霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

神仏の警告をきけ

インフォメーション
題名:[4-1-6] 神仏の警告をきけ 著者:月の家
ページ:223 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195303c407
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『東北日記 三の巻』昭和3年8月20日(原題は無題)
 殊勝らしく念珠を爪繰つて、仏事法会を営業と考えている近代の坊主、いわゆる末法の坊主くらい済度しがたいやつはない。宗教は仏壇に納めておいて坊主の出し入れをするものでなく、人間生活に毎日必要なものであるくらいのことは、近代人にも多少の理解はある。人間の生活に日夜必要であつてこそ、はじめて宗教そのものの価値はあるのだ。人間を離れたる宗教も芸術もないはずだ。いわゆる人間生活の琴線に触れるところの宗教でなけれはだめだ。そのいみから近時、宗教研究熱が擡頭してきたのである。
 しかるに現代各宗教の坊主、本山末寺の営業当事者と称する輩、年中寺院のお守りを本領とし、寄付金の募集のみをいろいろの美名を藉つてやつているが、それも寺院保護のためなればゆるすべきだが、相場や女郎買いの資料までも善男善女によらんとしているのだ。読経はつねにお布施の多少によつて長短され、法装は喜捨金の大小でことなり、戒名も志納金の量によつて、死人にたいし院殿だの、居士、大姉だの、信士、信女だのと階級をつけている。平等愛を唱えた釈迦の末流たる僧の品格がどこにあるのだ。善男善女にたいする紋入色合の差異をもつて、肩絹とかいうやつを領収証の代用となし、寄付金の多少によつてそれをことにし、田舎の有難屋の虚栄心をそそつているのほ今の仏教家だ。各宗各派の坊主ども、ちとは祖帥の開宗時代の苦辛を考えてほどうだ。
 人間生活になくてはならぬ宗教を、人間から遠ざけてしまつたのは、みな営業坊主、葬式坊主、餓鬼坊主の罪悪だ。吾人は宗教擡頭の機会に際して、ことにこの感を深くする。せめて清僧になれなくとも人間的気持ちになれ。坊主で飯が食えなければ百姓になれ。工場の隅からでも、田園の果てからでも、真実な宗教は生まれる。そして堂々として天下に宣伝されるのだ。金襴の衣に汚れたる心魂をつつんで、仏の前にでて愧ずかしくないのか。彼らが本心にたちかえり、まじめな宗教家としての活動をするにおいては、かならず死せる仏教を更生復活して、宗祖の本願を達することができるであろう。
 末法汚濁の仏教を甦生せんため、汝らの三千年来待望した弥勒菩薩は、すでにすでに地上に出現しているではないか。猜疑と嫉妬と排他の殻をぬいで、一日もはやく釈尊の主唱せる弥勒の下生を迎えよ。
無限の鐘は鳴つているのをしらないか。弥勒三会の暁の警鐘乱打の響きはわからないか。耳がたこになるとのことわざはなんだ。営業坊主、いわゆる蛸坊主にたいする神仏の警告である。
(無題、「東北日記」 三の巻 昭和3年8月20日)
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→