霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

「喜楽はん」と冠句

インフォメーション
題名:「喜楽はん」と冠句 著者:大本七十年史編纂会・編集
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B195401c1342
 喜三郎青年はよく働き、よく学んだ。けれども、それはけっしてゆとりのないものではなかった。時には大いに村人と遊んだこともある。青年時代は、体は比較的弱い方であったので、徴兵検査(二〇才)は身長一・六一メートル(五尺二寸)で乙種予備兵に編入され、兵隊には行かなかった。
 喜三郎は、当時流行した大衆文芸ともいうべき冠句に興味をもち、度変窟烏峰(どへんくつうほう)宗匠朝寝坊閑楽(あさねぼうかんらく)という宗匠に学んだ度変窟烏峰とは八木清之助の雅号で、その弟が村上信太郎。また朝寝坊閑楽とは実は喜三郎本人である。一八九一(明治二四)年には、偕行社という冠句のサークルをつくり、村上信太郎を社長とし、自分は幹事をつとめたりしていたが、冠句の会に出句して天位をもらい、三年間引つづいて冠句の巻を四八冊とったという。このころから「喜楽」という号を用いるようになり、村でのよび名にも「喜楽はん」が使われるようになった。また「あほら誌」という月刊雑誌に、狂歌・狂句・都々逸・戯文などを、毎月かかさず投書して楽しんでいた。
 この時代、東京・大阪をはじめ、都会では、欧米に倣った近代文化が、徐々に根をおろしつつあったが、喜三郎の環境は、こうした新しい文化のうごきからはへだたっていた。喜三郎は、江戸時代から連綿とうけつがれてきた大衆文芸の枠のなかで、自己の感情と思想を表現している。偕行社創立一周年の奉額冠句集(小幡神社所蔵)には〝かりてきた智恵ではいかぬ椅子の論〟とか、〝栄え行く悪魔しりぞく慈悲ごころ〟とかの感懐がのべられ、さらに〝信あれば幸いの風ひとり福〟とかと歌われたりしている。〝こころのかがみ天下一〟などという心境には、当時の喜楽の面目躍如たるものがある。
 あるときなどは、喜三郎は、友だちと一円(当時の米一升の価格は四銭たらずであった)の金をかけて、醤油五合(〇・九リットル)の飲みくらべをやった。やっとのことで、五合を飲んで勝つには勝ったが、ノドがかわき、腹はくだるというていたらくで、忙しい農繁期に一五日も寝こんでしまい、父にひどく叱られたという。こういう負けずぎらいの一面は、幼な友達の間でも長く語り伝えられていた。
〔写真〕
○小幡神社の奉額冠句(小幡神社蔵)父の眼をぬすみて土に木片もて色々の絵をかきて楽しむ 十人の家族の生活ささへんと重き車をひきてかせぎぬ あほら誌や団々珍聞に投書して記事ののり来る日を待つ楽しさ p128
   
オニド関連サイト最新更新情報
11/30霊界物語音読霊界物語の音読(朗読)をユーチューブにアップしました。今回追加したのは第1巻と第68~72巻の計6巻分です。「音読まとめ」を見て下さい。
5/1【霊界物語ネット】霊界物語本文中の「ビクトリア」を「ビクトリヤ」に直しました。事情はオニペディアの「ビクトリヤ」の「ビクトリヤとビクトリア」をお読みください。
このページに誤字・脱字や表示乱れを見つけたら教えて下さい。
合言葉「おに」を入力して下さい→