信用も全然地をはらい、わずかにその余喘(よぜん)を保っているにすぎない。実際のことをいえば、今日の世の中には宗教らしき宗教は皆無である。遠くの昔に宗教の生霊は死滅しおわって、その残骸がのこっているだけである。有害無益の厄介物となってしまったのである。ゆえに惟神の聖教を説くところの宗教は、俗悪きわまる政治の一部として、俗吏などより監督せられなくてはならなくなったのである。
 吾人の唱うる宗教なるものは、天地惟神の聖意のままに、愛善と信真の発達に向かって進むのであるから、すべてに超然として立っているのである。政治や倫理などは、じつは宗教の一部分の活用にすぎないのである。ああ、真の宗教の光は東方より輝きはじめたり。すべての人間は本然の誠、すなわち惟神の大精神にたちかえり、現界における最善をつくし、しかして後、天国永遠の大生命にいり、太元神の大意志にかないまつり、人としての本分をつくし、容易に会いがたき人生をして、酔生夢死に終わらしむることなきをこいねがわねばならぬのである。
 要するに宗教なるものは、政治でも、哲学でも、倫理でもなく、人間の真性の発露であって、大根本の意識であり、人生本来の聖糧である。ゆえに天下一人として宗教心のないものはないはずだ。無宗教者とみずからいっている人々にも、形骸的の宗教はないとしても、心の奥には歴然として宗教心がかがやいているものである。人間本来の精神に吻合(ふんごう)するものでなくては、宗教の名を付するは少しばかり僭越である。ゆえにいわく、現代には一つも宗教なしと。
(現代には一つも宗教無し、「神の国」大正14年10月)
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→